« バルサ、欧州CLで窮地に | Main | 好調俊輔、リーグ戦でアシスト »

Persona3 その17

●11/17(火)
修学旅行初日、新幹線で京都駅へ。ムービー入って、美鶴さんを気遣わしげに眺めやるゆかり、風花達とおしゃべりしてる様子を見て安心したのか微笑む。
バス乗り継ぎでついた旅館は東山三条・後醍醐。綾時に「なんで傘がさしてあるの?」と聞かれ

風情を出す演出だ
と答えておく。舞妓さん&芸者遊びネタにひとしきり盛り上がる綾時と順平、たしなめるゆかり。
女子が先に部屋へ行ったので、フロントをうろついて売店で土産物買い占め。天田君がお菓子にこだわってたしなぁ・・・(^^;
それから2F、3Fをウロウロ、自販機でも一通り買い占め。ウラドツェペシュとか物騒な名前のドリンクがあったり。f(^^;
で、男子の部屋は一通り回って、2F奥の部屋でお休み。

●11/18(水)
修学旅行二日目。金閣寺などなど名所巡りの後、夕方になって鴨川の三条大橋あたりで解散。川辺に独り佇む美鶴さんに、ゆかりが戻ろうと声をかけるけど、美鶴さん無言。歩み寄ったゆかりに、何故自分にかまうのか、と問う美鶴さん。「目的も、倒すべき敵も全てが消えた。私に執着する理由など・・・もう無いだろ。」と言われてムッとするゆかり。虚ろな表情で「答えは出たんだ・・・これ以上、何のために戦えばいい。信じていたものは全て"嘘"で、そして・・・」とつぶやく美鶴さんに、「グループの罪滅ぼしなんて、そんなのウソ・・・どうせ、ホントは初めから、"お父様を守るため"だけだったんでしょ。」とゆかりが糾弾。それを肯定して、とんだ茶番だ!と激高する美鶴さん、「全てが無駄だった・・・私など・・・居なくてもよかったんだ!そうだろ!?」
ゆかり、静かに平手打ちして「ごめんなさい。でも、無駄かどうかはこれからでしょ?」
信じた父親が体を張ってシャドウを止めようとしてたから、と話すゆかり、「私・・・影時間を無くす為に戦いたい。お父さんの遺志を・・・継ぎたいから。」
遺志を継ぐ、という言葉に心を動かされた美鶴さん、「まだ何も・・・終わってないな。・・・なら、見届けてもらおうじゃないか。天上のお父様と、そして君にもだ・・・ゆかり、来てくれるか・・・一緒に。」
力強くうなずくゆかり、少し照れて先に宿へ。
残った美鶴さん「お父様・・・ご心配には及びません。私は、独りではないのです。・・・そしてもう、振り返る事もしません。」そして決意の心が新たな力を呼び醒まし、ペルソナ"ペンテシレア"からペルソナ"アルテミシア"が覚醒!

●11/19(木)
修学旅行三日目。散策して戻り、明彦君に話しかけてセーブした後、順平に誘われ皆で男女交代制の露天風呂へ。
入浴中に交代時間が来てもそれは事故で仕方ない、と超棒読みで言い出す順平に綾時もうなずき、同意を求められたので

ひょっとして・・・
と問い返すと、綾時がわざとらしく、万が一の事故の話、と主張。どうやら半分冗談で、交代時間ギリギリに来たってことらしい。
そこへ美鶴さん達女子ご一行がやってきて男子一同大慌て。しかも、何か聞こえた、とゆかりが風花と偵察に出て来た。(-_-;
攻略掲示板を頼りに、露天風呂外周を右→左、それから中央のくぼみに入ってウロウロしてると、ゆかりが視界に入った辺りで明彦君が隠れることを提案。しばらく何もせずに放置して、ようやくゆかりが納得したらしく偵察終了。その頃にはもうのぼせかかってる女子ご一行、すぐ引き上げに。ホッと一息ついた男子一同だけど、気がつくと順平と綾時がのぼせてダウン・・・(^^;

●11/20(金)
修学旅行最終日、女性陣にバレないかとヒヤヒヤものの男性陣。
とりあえず寮に戻って一安心、でも天田君に見透かされてたり。(^^;

夜は早寝。

●11/21(土)
修学旅行が終わったと思ったら、来週火曜日からは体験学習らしい。
現国の授業では眠らず、打ち止めながら学力アップ。

放課後、職員室前で美鶴さんに話しかけると、3年生だからそろそろ生徒会活動も下級生に任せはじめ、自分の時間を作りたいとか。更に話すと、付き合って欲しいと言われ、どこかと思えばラーメン屋はがくれへ。
美鶴さん、どうやらラーメン屋が初めてらしく作法を教えてとか言うので

