« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:11話) | Main | 中村俊輔、リーグ優勝&年間MVP獲得! »

Fate/StayNight[RealtaNua]プロローグ

買ってしまったレアルタ・ヌア。第3次SRW3周目と無双OROCHIとガンダム無双とVF5かけもちなのに・・・(-_-;
トップメニュー、放置してもアドバタイズデモが走らない。ちょっとがっかり。
とりあえず攻略サイトとか見ながら開始。

●1/31
・遠坂凛の語るプロローグ開始。先の聖杯戦争で帰らぬ人となった父の最後の言葉により、魔術師となることを選んだ凛。
・この世に「魔法使い」は5人しかいない。「魔法」と「魔術」の定義は"空の境界"同様、後者は時間と技術をかければ誰でもできる神秘。
・綺礼からの留守電によると残る席はあと二つ。つまり今日学校で何気に接してた間洞やら担任やら、既に・・・(-_-;
・満を持して臨んだはずの召喚は失敗、魔法陣でなく居間をぶち壊して出現したサーヴァントは、英霊としての記憶が曖昧で出自不明の赤服アーチャー。

●2/1
・10年前に焼け野原となった新都の公園が聖杯戦争終結の地。アーチャー曰く、固有結界に近い。固有結界とは魔術師の心の形をもって現実世界を塗りつぶす「魔法」に限りなく近い魔術。
・新都の公園で姿の見えないマスターの視線を感知。
・新都のビル屋上で、地上の「アイツ」の視線を感じる凛、でも地上から見えてる訳ない・・・で、「アイツ」って誰?学校でモメてた間洞兄かな?(^^;
・帰り道、桜と金髪外人少年が何やらもめてた風、マスターでもサーヴァントでもなさげ。

●2/2
・この街に魔術師の家系は遠坂ともう一つ、ただしそっちは零落してて、後継者にもマスターになるだけの魔力はない。校内に魔術師は凛ともう一人、そいつはマスターになれない見習い。・・・士郎のことカナ?
・校内に巡らされた結界は「魂食い」、人間を溶解させて魂を集める血の要塞(ブラッド・フォート)の高位魔術。魂の扱いは難しく、それを確立させた魔術師は一人しかいない。
・結界の呪刻を無効化しようとして、ランサー出現。結界は他の誰かの仕業と言いつつ戦闘開始!
・サーヴァントは実在・架空を問わず、人の想念を集め英雄として祭り上げられ、精霊の一種たる英霊に昇格した存在。聖杯は英霊の召喚を容易にするため7つの器(クラス)を固定して憑依させる。
→剣の騎士セイバー
 槍の騎士ランサー
 弓の騎士アーチャー
 騎乗兵ライダー
 魔術師キャスター
 暗殺者アサシン
 狂戦士バーサーカー
・ランサーの魔槍にアーチャーは中華風の双剣を次々出現させて対抗。業を煮やしたランサーが宝具解放直前、戦場に踏み込んできた不運な学生のため戦闘中断。ランサーに目撃者として心臓を一撃された彼を、見かねた凛が父の形見の宝石の魔力を使い切って蘇生させる。
・帰宅後、ランサーがとどめさしに行くことに思い至って彼の自宅へ。突如走った閃光と共に強大な存在が出現、ランサー逃走。続けて現れた最後のサーヴァントは最強のセイバー、隙をついてアーチャー瞬殺し、凛の風の魔術をあっさり無効化。可憐な姿でとどめをさしにきたセイバーに、凛「その姿はただ無情で、際限なく凛々しくて、その、悔しいぐらい、可愛らしかったんだから・・・」と見惚れるばかり。
・・・ってトコでプロローグ終わって、OPムービー開始。

|

« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:11話) | Main | 中村俊輔、リーグ優勝&年間MVP獲得! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Fate/StayNight[RealtaNua]プロローグ:

« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:11話) | Main | 中村俊輔、リーグ優勝&年間MVP獲得! »