« マルタ戦、ゴールラッシュはどこへ? | Main | DDS AT2やり直し その4 »

DDS AT2やり直し その3

いよいよセラ救出のためEGG突入1回目。
街で小耳にはさんだ所では、太陽から盗んだ情報を集積した神のコピーがEGGらしい。
ここマダム派にほぼ制圧されたらしい。地下降りてくと封印されたメーガナーダ発見、ヴァルナと共に発現した最強の喰奴で、エンジェルは5年をかけてEGGの情報とこいつから悪魔化ウィルスを造り上げたんだとか。その時、サーフの顔した誰かさんがアルジラ達の顔した同僚を喰い殺したって話も聞かされる。
アバドン戦はブースト属性魔法とンダ系、カジャ系、大天使の加護で乗り切り、シエロが「背負って生きてけ」みたいな見せ場。ホントいいヤツだよなぁ、シエロ。でも空港まで行くと・・・(;_;)
アルジラが見つけた資料から、エンジェルとの決戦後に初期化暗号コードの暴走でジャンクヤードが完全消滅したことを確認。エンジェルがそんなもんでサーフの一撃受け止めるからぁ・・・
ついにEGGまでたどりつき、ようやくセラと再会したのも束の間、マダムにたきつけられた上に嫉妬でトチ狂ったヒートが駆け寄り、手刀でサーフの腹をブチ抜く!なぜ避けないと問うヒートにサーフ、

仲間・・・だからだ

これでヒート仲間フラグ1個目は立ったはず。
そのままヒートを押さえこんで道連れに、EGG内部へ消えて行くサーフ・・・(;_;)
悲鳴をあげたセラの脳裏に5年前の悲劇がフラッシュバック、再びEGGが暴走して地球の全てを情報に還元し太陽に送信し始める。ゲイルは涙を呑んでサーフの死を受け入れ、撤退を決断。無人となったEGGで絶望に押しひしがれるマダムの背後にエンジェルが立ち、リボルバー押しつけて射殺、「人類の歴史などとうに終わっていたのに!」

で、夜明けまでに送信止めないと地球が完全に太陽に吸収されちゃうってんで、ロアルドの発案で動力プラントへ。途中、地下街や工場に寄ったらローカパーラの面々がエンブリオンのマークとアートマ背負って協力してくれてるのでちょっち感動。
プラント内へ入るといきなりロアルドがカッコいいトコ見せてアルジラといい感じに。あーぁ、フラグ立っちゃったよ・・・(;_;)
ともあれロアルドの特技で隔壁開けて回り、3カ所のマシン隔壁はブースト付き電撃+マカカジャと火炎反射とかであっさり破壊。
一方、入り口のローカパーラ防衛戦に業を煮やしたエンジェルは「神話になぞらえメーガナーダを解放し葬ってやれ」とメーガナーダ解放を指示し、テクノシャーマンもろとも殺してしまうのでは、と懸念する部下に「私を信じろ」の一言。でも実はエンジェル、もはや希望の欠片も持たず、単に自分の手で幕引きしたいだけらしい・・・
続いて起こる強制戦闘、ナーガ×3は楽勝ながら、ナーガラージャ+ナーガ×無限増援は火炎ブレイクと電撃の嵐で、通常装備じゃゲイルが即死していつまでたっても終わらない。(-_-#) ムカついたのでやり直し。ゲイル以外の3人で、前哨戦からカジャ系重ね掛けしておき、火炎系と通常攻撃でナーガラージャを袋叩きにして撃破。v(^.^
更に続けて、突破された防衛戦からアディルの断末魔の通信がロアルドに入り、ロアルド単身離脱して正体不明の敵の足止めに。
残り3人で制御室までたどりつき、ゲイルが動力ストップさせるけど、太陽への情報送信は止まらず。意識取り戻したセラが、神のコピーたるEGGに人の動力なんか必要ない、と無気力につぶやく。そこへ満身創痍のロアルドから通信、「最後の悪知恵を思いついた」と動力炉自爆の企てを伝え、グレッグは自分の勢で死んだんだとフレッドに告白して脱出を指示。皆の命懸けの奮闘と激高するアルジラの涙がセラの気力を呼び覚まし、頬にウォータークラウンのアートマと共にサーフの意思を宿らせたセラが合流。代わりにアルジラが離脱、死を覚悟しつつロアルドの援護と敵の足止めに。
ゲイルの「お前の命に価値はあるか」との問いには