スープは飲み干せ
と指導。ラーメンが気に入った美鶴さん、店主とズレた会話の後、「・・・私は、おかしいか?」と聞いてくるので
おかしくない
と答える。幼い頃からこういう俗なものとは縁がなく、反面少し憧れてもいたらしい。
「汝、"女帝"のペルソナを生み出せしとき、我ら、更なる力の祝福を与えん・・・」
と囁きが聞こえて、ようやく女帝コミュget。

夜はタルタロスへ。
メタトロン+ガルーダ+カーリー→サトゥルヌスで、勝利の息吹+闇無効+氷結反射+メギドラオン+ハイパーカウンタ継承。意外と手間かかんなくてラッキー。(^-^
仲間全員Lv68で揃えて撤収。

●11/22(日)
通販でデスウォーカー+パワフルプロテイン×5を¥79,800で購入。
寮のテレビで、病院へのテロまがいを報道。ふ〜ん、病院ね・・・

神社で神木青年と話すと、今日は調子が悪いらしく苦しそう。

側で見守るを選択
して好感度アップ。痛みと発作を止めるだけの薬だからやめたと言う神木青年に
どうしてやめた?
と問うと、眠くなるし手が震えるので物語が書けない、と固い決意で好感度アップ。「僕はきっと・・・"生きた意味"を探すために書いてるんだ・・・」例の囁きが聞こえて「余命いくばくも無い青年」コミュがランク8に。

夜はタルタロスへ行けないので早寝。
影時間になるとイベント発生、寝てるところを風花の通信で起こされ、4F作戦室に集合。
風花がユノの索敵で、タルタロス前に別のペルソナ使いがいるのを発見したそうで、今度はストレガ復活!?とか騒いでる。ところが問題のペルソナ使いは、なんと入院してたはずのチドリ。あー、テレビで病院がどうこう言ってたの、これね・・・(-_-
風花の通信に割り込んで来たチドリ、目障りだから消すと宣言。訳がわからずキレた順平が独り飛び出していき、一同もメンバー編成して後を追うことに。敵の攻撃は主に火炎と闇のようなので、ゆかり、明彦君、コロマルで編成。一応、セクシーダンス対策にナルシスフラワー装備していく。

先行した順平はチドリとご対面、「でも、俺たちが戦うのなんて、ぜってーオカシイって!」と悲痛に叫んで歩み寄る順平に、追いついた風花の警告が聞こえ、チドリが繰り出した刃を危うく避ける。順平を無理矢理下がらせて、チドリと強制戦闘開始。
火炎耐性+闇無効なジャターユを降ろし、ガルダインを軸に力押し、3ターンで撃破。コロマルが初手でアギダインをチドリに吸収させるのはご愛嬌。(^^;

なんでこんなこと・・・と泣くような声で問いかける順平に、チドリ「一番怖いのは・・・死ぬ事じゃない。一番怖い事・・・それは・・・"執着"してしまうこと・・・」執着すると失うのが怖くなる、なのに順平は要らない痛みを持って来た、と続けるチドリ。「順平と一緒に居ると、怖くなかったものが、なんでも怖くなる・・・無くすのが怖い・・・死ぬのだって怖い・・・一緒の時間が終わっちゃうのが・・・怖い・・・だから、私・・・」
そこへ姿を現したストレガの二人。やっぱし生きてたか・・・(-_-;
順平達に毒されたチドリはやっぱり駄目だった、とか言い出すタカヤに順平激怒。タカヤ、自分達は生に"執着"せず、それでも運命が自分達を"生かした"、つまり自分は"選ばれた"、とかカルト入った気色悪いこと言い始める。なんか理事長の妄想にも通じるものが・・・そんな選ばれたいモンかねぇ。(-.- ;)
順平、「もう決めたぜ!テメェらにはもう、指一本触れさせねえ!チドリはオレが、死んでも守る!」と格好良くタンカ切ったものの、タカヤにいきなり銃で撃たれ、風花の悲鳴とともにホワイトアウト・・・しかし朱実クン達、タカヤが拳銃持ってるのも知ってるくせに、何ぼーっと眺めてたんだろう・・・(-_-;

・・・そして順平が気づくと病院のベッド。側に座ってるチドリ、微笑みながら「よかった・・・」状況掴めず戸惑う順平にチドリ、「怖いのも、心が痛いのも、順平が居るせいだと思ってた。だって、順平と会うまで、1度もそんな事なかったから・・・でも順平に会って、私・・・初めて考えたの・・・自分がどうしたいかって・・・」
順平と一緒に居たい、と素直に告げるチドリに、照れてしどろもどろながら同じ思いを告白しようとする順平。「でも・・・辛いの・・・だって、あと少しだから・・・」と、自分達"ストレガ"は最初にペルソナを得たときから命を失う日がわかってた、と続けるチドリ。例のペルソナ制御する薬物の副作用か・・・「死ぬって・・・"もう会えない"ってことなのね・・・」とつぶやくチドリ、穏やかな微笑みのまま更に「だからね・・・これで良かったの。順平は・・・こんなところで死んじゃダメ。」そして再びホワイトアウトして・・・

