« ウイイレ10その2 | Main | 真・三國無双4Empires(6) »

機神咆哮デモンベイン(1)

先日"KADOKAWA the Best"版がウイイレ10と一緒に新作棚に並んでたので、ついでに購入。古橋秀之ノベライズ「機神胎動」が超良かったので、前から気になってたし。

デモンベイン攻略とか見ると、なんか分岐があるようなので、とりあえず選択肢や雑感等をメモ。
# 久々に再開したらいろいろ忘れてたので、結局最初からやり直し、ついでに話の展開等メモ追記。

●オープニング
・START画面放置で流れるOPは3パターンと豪勢。やっぱし巨大人型機動兵器は歌モノでないと。(^.^

●第1話:"I AM PROVIDENCE"
・マスター・テリオンの鬼械神リベル・レギスに術者抜きで挑むアルのアイオーン、奮戦虚しく撃墜されアーカムシティへ墜落。
・情報単位「字祷子(アザトース)」によりエネルギーを生み出す魔力炉はじめ、物理法則さえねじ曲げる最先端の魔術をもって繁栄するアーカムシティ。魔術師たちが率いる悪の秘密結社ブラック・ロッジによる凶悪犯罪が絶えず、対抗する正義の味方も跳梁跋扈。
・大学中退して食えない私立探偵やってる主人公、大十字九郎は空腹抱えて教会のシスター・ライカにたかる日々。
・突然九郎の事務所を訪れた覇道財閥総帥の覇道瑠璃、祖父鋼造がブラック・ロッジに対抗する切り札として遺した「デモンベイン」起動のため、魔道書が必要なので探してほしいと依頼。表向き存在が秘されているミスカトニック大学の隠秘学科を九郎が中退したことも調査済。
・選択肢:依頼を受ける
・前金に目が眩んで引き受けた九郎、迷い込んだ見慣れぬ古書店でナイアと名乗る妖艶な女主人と出会い、神をも召喚できる究極の魔道書を九郎自身が必要とするだろう、と怪しい予言を聞かされる。ナイア「もしかしたら、それは、かの『死霊秘法(ネクロノミコン)』だったりするかも知れないね。」と何やらご満悦。
→ナイアって・・・「這いよる混沌」の化身?何故女性・・・あ、元は18禁だからか。f(^^; )
・ナイアに煙に巻かれて店を出た九郎、ドクター・ウェスト率いるブラックロッジ雑魚部隊に追われる少女アルと出会って巻き込まれる。
・選択肢:少女を庇う
・アルが結界張って銃弾防ぎ、ブラックロッジの雑魚を吹っ飛ばした後に失神。九郎、アルを抱えて遁走。
・気づいたアル「汝・・・冥い闇の匂いがする。魔術師か?」と九郎に問いかけ、魔術師の資質を秘めた九郎との邂逅に何者かの作為を疑いつつ、強引に契約を交わして「我が名は『アル・アジフ』!アブドゥル・アルハザードによって記された、世界最強の魔道書なり!」
→「久遠に臥したるもの死する事なく怪異なる永劫の内には死すら終焉を迎えん」・・・『斬魔大聖デモンベイン』私註(このサイト、充実しまくってるので単独で読んでも面白い)によると国書刊行会の方の訳らしい。創元系や青心社系メインで読んでるので「そは永久に横たわる死者にあらねど・・・」の方がしっくりくるなぁ。引用もこっちのが多く見かける気がするし。まぁ最初に「ク・リトル・リトル」をまとめたのは国書刊行会だったハズだけど・・・
・ネクロノミコンのオリジナルたる最強の魔道書アル・アジフとの契約により魔力を増幅されて魔術師(マギウス)モードの九郎、圧倒的な力でドクター・ウェストともどもブラックロッジを撃退。
・破壊ロボで舞い戻ったドクター・ウェストが街を破壊。教会のシスター・ライカも一瞬破壊ロボを見やった後に子供たちをシェルターへ。
・ドクター・ウェストの自称スーパーウェスト無敵ロボ28號スペシャルこと破壊ロボに追いつめられる九郎&アル、危ういところへ飛来した白き天使メタトロンに救われる。ここは任せて逃げろと言うメタトロン、機動力で破壊ロボを圧倒して「十字・断罪(スラッシュ・クロス)」ととどめの一撃、だが割り込んだ黒き天使サンダルフォンが阻止。
・サンダルフォンがメタトロンを足止めしてドクター・ウェストは再び九郎達を追跡、猛砲火で足場が崩れて九郎達は地下へ落下。
・落ちた奈落の底にて眠る鬼械神(デウス・マキナ)と邂逅したアル、「術者とアイオーン代わりを同時に見つけるとはな・・・まるで誰かが妾の運命に介入しているようだ」と嘯きつつ、魔術理論と科学との混血児と称したその鬼械神を勝手に使うと宣言。躊躇う九郎だが、自ら起動し双眸を開いた鬼械神に魅せられる。
・「織を伝え式を編む我、魔物の咆哮たる我、死を超ゆるあらゆる写本の原本たる我『アル・アジフ』の名において問う。鋼鉄を鎧い刃金を纏う神。人の造りし神。鬼械の神よ。汝は何者ぞ。」とアルが問いかけると鬼械神が反応して九郎達を内部に転送し、


