« PERSONA3FES(アイギス編:力の路カイーナ) | Main | PS3値下げ新モデル・・・もう駄目カモ »

第3次SRWαメモ(クォヴレー:Special:1話)

OGsのOG1キョウスケ編終えたところで、最後に残してある第3次αのクォヴレー編Specialモード!(^o^)が猛烈にやりたくなったので、とりあえずOG2保留して第3次α復帰。
部隊名は毎度ながら"ロンド・ベルα"に変更。誕生日は例の11/11・B型。

●第1話:虚空からの転生
・アステロイドベルト宙域でラー・カイラムがクロスゲート出現とエクセリヲン帰還に遭遇。
・ゴラー・ゴレム隊のスペクトラ、キャリコにアインのパーソナル・データ書き換えを報告、火星経由にしたので追跡調査されても問題無し。キャリコ「懸念すべきはオリジネイターだ。欠番のヴェート、裏切り者とその同胞達・・・アインが彼らに出会えば気づかれる」ヴェートってのはヴィレッタのバルシェムとしての呼称。
・クロスゲート発見したラー・カイラムは、元火星基地の新人パイロット合流予定、一度イカロス基地へ向かう。すぐ近くにヴァルク・ベンで隠れてたアイン、ロンド・ベルα接触前に、突如出現したクロスゲートの調査任務を受諾。
・ゲートに高エネルギー反応発生、機体を引き寄せられたアインの前に姿を現したのは、半壊した漆黒の人型機動兵器!アイン「まさか、あの機体は行方不明のアスト・・・いや、そんなはずはない!あのマシンが・・・あの男が存在しているなどと!」と驚愕しつつ、ともかく残骸回収。ところが力場で覆った残骸から触手が伸びて絡み付き、ヴァルク・ベンに食いつき喰らい尽くす!(@_@;)
・残骸に喰われ融合して変化した機体の中では、かつてのアインが記憶喪失で名無し状態。戸惑うところへ突然メギロートが出現していきなり攻撃。思わず口をついて出た機体名「ベルグバウ」に戸惑いながらも、機体を操縦できる自分に気づき、「どうやら、俺は奴らの敵らしいな。ならば・・・倒す・・・!」と戦闘開始、BGMは懐かしい"TimeDiver"のアレンジ、"Another Timediver"。
・1PP南へ移動してメギロート攻撃。1EP反撃でメギロート全滅、続けて敵ヨエラの増援出現、一部反撃で撃墜。
・2PP、戦闘に気づきラー・カイラムが戻って来て、名無し主人公と通信。映像を見たブライト艦長「クォヴレー・・・クォヴレー・ゴードン少尉・・・!」と、配属予定の新人だと気づき驚愕。とりあえず援護して戦闘継続。
・2PP、ラー・カイラムの主砲とベルグバウのエメト・アッシャー交えて敵殲滅、戦闘終了、熟練度get。
・ラー・カイラムに収容されたベルグバウをアストナージが調査するもお手上げ状態、動力源は明らかにEOTながら、地球製と思しき部分もあって特定できず。(→そういやイングラムのアストラナガン自体、地球ベースの技術も流用してたんだよな・・・)
・クォヴレーは配属予定だった本人と確認され、監視も兼ねてラー・カイラムで一時療養。クォヴレー(ベルグバウ・・・俺は、あれに乗ってはいけないような気がする・・・)と独白。
・ラー・カイラムは予定通り地球圏へ帰還予定。

|

« PERSONA3FES(アイギス編:力の路カイーナ) | Main | PS3値下げ新モデル・・・もう駄目カモ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(クォヴレー:Special:1話):

« PERSONA3FES(アイギス編:力の路カイーナ) | Main | PS3値下げ新モデル・・・もう駄目カモ »