・・・順平、気づくと再びタルタロス入り口で撃たれたところ。病室は順平とチドリの精神世界だったわけね・・・チドリがペルソナ能力で彼女自身の生命を順平に分け与え、蘇生させたらしい。風花「私のと逆・・・命を感じ取るんじゃなく、放出するペルソナ・・・でも、それで人ひとりを蘇らせるなんて・・・そんな事したら・・・」(;_;)
力尽きて倒れたチドリ、順平に抱きとめられて「聴こえる・・・。順平の、生きてる音・・・トクン、トクンって・・・」とつぶやき、更に「これで私は・・・順平の中で、生きる・・・ずっと・・・一緒・・・」「これからはね・・・私が・・・順平を、守るよ・・・ずっと・・・」と続ける。
俺だって君を守る、と言い募る順平に、チドリは静かに手を差し伸べ、「やっぱり・・・いい気持ちだね・・・順平と居ると・・・いい気持ち・・・大好き・・・順・・・平・・・あり・・・が・・・とう・・・」(T^T)
「チ・・・ドリ?・・・うそだろ?」と順平号泣。
そこへ空気読まずズカズカ寄ってく無粋なタカヤの「愚かな・・・こんなにも下らない最期を選ぶとは・・・」って言葉を聞きつけ、「下らない・・・?」と立ち上がった順平。やおらヘルメスを召喚するや、決意の心が新たな力を呼び醒まし、ペルソナ"ヘルメス"からペルソナ"トリスメギストス"が覚醒!トリスメギストスが怒りの業火を炸裂させるところへ、驚愕に呻きつつジンが割って入り、タカヤの代わりに後ろへ吹っ飛ばされる。一方の順平も無理がたたったか膝をつく。それを見せ物呼ばわりしたタカヤ、戦おうとしたところを「アンタには先がある!ここで無理したかて・・・意味あらへん!」とジンに諌められ、無駄に余裕かましつつ煙幕で撤退。・・・まだヒくのか、こいつら。(-_-#

激高して無理に追いかけようとする順平を、明彦君が「彼女にもらった命だろっ!」と諌め、彼女の分まで生きる決意を固めたらしい順平と共に撤収。

●11/23(月)
一夜明けて疲労な休日。
寮のテレビでは、テロ受けた病院で入院患者一名が行方不明と報道・・・(;_;)

ベルベットルームに寄って法王のだいそうじょう召喚し、古本屋で過ごすも特に進展なし。

寮に帰ったらさっさと早寝。順平は部屋にこもってるらしい・・・

●11/24(火)〜27(金)
体験学習でひたすら段ボールを運んだとか。
夜はさっさと早寝。通販で買ったデスウォーカー+パワフルプロテイン×5をget。

●11/28(土)
放課後はベルベットルームに寄って刑死者のウベルリ召還後、神社で舞子と話す。
すると舞子、家出するからさよなら、と言ってさっさと退散。そこへ慌てて駆けて来たのは舞子の両親。流石離婚危機の最中だけあって、いちいち二人で喧嘩してウザいことこの上無し。

探しに行こう
と提案。心当たりを聞かれて
たこ焼き屋かも
と答え、連れ立って行ってみることに。
たこ焼き屋オクトパシーに行くと、そこに独り佇む舞子。母親がひとしきり心配した後で怒り出すと、舞子もキレて、離婚騒動で私も心配した、離婚しないで、と泣きじゃくる。父親がその場はとりなし、ひとまず帰宅ってことに。舞子も両親に心配されたのが嬉しかったらしい。例の囁きが聞こえて「神社の女の子」コミュがランク7に。

寮に戻るとイベント発生、美鶴さんが順平にチドリの遺品のノートを手渡す。順平、「代わりにガンバんなきゃって・・・わかってるけど・・・やっぱキツイな・・・」

見ないのか?
と促し、ゆかりが代わりにノートを開く。と、わけわかんない抽象画の代わりに、現れたのは克明な順平の顔の描写!言われてノートを見る順平、再び号泣した後、「フサいでんなよって、言われてるみてえ・・・」
ようやく立ち直ったらしい順平、朱実クンに握手を求め、影時間をなくすために戦うと宣言。これまで突っかかったりして悪かった、と詫びを入れ、「ちっとだけ悔しいけど・・・でも、お前の力・・・頼りにしてるぜ・・・」
お前もな
と思い切り青春してみると、堅く握手を交わす二人。(^-^
例の囁きが聞こえて「特別課外活動部」コミュがランク9に。をを、2階級特進。

