« 真・三国無双4猛将伝、立志モード開始 | Main | 無双4猛将伝、立志モードで理不尽な・・・ »

第3次SRWαメモ(クスハ:51話)

●第51話:終わらない明日へ
・地球圏へ戻って見れば、血迷った絶滅主義者その1が遂にプラント側の要塞ボアズに核攻撃し、更にプラント本体へ進撃中。カムランさんも例によって核を用意してくれたんだけど、ブルーコスモスなんかと一緒にされちゃたまんないってんで今回は謝絶。
・プリベンターの調査によりクルーゼの出自判明。自分の父親のクローン、しかも長生きできないって知ったムゥは困惑し、慰めるマリュー艦長といい感じ。
・砂漠の虎、ザフト側にもまだ隠しダマがあることを予測。(→ジェネシスね。そもそもこんな大物がザフト内部で知られてないのも不思議だけど・・・隠しとくメリットってあったんだろうか?)
・格納庫ではアムロとカミーユ、ジュドーが、故クワトロ大尉の望んだ人の革新に希望を抱きつつ、人の歴史を終わらせないための決意を新たに。一方ではヒイロ達が、戦争と平和と革命のエンドレスワルツを平和と改革のマーチに、と気合いを入れる。
・エターナルでは恋人達の別離。アスランがカガリに「君は俺が守る。」ラクスはキラに指輪を渡して「あなたを見つけて私は幸福になりました。あなたにいてほしい・・・私は・・・帰ってきて下さい、私のもとへ・・・」
・ヤキン・ドゥーエでは絶滅主義者その2が率いるザフト、ジェネシス発射準備を進めつつ絶滅主義者その1を迎撃。自軍無しで前半戦闘開始、2PPにようやく到着したロンドベルα出撃。
・出撃直後にMAP版突撃ラブハートでほぼ全員気力上げ、覚醒+MAP兵器も駆使して、3PPで核ミサイルとゴースト掃滅完了。絶滅主義者その1は自分の思い通りにならないので癇癪、そこへ三輪某が月から増援艦隊連れて出現し、二人揃って根拠なくバケモノ連呼。(→誰だこんな頭悪い奴らを昇進させたのは・・・-_-; )絶滅主義者その2もすっかりその気になり、遂にジェネシス起動命令、ミラージュコロイド解除して何もないトコへ突如デカブツが現れる。(→結構ビックリした、これ。^^; )イザークは思わずアスラン達に回避するよう警告。絶滅主義者その2、「この一撃が我らコーディネイターの創世の光とならんことを・・・!発射!!」(→γ線レーザーで創世されちゃう世界って凄くイヤ。縁起悪いとか思えよ・・・-_- )
・ジェネシスの一撃で三輪ともども増援艦隊消滅、更に月面のプトレマイオス基地も壊滅。(→やっと馬鹿が一人減ってくれた。^-^ )絶滅主義者その2はジェネシス、イージス、バスターマシン3号機を揃えて宇宙怪獣にも対抗できるつもりでいるらしく、超ありがちな煽動演説で自己陶酔。一方的な弱いものいじめが出来なくなったどころか立場逆転した絶滅主義者その1、ナタル艦長の至極まっとうな戦術的撤退という判断をお子チャマ駄々で一蹴し、「お前ら軍人のせいだ!地球が撃たれる前にぶっ壊せ!」みたく根拠レスに責任転嫁。(→そもそも自分達が脅かされる状況を想定してなかったらしい。現実認識できないヤツが戦争なんてキビシイ現実のカタマリみたいなこと玩具にすなよ・・・-.-; )
・現実認識に障害のあるヒト達がホントに絶滅するまでやりあう気なので、まずマリュー艦長がナタル指揮の地球側旗艦ドミニオンとサシで対決することを決意。一方ジェネシス自体にはPS装甲で歯が立たないので、アスランがヤキン・ドゥーエに突入して制御を奪取する決意を固め、ヒイロをはじめ一同援護を宣言。ラクスが悲しみの言葉を漏らし、キラ、アスラン、カガリ、ラクスが揃ってSEED発動し戦闘再開。
・次EP、遂に元凶クルーゼがプロヴィデンスで出現。ディアッカがイザークと戦闘後にイベント説得、イザーク仲間に。(→ミサイルだからPS装甲で止められて大丈夫、と思ってたら、デュエルガンダムのダメージ4000台でビックリ。@_@; )
・丁度ヤザン隊の居た場所をWゼロのツインバスター射撃位置にしたかったので、真ゲッターとキングジェイダーで瞬殺。ヤザン、死に際に「地獄で待ってる」みたくカミーユに言い残す。せっかくだからとどめはカミーユにささせてあげたかったけど・・・南無南無。
