« 俊輔またアシスト | Main | 無双4猛将伝、EDIT防具あと3つ »

第3次SRWαメモ(クスハ:52話)

●第52話:世界の中心でアイを叫んだけもの
・すっかり忘れてた隠し機体取得のため、間際になって準備開始。と言っても、サイサリスのAバズーカはバニング大尉達の撃墜数があと20機以上不足。EVAシリーズ相手じゃ撃墜数稼ぐのキツすぎなのでさっさと諦め。Dモンスターもスカル小隊撃墜数が12機不足なので今回パス。プル達の撃墜数が半端になってるので、その調整のため武器改造だけしておく。ビーチャとモンドの撃墜数合計は・・・いーやもう面倒くさい。(-_-
・アスラン達が今後について協議、アイリーン議長は調査結果次第で不問に処すと言ってきてて、イザークも素直じゃないながらアスラン達の『監視役』という名目で協力することに。連邦とプラントの講和も成立、ロンドベルαの地球追放も撤回され、いよいよカルネアデス計画発動、というその時に、突如地球の超高々度に謎の物体出現。ミサトさんは予期してたらしく、あらかじめ修理を優先させてたEVA3機を先行出撃させる。一方、ゼーレではカヲル君がキール議長と対談、例の力が使徒を送り込んできたので人類もアポカリュプシスへの対応を決めなきゃって話。
・雲海で最強使徒ゼルエル君迎撃の前半戦開始、ゼルエルは気力100割ってるのでATフィールドなし。何故かEVAが雲海をトコトコ歩いてる。f(^^;
・シンちゃんとアスカがゼルエルの目的地はどこかって話をしてる傍らで綾波は(あの使徒も呼ばれてる・・・)と独白。
・ゼルエル倒すと全員移動、綾波が「さよなら、碇君・・・あの人が呼んでいるから。」と言い残して離脱、周囲にはウナゲリオンことEVAシリーズが出現。碇司令の影に思い惑って動けないシンちゃんにアスカ「バカシンジ!肝心な時に頼りにならない・・・!」っつーて初号機を包囲の外へドツキ飛ばし、雪辱兼ねて単騎でウナゲリオン迎撃。
・5PP、ハロとS-アダプタ装備のおかげで回避しまくり、ノーダーメージで2ターン逃げ切って熟練度取得。イベント発生してアスカがまたもやパチものロンギヌスに貫かれたところへ、本隊到着してシンちゃんとアスカ回収、全員気力120スタート。
・初っ端からMAP版突撃ラブハートで気力更に上げといて、加速で突っ込みつつ端から確実に撃破、7PPで殲滅。するとウナゲリオン例によって全機復活し、いよいよEVA大詰めイベント開始。
・久々のセントラルドグマでリリスの前に佇む綾波。妻ユイとの再会を目論む碇司令がやってきて「約束の時だ」と告げ、禁じられたアダムとリリスの融合を綾波に促す。ATフィールドが人間の形を保てなくなりつつある綾波の片腕がちぎれ落ち、ゲンドウ「欠けた心の補完。不要な身体を捨て、全ての魂を今一つに。そして、ユイの許へ行こう・・・」
・ラー・カイラム格納庫ではミサトさんがシンちゃんに「バルマー戦役の時にも同じことを話したわね・・・」と言い訳しつつ、人間がリリスから生まれた第18使徒リリンであること、補完計画やゼントラーディやエビルやライディーンが全てかつての滅亡から逃れる術として生み出された事を告げて、EVAシリーズ殲滅を指示。例によって愚図るシンちゃんを前向きに説き伏せ、あくまで強気のアスカにも感化されて、ようやくシンちゃんもその気に。(→いちいち言い訳されてもなぁ・・・しかも初代αのDC版では追加シナリオでケリつけちゃったトコだし。-_-; )
・雲海にて再び初号機出撃、背から光の翼を伸ばして悪魔の如く咆哮するも、ゼーレ主導の人類補完計画に依代としてあっさり取り込まれ、すっ飛んできたロンギヌスの槍とEVAシリーズ共々『生命の樹』を形成。冬月先生はじめ旧NERVスタッフがエクセリオン(?)で駆け付けた直後、高エネルギー反応と共に超巨大綾波=リリスが雲海を割って伸び上がる。"Komm,susser Tod"が流れて、翼を広げた巨大綾波が人々の心を集め始めたのをニュータイプ達がまず察知。補完計画と同じく滅びに抗するため生まれたライディーンは、答えを出すのは早すぎる、と洸を介して抗議。進化を司るゲッター線の具現、真ゲッターは、進化の放棄に等しい補完計画に激怒。ビムラーの具現たるゴーショーグンも、ケン太君を旅立たせておきながらアポカリュプシスに対する可能性を閉ざしてしまおうという補完計画に怒りを表明。魔神皇帝もまたバルマー戦役時と同様、ヒトの心が他者により変貌していくことに怒りの唸りを上げる。(→αの時は光子力だから光の化身がどうのって言ってたような・・・)更にプロトカルチャーが残した最後の希望、サイコドライバーたるクスハ&ブリットと四神の超機人達も補完計画を否定。逆にイデオンはイデと同種の存在を目指す補完計画に賛同してパワーダウン。更に熱気バサラは「関係ねぇぜ!俺はいつだって俺のハートを歌うだけだ!!」(→いちいち演出が見応えあり過ぎ。わざわざもう一度やっただけのことはあるか・・・でも巨大綾波だけはMXのがそれっぽく見えた気が・・・)