夜は、まだ順平が戦列復帰してくれないので早寝。結子と千尋から日曜のお誘いがかかり、神木青年優先・・・と思ったけど、千尋はリバース多くて先に進めたいので承諾。

●11/29(日)
千尋と巌戸台駅へ。例の本はまだ売れてないようで一安心。だけど教材費の件が気にかかるらしく、千尋は暗い表情に。

泥棒はいない
と励ますと♪×3好感度アップ、生徒を疑うなんて、と自戒。ブックカバーをプレゼントして♪×3好感度アップ。

夜はタルタロス探索へ。
朱実クンがレベル80まで上がったので、暫定的にサタンとか作ってみたり。意外と手間取った・・・
まず疾風防御属性継承のため、悪魔リリス×悪魔アバドン×刑死者ウベルリ=審判トランペッター作成、疾風反射や光無効を継承。次に審判ミカエル×審判トランペッター×審判アヌビス=審判サタン作成、こっちで勝利の息吹+疾風反射+ハイグロウ継承に1時間強・・・たかだか3枠継承に時間食い過ぎ。(-_-;
どうせ作り直すんだろうしなぁ・・・

●11/30(月)
古文の授業で「平安時代の女性はなぜ顔を白塗り?」とあてられ、目立つからと答え、打ち止めながら魅力アップ。

放課後はたなか社長のためになる話を悪魔アバドンつれて聞く。社長、街で青年に呼び止められいきなりお礼を言われた、と言うので心当たりはある?と聞くと、♪×2好感度アップ、自慢じゃないけど人のためになるような事はした事ないとのお返事。はぁ、そですか・・・(^^;
その青年、フリーターから心機一転、検察官を目指す決心をしたそうで、理由はたなか社長のように法の目をくぐる悪徳業者を裁きたいから。f(^^;
本人知らぬ間に反面教師にされてた、とたなか社長は嬉しそう。
例の囁きが聞こえて「テレビ通販社長」コミュがランク8に。

寮に戻るとイベント発生、遊びに来てた綾時が丁度帰るところ。理由不明のまま綾時を危険視するアイギスが危ぶむものの、綾時と仲良くなって順平も元気になってきた、と一同好意的。順平の「なくしたものばかり見ててもな・・・」みたいな発言に、アイギス寂しそうな表情で「わたし・・・機械なので、"生きてる"って・・・よくわからなくて・・・」一瞬しんみりするものの、試験勉強のため一同解散。
残ったアイギス、朱実クンに「わたしは・・・"命"なんて無い方がいいんでしょうね・・・兵器に替えのきかない命があったら、使い辛いですから・・・」と言い出し、朱実クンに万一のことがあったら辛い、と言うので

大丈夫だ
と答える。アイギス、何故かわからないけど朱実クンは自分にとって特別な存在だと告げ、「だから、これからも、わたし・・・あなたをずっと、守りたい・・・」そして立ち去るアイギス、廊下で独り歩きながら綾時に得体の知れない危機感を覚え、「わたしがなんとかしないと・・・誰かが泣くのはもう見たくないから・・・」と独白。

寮のテレビではトリッシュが、ホクロでフラメンコなお姉さんを紹介。ペル2罰のうららもカッコ良かったよなぁ・・・特に達ちゃん手玉に取って事情聞き出すあたりが。('_' ;)
ふと気づくと節制コミュがリバース。そろそろヤバいと思ってたけど、月曜はベベ居ないんだもんなぁ・・・(-.- ;)

夜は早寝。

●12/1(火)
放課後は美鶴さんとワイルダックバーガーへ。ジャンクフードも初体験らしい美鶴さんに

来るのは初めて?
と聞くと、店内には初めて、とのことで好感度アップ。君には苦労をかけてる、とねぎらわれ、「我は汝・・・、汝は我・・・汝、"女帝"のペルソナを生み出せしとき、我ら、更なる力の祝福を与えん・・・」
と囁きが聞こえて「桐条美鶴」コミュがランク2に。

夜は風邪ひきの天田君引っ張ってタルタロスへ。(^^;
全員ぶっ倒れるまでシゴいてから撤収。

現時点でのペルソナ:サンダルフォン、サトゥルヌス、メタトロン、ロキ、マザーハーロット、ヴィシュヌ、サタン、スザク、アバドン、アヌビス、ミカエル、タナトス

|

« バルサ、欧州CLで窮地に | Main | 好調俊輔、リーグ戦でアシスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72682/12560026

Listed below are links to weblogs that reference Persona3 その17:

« バルサ、欧州CLで窮地に | Main | 好調俊輔、リーグ戦でアシスト »