« 第3次SRWαメモ(トウマ:外宇宙ルート:30話) | Main | 第3次SRWαメモ(トウマ:外宇宙ルート:32話) »

第3次SRWαメモ(トウマ:外宇宙ルート:31話)

●第31話:禁断の惑星へ
・母艦とはぐれたシティ7、バロータ艦とも別の場所にフォールドアウトして一息。フォッカー少佐と一条中尉はミリア達と旧交を温め、ミレーヌはガムリンにそこはかとなく罪作り。
・シティ7内の緑地で、何故か眠りについてるシビル。潜入したギギルがスピリチアを分け与えても目覚めず。そこへバサラがやってきて「今日こそお前に俺の歌・・・届けてみせるぜ!俺の歌を聴けぇぇっ!」
・バロータ軍がシティ7襲撃してきたので迎撃、前半戦開始。雑魚ばかりなので2PPには敵全滅して前半戦終了。ゲペルニッチの命令で潜入したバンパイア共がシティ7の一部を占拠しフォールド、突っ込んだバサラとガムリンだけが巻き込まれる。ガムリン、少しだけバサラを認めたみたい。そこへ一足遅れで到着したマクロス7と大空魔竜、各機を回収してシティ7追跡続行。
・フォールド先は惑星ラクス、マクロス7と大空魔竜もすぐに追いついて首尾よく合流。そこへゲペルニッチ率いるバロータ艦隊出現。シティ7は目前の惑星ラクスへ退避するが、実は既にラクスもゲペルニッチの手中に。そうとは知らず、後半戦開始。
・2PP、バサラの熱血"HolyLonelyLight"でグラビル削りつつ気力下げ、フェイの脱力で気力90近くまで落として特殊技能プロトデビルン無効化した上で、雷鳳と真・ゲッターの熱血必殺技で瞬殺。続けて凱とフェイが削ったガビルにガムリンがとどめ。(→ガビル、グラビル落とした後でも、ちゃんとグラビル召喚してペンタクルビーム撃ってくるのには笑った。(^o^; )
・5PP、エツィーラが帝国監察軍を率いて味方NPC扱いで出現、ゲペルニッチに攻撃して「フフフフ・・・エビルを倒すための鍵をここで失うわけにはいかないからねぇ」とつぶやき、自身はすぐ撤退。(鍵ってバサラのこと?こっちにも顔つっこんでるのか、このオバサンは。)
・5PP、バロータ戦艦はマクロスキャノンで一掃し、最後に残したゲペルニッチをHP50000まで削ると熟練度getしてイベント発生、金竜大尉が出撃して「お前にラブハァァァァァトッ!!」と特攻。続けてガムリン、バサラと仕掛けて隙をつくり、バサラ突撃してゲペルニッチに直接熱唱。ゲペルニッチ艦の動きがとまった隙に、ロンドベルαは惑星ラクスに後退し、帝国監察軍も撤退して戦闘終了。
・デストロイドモンスター入手。とは言え、不在の柿崎以外乗せるヤツが・・・orz

|

« 第3次SRWαメモ(トウマ:外宇宙ルート:30話) | Main | 第3次SRWαメモ(トウマ:外宇宙ルート:32話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(トウマ:外宇宙ルート:31話):

« 第3次SRWαメモ(トウマ:外宇宙ルート:30話) | Main | 第3次SRWαメモ(トウマ:外宇宙ルート:32話) »