« SRWOGsメモ(OG1:キョウスケ:第21話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:キョウスケ:第23話) »

SRWOGsメモ(OG1:キョウスケ:第22話)

●第22話:銃と拳
・極東支部に到着早々、イングラム少佐の要請でRシリーズ&グルンガスト新型機の模擬戦闘訓練にかり出されるキョウスケ達ATXチーム。イングラム、ペイント弾に実弾を3割混ぜるよう指示。キョウスケ、呆れながらも了承。
・極東支部ではR-1、R-2に続きグルンガスト弐式も起動、パイロットがクスハだと知らされて動揺するリュウセイ。クスハ「いつまでも守られてるだけじゃ嫌だから・・・」と戦う決意表明。
・突如姿を現したキョウスケのアルトアイゼン、「この間合い・・・もらった!」とR-1に速攻肉薄、リボルビングステークで一撃離脱。更にヴァイスリッターとヒュッケバインMk-IIが出現して、ライがイングラムの意図を察知。イングラムの指示でSRXチームとATXチーム、1対1の模擬戦開始。
・1PP、キョウスケとエクセレンが熱血使ってR-2瞬殺。
・2PPイベント発生、味方との戦闘を忌避して動かないクスハに、イングラムの命令で攻撃したブリット、潔しとせず機体の不調と言いはって勝手に戦闘中止。
・2PP、「接近戦で俺のアルトに勝てると思うな」とキョウスケ、R-1を瀕死に追い込み戦闘終了、熟練度get。
・アルトアイゼンの瞬発力に驚愕したリュウセイ、「残ってるエネルギーを、すべてナックルにブチ込むっ!」と決断。R-1の右手に高エネルギー反応感知したキョウスケ、「面白い。ならば、おれも切り札を出すとしよう」と受けて立つ。リュウセイ必殺のT-LINKナックルはアルトアイゼンの左腕をもぎとったものの、リボルビングステークで下から串刺しにされたR-1に極至近からスクエア・クレイモア炸裂!得意とする接近戦での相打ちで互いを認め合うリュウセイとキョウスケ。
・良い戦闘データがとれたとムッツリ喜ぶカーク・ハミル博士、ライバルのマリオン博士が作り上げたアルトアイゼンを「彼女らしい極端なコンセプトの機体だが・・・Mk-IIIの名を付けようとしただけのことはある」と評価。
・ロバートとジョナサン、パイロットの生命を軽視したイングラム少佐のやり方に抗議するも、イングラムは「甘い考え」と鼻で笑ってスルー。
・命令違反のブリットは危うく営倉入りを免れ、クスハとようやくご対面。エクセレンもライやリュウセイと顔合わせ、ライとブリットをからかいまくり。
・キョウスケはイルム、ジョナサン親子と再会。リシュウ顧問とマリオン・ラドム博士は消息不明とのこと。
・亡き父親について物思いに耽るライ、基地案内を強引に命じた面食いシャイン王女に「家柄や立場だけで人は動くものではありません」と鋭く諭す。
・反省したシャイン王女、筋を通して東京見物。生身でも強いラトゥーニがメイドコスプレ(?)で同行。戻ったシャイン王女、激しくライに懐き、ライ困惑。(^^;
・キョウスケ、レイカー司令にご挨拶、ラングレー基地のパストラル少将の犠牲をわびる。早速ネチネチちょっかいかけてきたハンス中佐、ATXチームはハガネに預けるというレイカー司令の判断に、悔しがりながら何も出来ず。
・L5宙域に自動惑星ネビーイームが空間転移で出現。
・強化パーツ:ビームコート、スラスターモジュールget。
・武器:リープ・スラッシャー、ツイン・マグナライフルget。
・資金50000get。

|

« SRWOGsメモ(OG1:キョウスケ:第21話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:キョウスケ:第23話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWOGsメモ(OG1:キョウスケ:第22話):

« SRWOGsメモ(OG1:キョウスケ:第21話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:キョウスケ:第23話) »