« 第3次SRWαメモ(クスハ:キャラルルート:40話) | Main | スピードスターFC東京残留 »

第3次SRWαメモ(クスハ:41話)

●第41話:銀河が消滅する日
・レプリ地球周辺ではバッフ・クラン艦隊、星間連合艦隊が鉢合わせ、どちらも一部戦力を降下させる。
・ルネ、ソール11遊星主ピルナスに付けた発信器を追って囚われのソルダートJに遭遇、Gストーンの力で解放。J「奴らは不完全なプログラム・・・それを止めるのはアベルの戦士である私の役目だ。」そこへ現れたピルナスとピア・デケムが二人と戦闘、更にアベルが現れ、念動力だか何だかで二人の動きを止めて「やはり、あなたは不良品のようですね、J002」そこへ駆けつけた命と護が二人を解放、アベル達は逃走。地下深くからジェイアーク出撃!追ってきたピア・デケムは拘束された戒道を生体コンピュータとして利用しつつ人質に。手出しできないジェイアークはひとまず逃亡。(→鷲鼻で002なジェットって・・・^^; )
・パレッス粒子は拡散して無害化しつつあり、ロンドベルαはバサラの歌とパピヨンの治療で回復途上、クスハは念の力で少し先に回復。外部への通信を探知して急行すると、アルマナ姫達が味方への通信を送ったところに遭遇し捕獲。通信探知した敵が降りてくる。
・まだ不調のままバッフ・クラン軍を迎えたロンドベルα、カララの説得も功を奏さず。選択肢は「話し合いを続ける」続けて星間連合も降下してきて問答無用で攻撃開始。と、衛星軌道上からの砲撃で両艦隊ともダメージ、どうやらソール11遊星主が圧してるらしい。一度退却しようとしたロンドベルαの前にジェイアークが現れ、もう銀河消滅まで時間がないと告げて、最終決戦のために宇宙へ。
・軌道上、複製オービットベースがソール11遊星主の根城。パレッス粒子の後遺症で気力・SP半分から戦闘開始。(→VRが影響受けてない理由は一切触れないのね。ホントに人が乗ってんのかって話になると困るからか・・・)
・6ターン目、敵増援としてレプリガオファイガー出現。乗ってるのは、パルパレーパのケミカルボルトで支配され、悪鬼のごとき狂戦士状態の無惨な凱・・・(;_;)
・7ターン目、ダンクーガとJ、戦艦でガオファイガーを瀕死まで削っておき、無限に出てくる敵増援を落とせるだけ落として稼いだ上で、フェイイェンでガオファイガー落として戦闘終了。(このマップ、資金40万ぐらい稼げたかな?)
・ガオファイガー直ちに復活、ジュドーやカミーユは凱の意思が未だ肉体を支配するケミカルボルトと戦っていることを感知。アベル、レプリジンの勇者ロボ軍団を増援として繰り出し、ガオファイガーがゴルディオンハンマーでバトル7に迫る。そこへ、敵の洗脳を勇気で超えたレプリ勇者ロボ軍団が自らを犠牲にして盾となり、ゴルディオンハンマー爆発、オービットベース消滅。
・???なクリスタル内では「プログラム修復まであと・・・」(ジェネシック秒読み・・・かな?)

|

« 第3次SRWαメモ(クスハ:キャラルルート:40話) | Main | スピードスターFC東京残留 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(クスハ:41話):

« 第3次SRWαメモ(クスハ:キャラルルート:40話) | Main | スピードスターFC東京残留 »