« スピードスターFC東京残留 | Main | 第3次SRWαメモ(クスハ:シナリオチャート追加) »

第3次SRWαメモ(クスハ:42話)

●第42話:超勇者黙示録
・オリジナルの地球では、ようやく宇宙収縮現象の影響が顕在化してパニック寸前。政府と総司令部は自分達の無為無能を糊塗すべく、こういう現象には効果を期待できないイージス計画のシールド使用を地球安全評議会に要求。この期に及んでもプラントとの戦争をやめる気がない連中にグローバル議長も呆れ気味。
・絶望の中「なぜだ・・・なぜ戦う・・・。もう戦う意味も・・・勇気ある誓いも・・・全て失われたのに・・・」と嘆く凱の意識に、護と命が現れて口々に希望の言葉を口にして力づけ、3人が心を合わせて浄解の呪文詠唱。
・Gクリスタル内部、謎の声が「再生の力を止めるもの・・・それは破壊の力。破壊は新たなゼロへの希望・・・。無限なる可能性への挑戦・・・」と告げる。目を覚ました命に、ギャレオンは本来ソール11遊星主のアンチプログラムで、護はこのGクリスタル内部でギャレオンを本来のプログラムに戻していた、と護が説明。そこへパルパレーパが出現!
・Gストーンを上回るソール11遊星主の原動力、ラウドGストーンがこのGクリスタルのジェネシックオーラで力を失うため、そのエネルギーがギャレオンに充填されてジェネシックオーラが止まる今を狙って、パルパレーパがGクリスタル破壊にやってきた。
・一方Gクリスタルの外では、ロンドベルαを後退させ殿に残ったジェイアークのソルダートJとルネ。対峙するアベルは、余裕かまして囚われの戒道=アルマにJジュエル凍結コマンドを出させ、パワーを失ったジェイアークを一方的に蹂躙。(→こいつ超ムカツく〜。-_-# )
・Gクリスタルから飛び出してきたギャレオンにはソール11遊星主のカインがフュージョンして取り込もうと迫る。そこへ「そうはさせない!」と割って入ったのは復活した勇者、凱!護、「ギャレオンは知っている・・・本当の勇者を!」ジェネシックオーラでカインを退けた凱、ギャレオンとフュージョンしてジェネシックガイガーとなり、アベル配下のパーツキューブを鎧袖一触。ぼろぼろのJ、「よみがえったようだな、貴様らの天敵が・・・」
・フュージョンしたパルパレーパとパーツキューブの一斉攻撃に圧される凱を見て、命が謎の声に対して「お願い・・凱を・・・護君を・・・みんなを助けて・・・!ジェネシックドラーイブッ!!」、護「それは最強の破壊神・・・。それは勇気の究極なる姿・・・。僕達がたどり着いた大いなる遺産・・・その名は勇者王ジェネシックガオガイガー!!」命、「勝利を信じて・・・」と言い残して倒れる。o(T^T)
・太陽と見えたのが再生マシンのピサ・ソール、その光ある限りソール11遊星主は不死身。「悲しき破壊神。独りでは何も出来まい」と嘲るパルパレーパに、大河長官が「独りではない!」と言い返しつつ、甦った勇者ロボ軍団到着、更にロンドベルα出撃して前半戦闘開始。
・アベル達の乗ってるピア・デケム・ピットをジェイアークで落とすと、ギガ・フュージョンして人型のピア・デケム・ピークに変形、逆襲イベントでジェイアーク危機に。今にも力尽きそうなJとルネの間に、GストーンとJジュエルの共鳴現象が起きてお互いをパワーアップ、Jジュエル凍結コマンドも自発解除されてキングジェイダーに変形、ルネは3人目のパイロットに。
・ジェイアークのジェイフェニックス追加条件がはっきりしないので、ピア・デケム・ピークは十分削ってデュオに落とさせてみた。するとイベント発生、再生したピア・デケム・ピークにジェイフェニックス炸裂し、アルマもちゃっかり取り戻しつつとどめ。ちゃんとジェイアークの武装にジェイフェニックスが追加されてるので、こっちはジェイアークで落とさなくてもいいみたい。(→それにしてもこれ、まんま石破ラブラブ天驚拳じゃん。^^; )