・初号機コクピットで自我失ってると思われるシンちゃんを救い出し、補完計画も止めるってことで7PP続きから戦闘再開。ウナゲリオンは無限復活なので相手にするだけ無駄、生命の樹バージョン初号機に皆で突進しつつ脱力で気力50台まで下げておく。
・8PP、覚醒とか使ってガリガリ削り、初号機HP半減。いよいよ補完計画進行、地球全土から溶けた人々の魂が綾波に集まってきて、旧Nervスタッフも次々ATフィールドを失い・・・つつあるだけか?まだ溶けてないよね?あと5分で全て溶け合うというので大急ぎ。期待と覚醒併用で削り続けて、とどめは何故かフェイイェンのピンキーラッシュ。結局、8PP内にアプローチできた6、7個小隊しか使わなかった・・・(-.-;
・生命の樹バージョン初号機撃破でイベント発生、ド根性で完全復活。困った皆が自我失ってるシンちゃんに次々呼びかけ、バサラ「歌えよ、お前の歌を!!」でついにシンちゃん覚醒して初号機復帰、巨大綾波は崩壊。
・全てが一つになった生命の源の海の中、綾波に対してシンちゃん「でも、これは違う。違うと思う。」と補完を拒絶、ヒトはわかりあえるという希望がどこまでいっても裏付けのないものだと認めた上で、綾波とカヲル君に「・・・でも、僕はもう一度会いたいと思った。その時の気持ちは・・・本当だと、思うから」(→いいセリフだよなぁ、これホントに・・・ T^T )
・タイトルロール入って、今度はお馴染み"喜びの歌"をBGMにターミナルドグマ。初号機で現れたシンちゃんに対して、あくまで欠けた心による補完を要求する碇司令。ウナゲリオンに加えて廃棄品の初号機までけしかけてくる碇司令に、そんなの逃げてるだけ、と指摘してシンちゃん「僕はエヴァンゲリオン初号機パイロット・・・碇シンジです!」と例の宣言、後半戦闘開始。
・2PP、零号機に乗ったカヲル君登場。「タブリス・・・なぜ、調停者の一人であるお前がシンジにつく?」と問う碇司令にカヲル君「彼は好意に値するからね」「好きってことさ」(^^; 続けて応急修理した弐号機に乗るアスカをはじめロンドベルαの面々も追いついてきて出撃。碇司令、ミサトさんに意図を問われて、アポカリュプシスを生き延びる唯一の術が第6文明人同様ヒトの形を捨てること、と答え、50万年前の先代文明による最初の人類補完計画もアポカリュプシスの予兆に対するものであること、その第一段階がSTMCによる知的生命体抹殺であること、プロトデビルン出現やソール11遊星主のプログラム変調、時間のずれを生んだ歪み等も全てその一部であること、これらを起こすのが絶対運命アカシック・レコードであること、イデやゲッター線など多くの超エネルギーがアカシック・レコードの一端が形を変えて現れているものであること、等を告げる。更に、ヒトが互いに分かりあえない不完全な群体である故にこの宇宙は失敗作なのだろうと言う碇司令に、甲児や鉄也らスーパー系の面々が口々に反論。カヲル君が「リリンの生み出した文化の極み・・・。そこに答えはある・・・プロトカルチャーの中にもそう考えた人たちがいたんだよ」とほのめかし、碇司令とはとことん平行線のまま戦闘再開。全員気力MAXでスタート、ミノフスキークラフトで飛んでた初号機に零号機、弐号機が合流すると、何故か空飛んだまま。
・4PP、EVAシリーズ殲滅してから敵初号機撃破で戦闘終了。綾波が現れて「シンジ君が怖かったのね」、カヲル君も「ただ逃げているだけなんだ。自分が傷つく前に世界を拒絶している」、更に綾波「・・・人の間にある、形もなく見えないものが怖くて心を閉じるしかなかったのね」と指摘。ようやく事実を認めた碇司令、「すまなかったな、シンジ」と言い残して敵初号機と心中。
・劇場版ラストシーンのセントラルドグマ跡、BGMは再び"Komm,susser Tod"。父さんも僕と同じだったのに僕は父さんを、と悩むシンちゃんを、正しさはそれぞれ自分の意志で決めるしかない、とアムロと万丈がフォロー。シンちゃん「・・・だから、僕は戦います。父さんとは違うやり方で父さんの遺志を継いで・・・父さんと母さんが僕に残してくれた・・・エヴァンゲリオン初号機で・・・」(→なんかロボットアニメみたいなセリフ。f(^^; でもユイって初号機そのものでは?)男の顔になったシンちゃんを皆で祝福してると、ミサトさんの手配で駆けつけたトウジとケンスケ、委員長と再会。人の形を取り戻した綾波も戻ってきて「ただいま、碇君・・・」シンちゃん「おかえり、綾波・・・」でめでたしめでたし。

|

« 俊輔またアシスト | Main | 無双4猛将伝、EDIT防具あと3つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(クスハ:52話):

« 俊輔またアシスト | Main | 無双4猛将伝、EDIT防具あと3つ »