« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:6話) | Main | 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:8話) »

第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:7話)

●第7話:ワンズ・ジャスティス
・ヴェサリウス艦橋で引き合わされた新顔は五飛とトロワ。セレーナに「元ロンド・ベルαが何故ザフトに?」と突っ込まれて、五飛「正義のためだ」と真顔で断言。(→本気で言ってるから怖いな、こいつは。(^.^;))セレーナ「元マリーメイア軍に参加していた君達が言うと説得力があるわ」とチクリ。険悪な雰囲気の中、残るストライク奪取もしくは破壊のため再びヘリオポリスへ。
・格納庫でナタクを見てニコル、コンセプトとか違うのに同じガンダムって・・・と不思議がる。ディアッカ「目が二つついててアンテナが生えてりゃマスコミがみんなガンダムにしちまうのさ」と茶化すと、トロワ「・・・どこかで聞いたセリフだな」と鋭いツッコミ。(→F91だっけ?クロスボーンの方か?)
・「その理論で言えば僕達のGもガンダムですね」と軽く口にしたニコルに、五飛「その資格がお前達にあるか?」と聞きとがめる。五飛「ガンダムは形でも性能でもない・・・。その存在に込められた想いこそが本質だ」、トロワ「自由への願い・・・平和への希望・・・生きるための勇気・・・。人の想いを背負うのがガンダムだ」と口々に語り、イザークやディアッカと険悪に。そこへセレーナがよくわからん古いネタと軽〜いノリで茶々入れて場を収め・・・というか白けさせ、「見物ね・・・。ザフトのエリート君と元プリベンターのライバル意識」(→エルマに仕込んだ性格といい、このヒトかなりショタ入ってるような。^^; )
・ヘリオポリス侵入地点に向かって、連邦軍迎撃部隊相手に戦闘開始。(→・・・アレ?イージスって変形しないんだっけか?砲撃形態のみ?)
・1PP、アスラン前進させたら敵増援出現。ジオン残党もコーディネイター殲滅を目的として連邦軍と手を組むらしい。俺達の命懸けの戦いの結果がこの憎しみか!と怒髪天をつく五飛を、セレーナが冷徹に制し、トロワが同意して戦闘続行。トロワと五飛の目的は憎しみを煽る黒幕の追求らしい。
・4PP、ドム1機残して敵殲滅し、ニコルを目的地到達させて戦闘終了。
・ザフト兵がストライク奪取のため侵入、アスランとセレーナが援護のため同行。
・アークエンジェルでは協議の末、ストライク出させるようキラ説得に。差し迫る生命の危機に追いつめられ、キラは怒りながらも了承。
・キラのソードストライク、迫るザフト機をシュベルトゲベールで一刀両断。アスランと互いに気づき、一瞬の邂逅を経て、両者それぞれコロニー脱出。
・帰還した五飛、崩壊したヘリオポリスの犠牲者に心を痛めつつも、イザーク達の「自由と平和のために戦っている!」との言葉に絶句、真に戦うべき相手を模索して苦悩。
・セレーナ、アスランからキラは友達だと聞き出し、「悩みなさいよ、アスラン・・・。相手が君の大切な友達ならばね・・・」

|

« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:6話) | Main | 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:8話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:7話):

« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:6話) | Main | 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:8話) »