・パルパレーパ・プラスは凱にとどめをささせてあげて、復活してきたルパレーパ・プラジュナーは次ターンにダンクーガやコンバトラーの覚醒まで使って瞬殺。
・敵全滅で戦闘終了、ソール11遊星主はすぐに大量再生。パルパレーパと凱の一騎打ちとなり、ヘル&ヘブンとゴッド&デビルの激突はほぼ互角ながら、ケミカルナノマシン注入された凱が苦悶。加えて星間連合まで現れて仕掛けてきたところへ、ハイネルとリヒテルが割って入ってくれる。更にバッフ・クラン艦隊まで出てきて無差別攻撃開始。
・混乱の中、勇者ロボ軍団のGストーンが皆の勇気を受けてリンク、そのまま凱の力となり、超人エヴォリュダーの超能力で体内に侵入したナノマシンのプログラム書き換えに成功してパルパレータに逆襲。凱、「神の力」を連呼するパルパレータを、ソール11遊星主のとった策の全てが勇気から生まれる力を恐れていた結果だ、と糾弾しつつ攻めまくって圧倒、そのまま撃破。でもピサ・ソールの再生力ですぐにパルパレータ復活。
・無限再生で勝ち誇るアベルらに対して、実はDSドライブで敵中枢を直撃するためGGG艦隊が先行していたんだ、と告げてロンドベルαはDSドライブし後半戦へ。
・後半戦は物質復元装置、全員HP・EN8割ながら気力150なので、移動後ALL持ってる連中を優先出撃。最初に精神コマンドつかった瞬間、ゼロシステム起動、アグレッシブビースト発動、マジンパワー発動、SEED×2発動。(^^;
・4ターン目まで粘り、無限に出てくるパルパレーパ・プラジュナー(AI)をALL武器とMAP武器で落としまくってから、凱目的地到達して戦闘終了。
・先行していたGGG艦隊と合流したところへ邪魔しに出てきたペイ・ラ・カインは護が直接対決、カインのヘル&ヘブンに浄解呪文で抗して撃破。命が命懸けでGストーンシステムにアクセスした結果逆転の可能性をつかんだらしい。満を持してゴルディマーグ出撃、スワン「人類の英知と勇気ある誓いの下に!」、大河長官「ゴルディオンクラッシャー発動、承認!」
・焦ったパルパレーパは自分の複製を大量召喚。アベル、「我々の力なくして人類はアポカリュプシスを乗り切ることは出来ません!破壊の後の再生を司るのは我々ソール11遊星主でなくてはならないのです!」と主張するけど、リュウセイ「知ったことじゃねぇ!」と一蹴。(→人の神経逆なでするような真似してりゃ何言ったって通らないってばサ。)凱、全ての勇気を束ねてパルパレーパ複製群を瞬殺、ゴルディオンクラッシャーでピサ・ソール破壊して遂に完全勝利。v(^^
・レプリジンパピヨンも猿頭寺に看取られて遂に消滅、「信じています。人がその勇気でアポカリュプシスさえも乗り越えることを・・・」。次元消滅に巻き込まれたロンドベルαは帰還不能、ESウィンドウからクロスゲートにアクセスして2秒間だけ超空間通路を開けるので、護と戒道の二人に未来への希望を託して地球に送り返す。そこへハザル・ゴッツォの声が響いてきて、そこで朽ち果てさせるより直々に相手をしてやろう、と告げてくる。

|

« スピードスターFC東京残留 | Main | 第3次SRWαメモ(クスハ:シナリオチャート追加) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(クスハ:42話):

« スピードスターFC東京残留 | Main | 第3次SRWαメモ(クスハ:シナリオチャート追加) »