・ドミニオン削ると、ブリッジで無能なお子チャマがキレた無能なお子チャマに進化、カッターナイフならぬ拳銃振り回してナタルを脅迫、「ともかくやっつけてプラントを攻撃しろ」とか「一々逆らうな」とか訳わからん事いい始める。更にマリュー艦長が愛のローエングリンでとどめさすとイベント発生、フレイはシャトルで脱出し、ナタルを撃ち倒したお子チャマが「僕はいつも勝つんだい」とかブツブツ言いつつローエングリン発射。アークエンジェルのブリッジに迫るビームを、割って入った『不可能を可能にする男』が防いで自身は爆散。(→対ビーム装備なんてないのにブリッジ直撃を防いだだけで十分凄いけど。)
・続けてフレイ救出に向かったキラの目前で、プロヴィデンスの攻撃がフレイのシャトルを直撃。宇宙に散ったフレイの思念をキラが感じ取り、幻のフレイがキラに詫びて「あなたはもう泣かないで・・・守るから・・・本当の私の想いが・・・あなたを守るから・・・」
・真ん中あたりへ移動したプロヴィデンスを竜巻斬艦刀とファイナル光牙剣とフィンファンネルで削った上でキラがとどめ、クルーゼはあっさり遁走。後は雑魚を一掃してからアスランが目的地に到着して前半戦闘終了。
・ヤキン・ドゥーエ司令室ではラクスが通信でジェネシス停止を呼びかけ、「核を撃たれ、その痛みと悲しみを知る私達が、それでも同じ事をしようというのですか」(→いい台詞だなぁ。自虐史観云々とは対極の考え方。)言い返せない絶滅主義者その2、自分の頭が悪いのを「小娘が知ったような口を!」と誤摩化してジェネシス第2射を催促。周りのまともな将官が優位での手打ちを進言すると、こっちもキレてカッターナイフならぬ拳銃振り回し、「奴らが・・・敵がまだそこにいるのになぜ、それを撃つなという!撃たねばならんのだ!撃たれる前に!敵は滅ぼさねばならん!なぜ、それがわからん!」(→適応とか共存とかって概念知ってる大人だからだよ・・・改めて見ると、見てるのもイヤなぐらい不快だ、こいつら。よくここまで見事にキャラ造形できたこと。-_-; )友軍巻き込んでまでぶっ放そうとしたところへ、上官が正常でない事を悟って動揺する兵士が発砲して制止。皆は慌てて脱出始め、駆け込んできたアスランは父親を看取る間もなくジェネシス発射シークェンスがもう止められないと判断、機体に戻って直接ジェネシス内部の破壊へ向かう。アスランの身を案じる仲間達も追ってジェネシス内に侵入。
・ジェネシス内部へ侵入したアスラン、最初は自爆でジェネシス止めるつもりでいたけど、早速邪魔しに現れたクルーゼに行く手を阻まれ、カガリに「逃げるな!生きる方が・・・戦いだ!」と説得される。更に仲間達が追いついてきて、クルーゼが「滅びを心待ちにしてきたのに、お前達が何度も人類を救うのが許せん」とか超勝手な逆恨みを主張して、後半戦開始。全員気力150、HP、EN、SPとも7割スタート。FireBomber出したので、熱血MAP版PowerToTheDreamで味方まとめてSP回復。2PPにはイザークが単騎でお手伝いにきてくれる。・・・しまった、ディアッカも出してやればよかったか。
・2PP、クルーゼのプロヴィデンスを脱力で気力下げといて、まず期待3発併用して覚醒2回使ったダイターン3が2回攻撃、装甲ダウンした上でとどめ用に待機。ダンクーガと真・ゲッターが飛び込んで削り、ダイターン3回目の攻撃で撃破。他愛無い・・・そのまま雑魚掃滅し、3PPで目標施設破壊して戦闘終了。
・プラント最高評議会はクライン派のアイリーン議長がリリーナ達と停戦協議開始。パトリック・ザラの派閥は失脚、ブルーコスモス絡みの連中も失脚して、政治面ではどうにか収まりそう。
・脱出時にはぐれて漂流中のキラをロンドベルαの皆が見つけて、絶望にとりこまれそうになってるキラを叱咤激励しつつ回収。ムゥも奇跡的に生還してめでたしめでたし。(→どやって生き延びたのかは謎。まぁ死なれちゃうより全然オッケー。^^; )キラを一緒に迎えに行こうというシンちゃんの誘いを断った綾波、何か言いよどんだ挙げ句「・・・さようなら、碇君・・・」

|

« 真・三国無双4猛将伝、立志モード開始 | Main | 無双4猛将伝、立志モードで理不尽な・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(クスハ:51話):

« 真・三国無双4猛将伝、立志モード開始 | Main | 無双4猛将伝、立志モードで理不尽な・・・ »