« 第3次SRWαメモ(トウマ:11話) | Main | 第3次SRWαメモ(トウマ:13話) »

第3次SRWαメモ(トウマ:12話)

●第12話:守るべきモノ
・改造引き継ぎ見越して、何はともあれストライクGをマックス改造。スカイグラスパーも重宝するので、メビウスの運動性と武器だけ改造しておく。
・「プラントの歌姫」ことラクス・クライン、ロンドベルα内でも隠れファン続出。カズイが立ち聞きして、イージス乗ってるアスランがキラの友達と判明。未だ雷鳳と父へのわだかまりが解けないミナキを、トウマが強引に雷鳳で連れ出す。
・キラ、ラクスを人質にするのが許せないので無断で連れ出す。サイ達もその気持ちを理解して協力。アスランに迎えにこさせてラクス引き渡し、守るべきもののため互いに戦わざるを得ないことを痛感。アスラン去った後、キラを探してたらしいトウマ達の雷鳳登場、続けて重力場異常と共にアルマナ姫ご一行様が出現。トウマはキラを後退させ、同乗してるミナキを守るため気合い入れて「雷鳳・・・!今こそ俺達の戦いのときだ!!」一方、バランもトウマの闘志に応え、アルマナ姫&ルリアをさがらせて一騎討ちに。トウマ「迷った時、逃げたい時・・・そう言うときこそ前へ出るんだ・・・!それが俺の戦い方だっ!!」と宣言、バランと互いに名乗りを上げて戦闘開始。
・2EP、反撃でバランのHP8割ぐらいにするとイベント発生、バランが本気で仕掛けてきて、自慢の鉄球に雷鳳が刻んだ傷に大喜び。トウマは、そんな事のためにミナキを怖がらせた、と激怒してライジングメテオで逆襲。これを受けきったバラン、「フフフ・・・青いな・・・!まさに新緑の芽吹きの盛り!真の強さの入り口に立ったところか!!」と大笑。そこへ監察軍の無人機が大挙して現れ、バランは無粋と怒りながら、この危地を乗り越えてみせよ、と言って立ち去る。(→なんか見込まれたらしい。嬉しいんだか微妙・・・^^; )生きる気力無くしてなげやりなミナキに、トウマは守ってみせると燃え上がり、ド根性で雷鳳HP回復。
・同EP、敵の攻撃受けるとイベント発生、キラが呼びに行ったアークエンジェルが到着し、ラー・カイラムも増援に。忍、再会したジュドーに「その生意気そうな声も相変わらずだな、ジュドー」(→声、同じだっテバ。^^; )
・4PPに敵全滅、熟練度getして戦闘終了。と、重力震と共に小型クロスゲート出現、イサムとガルドのバルキリーが転移してくる。回収して話を聞くと、メガロード船団が正体不明の敵に襲われたとのこと。今の地球圏に援軍出す余力はないので静観、イサム達はロンドベルαに編入。
・連邦軍のプラント居住区への核攻撃がNジャマーで無効化された。(→カトル、Nジャマーの説明で「水爆等の核兵器は無効化」って・・・核融合反応は中性子関与しませんけど。あぁ、きっとこの世界の水爆は原爆起爆なんだな、レーザー起爆とかじゃなく。^^; )

|

« 第3次SRWαメモ(トウマ:11話) | Main | 第3次SRWαメモ(トウマ:13話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(トウマ:12話):

« 第3次SRWαメモ(トウマ:11話) | Main | 第3次SRWαメモ(トウマ:13話) »