« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH・地球降下ルート:23話) | Main | 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:24話) »

西本智実さん@すみだトリフォニーホール

すみだトリフォニーホールで「ロシア皇帝の至宝展記念コンサート」を聞いてきた。
お目当ては西本智実さんの指揮。オケは東京交響楽団、ヴァイオリンのソリストはアナスタシア・チェボタリョーワ。

プログラム:


  • チャイコフスキー バレエ組曲<眠れる森の美女>より

    • プロローグ
    • 金と銀
    • ダイアモンド
    • リラの精のバリエーション
    • コーダ                 

  • チャイコフスキー ワルツ・スケルツォ
  • チャイコフスキー バレエ組曲<白鳥の湖>より

    • 白鳥のグランアダージョ
    • ロシアの踊り

    (休憩)
  • アーラ・パブロワ バレエ組曲<スラミス>(日本初演)

    • 序曲
    • 太陽神ラーへ捧げるダンス
    • ソロモン王と女王アスティスのデュエット
    • ソロモン王とスラミスの愛のデュエット
    • イシス寺院
    • 最後の愛のデュエットとスラミスの死

  • ムソルグスキー <展覧会の絵>より

    • プロムナード
    • バーバヤーガ
    • キエフの大門

まず入場の大渋滞にびっくり。ホール入り口から駅の方へ延々数百mも大行列。(-_-;)
ちょうどいいので持参したおやつで腹ごしらえしておいたけど、入場だけであんな時間かかってるの初めて見た。おまけに入場してからも狭い通路や階段をウネウネ曲がりくねりながら上階席へ上がっていくのに時間食いまくり・・・割と新しめなホールだけど、客の動線とか流束密度とか全然考慮してないですね。すみだトリフォニーホール、駄目駄目。(-_-

入場渋滞で遅れ気味だったのか、入場したらすぐ開演。いつもながらの凛々しい男装で颯爽と登場した西本さんを拍手で迎える。盛り上げるところはダイナミックにキビキビと、抑えるところは柔らかく繊細に、とメリハリのきいた指揮が素晴らしい。バレエやってらしただけあって、挙措もいちいち美しく見応え十分。(^-^
お題がロシアってことで、前半はチャイコフスキーから抜粋。「眠りの森の美女」は短い曲を次々演奏するので、かなり忙しなかったカモ。まぁ数聞けるぶん仕方ないけどね・・・
休憩挟んで後半は、日本初演の「スラミス」。ソロモン王絡みの三角関係愛憎劇ってことで、美しい曲から荘厳な曲までそろってて、かなり聴き応えあり。(多分)作曲者の方が西本さんに花束贈呈されてた。
そしてラストが本日の大本命「展覧会の絵」。これも抜粋だけど、一番派手でカッコいいところを持って来てくれてるので、バーバヤーガから大門へと続くフィナーレは盛り上がりっぱなし。やっぱり西本さんのダイナミックな指揮、この手の派手でカッコいい曲にぴったりだと痛感。ワーグナーとかも指揮して欲しいなぁ・・・

ソリストのアナスタシアさんも美しい音色を流麗に響かせてくれて大満足。とてもオケのヴァイオリンと同じ楽器とは思われないなぁ・・・と思ったら、プログラムのプロフィールに「ロシア国家コレクションから特別にストラディヴァリを貸与」とか書いてあり、ちょっと納得。腕も楽器も特別なのね・・・f(^^;

オケも、これまで生で聴いた事ある日本のオーケストラの中ではかなり良かった気がする。特に弦と木管はかなり綺麗な音が出てたので不満無し。ただ金管がなぁ・・・どうしてどこ行っても金管だけ、あんなお粗末な音出してるんだろうか。「展覧会の絵」なんか金管のカッコ良さがポイントだってのに・・・(-_-;

ちなみに、後半開始時にホールスタッフの方がちょうど自分達の正面くらいにやってきて、誰を見るでもなく「演奏中は他の音を立てないようにお願いします」とか注意してった。こんなのも初めて。おそらく前半終わって、近くの誰かがクレーム付けたんだろうけど・・・特にうるさくしてるの気づかなかったけどな?
でも後半、隣とか前とかでガサガサ音たててる人が確かに居ました。前半どうだったかまで不明だけど、一度気がついちゃうと結構気になる・・・(-.- ;)

食事は地元・吉祥寺で。時間が遅いので、遅くまでやってる旧三越裏のオーガニックエスニックGiliへ行った。ところが行ってみたら定休日・・・orz
次に東急裏へ回り、やはり遅くまでやってそうなオーガニック系創作和食の八菜八へ。ところが何故か臨時休業。(-_-;
結局、東急裏のワインダイニングあんど(&)ってとこへ。初めて入ったお店だけど、これが大正解。v(^-^
無農薬野菜のサラダをはじめ、どれも美味しい上に、アレルギー体質の連れも全然問題なく食べられた。メニューに素材の産地がさりげなく書かれてるので、やっぱりこだわりがあるんだろうな・・・22:30ラストオーダーぎりぎりだったので、あまりいろいろ頼めなかったけど、今度言ったらオーガニックワインとかも飲んでみたいところ。

さて、次はオーチャードホールで小山実稚恵さんの「展覧会の絵」第2弾。今度は初めて聴くピアノ版なので楽しみ〜。(*^_^*

|

« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH・地球降下ルート:23話) | Main | 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:24話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72682/15096298

Listed below are links to weblogs that reference 西本智実さん@すみだトリフォニーホール:

« 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH・地球降下ルート:23話) | Main | 第3次SRWαメモ(セレーナ:EXH:24話) »