« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:9話) | Main | 無双OROCHI:魏(2) »

第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:10話)

●第10話:グッバイ・フレンズ
・アークエンジェル艦内で、フレイに泣かされたキラをやんわり慰めるラクス様、アスランは婚約者だと告げて、「・・・お二人が戦わないで済むようになればいいですわね・・・」キラ、ラクス様の心根に感じ入り、もう戦いに関わらせないことを決意。
・ラクス様のサインもらおうと画策するビーチャ達にカミーユも同調。そこへカズイが、偶然盗み聞いたキラとラクス様の会話をリークして物議をかもす。
・無断でラクス様を連れ出したキラからヴェサリウスに通信、アスラン一人でラクス様を引き取りに出てくるよう交渉。クルーゼはアスランの単独行を許可したものの部隊を密かに展開。
・キラがラクスを連れ出すのにサイやトールも協力したらしい。イージス単騎で現れたアスランにラクス様を引き渡し、ラクス様「いろいろとありがとう、キラ。アスラン、あなたも・・・」とねぎらいのお言葉。
・アスラン「お前も一緒に来い!」とキラに呼びかけるけど、キラ「あの艦には守りたい人達が・・・友達がいるんだ!」次は討つ!と互いに決意して別れる二人・・・そこへいきなりセレーナ登場、ロンド・ベルαへの投降を申し出る。事情を知るアスランは納得。
・クルーゼ率いる追撃部隊が出現、アスランはラクス様連れて後退。寝返りの理由を問うクルーゼにセレーナ「この戦争、連邦にもプラントにも正義がないのなら私は自分自身のために戦わせてもらいます」と不敵に言い放つ。更にトロワと五飛がいずれにも正義はなかったと同調、「ならば、俺は正義を作る!この俺自身の手でな!」と五飛。f(^^;) よりによってこのタイミングで、と揶揄するセレーナに、トロワがキラを死なせる訳にいかない、と答え、更に五飛「愚直なまでの正直さ・・・。その男・・・利口ではないが、信義に値するかもしれない」と褒めてるんだか貶してるんだか・・・ともあれ共闘を約束して戦闘開始。
・3PP、ロンド・ベルα登場、感動の再会の後に戦闘再開。
・4PP、重力震とともにクロスゲートが現れ、イサムとガルドのマクロスプラスコンビ登場、戦闘再開。
・セレーナ、クルーゼとの戦闘前会話で「本性表した」とか言われて、あんたもそうでしょ!と反撃。裏があるのに気づいてるらしい、流石くの一。(^^
・6PP、熟練度とらないため敵戦艦残して壊滅。7PPとどめさして戦闘終了。
・アークエンジェル艦内では人質を無断で敵に引き渡したキラの軍法会議もどき。弁護側のムゥが条約等挙げて弁護するも、検察側のナタルに易々論破されて苦戦。裁判長役のマリューさんがキラに理由を聞くと、キラ「・・・人質にするために漂流中の彼女を助けた訳じゃありませんから・・・」マリューさん、銃殺刑を宣告した後、そもそも軍事法廷は民間人を裁けないから、とまとめて閉廷。待ってたサイ達に「ちゃんと帰ってきたもんな」と暖かく迎えられるキラ。ちなみにナタルは超不満顔・・・(^^;(→そういや種死でシン某も敵兵勝手に逃がしてたっけか。同じような行動でも、あっちは無責任&自己満足大爆発してたケド。)
・フレイ、毒牙を研ぎつつ良い人ぶりっこ開始、軍に志願。(-_-;
・五飛、戻ってきたんだなと迎えたジュドーに「俺は戻ったのではない。答を探し、ここにたどり着いたまでだ」
・セレーナもルーに文句言われつつ、一応味方として迎えられる。ロンド・ベルαの一員となって"ミッション・ドール"を探る決意のセレーナ。
・プロペラントタンク×2、カートリッジ×2、リペアキット×2、ピンクハロget。

|

« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:9話) | Main | 無双OROCHI:魏(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:10話):

« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:9話) | Main | 無双OROCHI:魏(2) »