わからない・・・けど、覚悟はできているわ

と答え、「命は繋がるものだ」とゲイルの名言。
3人の脱出後、アルジラは動力炉に駆け付け、瀕死のロアルドを喰ってるメーガナーダに単身襲いかかるも、歯が立たず窮地に。そこへロアルドが死力を振り絞って立ち上がり、アルジラと意思を一つにして動力炉暴走させ、メーガナーダ諸共に自爆、パワープラント炎上。
それを公園から見つめるゲイル、「あの炎こそ受け継ぐ価値のある命の輝きだ」(T^T)o

神と接触して滅びを避けるため再びEGGへ向かうセラ、ゲイル、シエロ。漏れ出した神の情報が空間を浸食して気色悪いことになってる中を通り抜け、ようやくEGGまでたどりつくと、何だか暴走してEGG取り込みヴリトラと化したヒートが触手をお供にお出迎え。どうも「力が欲しい」って一念に凝り固まって、セラを手に入れるためとかそーゆーのが抜け落ちたらしく、セラを喰らって神になるとか口走る。・・・こんなヤツ仲間にするためにわざわざAT1からやり直した自分って一体・・・orz
健気に説得を試みるセラを制してゲイルとシエロが進み出て、ヴリトラ+触手×2と拳で語ることに。
「憎悪の暴流」対策としてゲイルにヒーホーリング着け、スクカジャ、スクンダ、マカカジャと大天使の加護でシエロとセラはどうにか避けろって布陣。触手集中攻撃に全員装備したカウンタ重ねて、両触手落としたらまた生えてくるまでヴリトラにジオンガ連打、の繰り返し。時々飛んでくる怪音波とンダ系がウザいものの、地道に対処して削り殺す。
そのままEGG内のイベントに続き、培養液かなんかの底に沈んだサーフの前に黒猫シュレディンガーが現れ、EGGを利用した神の視点で5年前の真相をサーフに見せてくれた。EGGに繋がれて太陽=神との接触に酷使されるテクノシャーマン19号、セラフィータ。人の心さえ道具として操り、セラを使い潰してまで神の力を追い求める悪魔のような男、realサーフ。一見がさつな乱暴者だけど実はセラの心身を本気で案じてる熱血漢、realヒート。realサーフの毒牙にかかり操り人形と化してる看護婦のrealアルジラ。セラがストレスからの逃避として密かに創造した仮想空間内のお友達、サーフとヒートとアルジラとシエロ。彼らアスラAIの軍事転用を目論み、セラから取り上げて地獄の戦場ジャンクヤードとしたベック大佐。そして流血の惨事を引き金に、セラの悲鳴が太陽を狂わせ黒く染めた・・・(;_;)
更に続けて、EGGが蓄積した情報の中からrealヒートが現れ、「君達はセラが俺達に望んだ人格だったかもしれないが今は違うだろう?俺達はもう死んでる、時を待つしかない。過去の亡霊を打ち倒して、もう一人の俺も解放してやってくれ」と告げると、因縁の元になった過去の亡霊realサーフ、そしてセラが創造したお友達の残影fakeサーフが具現して、それぞれ黒いリアルヴァルナと白いフェイクヴァルナに変身。realヒートもアグニに変身して、サーフのヴァルナと共にリアルヴァルナ+フェイクヴァルナと強制戦闘。これはアグニの全体治癒と全体攻撃で力押し撃破。
更に更に続けてイベント、今度はヴリトラの腹を切り裂いて取り込まれたEGGから脱出するサーフ。続いて現れた血まみれヒート、「お前なら、俺のここがわかるはずだ」と問いかけてくるので

ああ・・・

と答えてヒート仲間フラグその2立ったはず。ヒートは「ケリつける」と言ってサーフをオペレーションルームへ招き、自分は情報に変じて転送。・・・え?そんな特技をいつの間に?(@_@;
ここでようやく操作可能になるけど、オペレーションルームまでは一本道でカルマ端末もなく、サーフ単独で赴くしかない。部屋に入ってくと、椅子に座ってる血まみれヒートは最早力尽きて瀕死、「俺はお前にやられたんだ・・・わかってるな?」と言ってくるのに
わかったから もう何も言うな・・・

と答えてやる。ヒート、自分の意志で闘ったと満足げにつぶやき、セラを護ってやれと言い残してご臨終・・・やっぱしちょっと泣けるカモ。(;_;)

しかし、1時間弱ぶっ続けで進行するイベントはちょっと勘弁して欲しいなぁ・・・

|

« マルタ戦、ゴールラッシュはどこへ? | Main | DDS AT2やり直し その4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72682/10419724

Listed below are links to weblogs that reference DDS AT2やり直し その3:

« マルタ戦、ゴールラッシュはどこへ? | Main | DDS AT2やり直し その4 »