"I'm innocent rage.

I'm innocent hatred.

I'm innocent sword.

I'm DEMONBANE."

・アル「汝は、憎悪に燃える空より生まれ落ちた涙。汝は、流された血を舐める炎に宿りし正しき怒り。汝は、無垢なる刃。汝は『魔を断つ者(デモンベイン)』・・・善き名だ!気に入った!」
・強引に起動を進めるアル、召喚のロジックが組み込まれた魔術装置・虚数展開カタパルトでデモンベインを地上へ空間転移し、巨大魔法陣と共に空中に出現して破壊ロボットに飛び蹴り一閃。
→虚数展開カタパルト作動時、メイドさんが偏在化を説明して「ほら!箱の中の猫と同じで」・・・シュレーディンガーさん、こっち方面でも大人気だなぁ。f(^^;
・異変を知った覇道瑠璃、地下の秘密基地へ「司令」として到着、祖父鋼造の遺産たるデモンベインが何者かにより起動されたと知って驚愕。
・立ち直ったドクター・ウェストの破壊ロボが大量の火器で猛攻、独自仕様の操作系統索引を解読できないアルは反撃できず。
・司令室への暗号化回線に割り込んだアル、索引を編纂してやるから攻撃呪法の名を一つ教えろと瑠璃に図々しく要求。デモンベイン強奪に激怒して拒否する瑠璃だが、執事ウィンフィールドに説得され、亡き祖父がデモンベインに託した遺志
「誅すべし『ブラックロッジ』。汝、魔を断つ剣と為れ・・・」

を想って決断、第一近接昇華呪法「レムリア・インパクト」を承認。制御を失えばアーカム・シティごと消滅しかねないと動揺するメイド・オペレータたちを他所に、必殺のレムリア・インパクト炸裂!
・破壊ロボットは跡形もなく昇滅。
・上空1000mより全てを見届けたブラックロッジ大導師マスターテリオン、「やはり今回もこうなったか。そうだ、総ては運命の輪の内に」と独りコメント、「さあ、踊ろうではないか。あの忌まわしきフルートが奏でる、狂った輪舞曲の調べに乗って。ヒロインは貴公だ・・・アル・アジフ。」
→「無貌の神」とか白痴の神とかの干渉ほのめかしたりしてます?・・・それにしても、クロウリー先生、あちこちで大モテだなぁ。

|

« ウイイレ10その2 | Main | 真・三國無双4Empires(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72682/9921642

Listed below are links to weblogs that reference 機神咆哮デモンベイン(1):

« ウイイレ10その2 | Main | 真・三國無双4Empires(6) »