« DMC4その10:DMD:Mission5〜8 | Main | 第3次SRWαメモ(シナリオチャート追加) »

第3次SRWαメモ(クォヴレー:Special・難:最終話)

●最終話:今遥か遠い彼方・・・
・熟練度58で総ターン数354、久々に難しい方のエンディングへ。期待、補給等所有者を出撃20個小隊に詰め込み、各自1000PPぐらい残してたのを全て使い切り、余剰パーツ売却して改造。何時間かかったことやら・・・f(^^;
・展開はクスハ編と同様。
・どこからか伝わって来た霊帝の思念に、その正体を悟っているかのようなクォヴレー。12000年後の地球で力強く生きていこう、と皆が決意を固めた矢先、脅威の接近を感知する洸や竜馬達。クォヴレーも「アストラナガンのディス・レヴが反応している・・・」と死せる魂の集合を察知、「最も危険な存在が近づいている。来るぞ・・・。圧倒的な悪意を連れて・・・!」と警告。
・出現した黒い卵と無人と思しい機動兵器群相手に戦闘開始。クォヴレー、先入観は不要と明言避けつつ(あれが・・・真の・・・霊帝・・・)と独白。
・FireBomberが気力上げつつ、雑魚掃滅しながら戦線押し上げ、3PP雑魚掃滅。
・6PP、イルイ出現地点あたりに布陣してから黒卵撃破、クォヴレー「来るぞ・・・!霊帝が・・・真の霊帝が現れる・・・!」と警告。北東に真の霊帝ケイサル・エフェスと腰巾着×2、おまけ多数が出現。腰巾着その1がケイサルに瞬殺され、解説役引き継いで「運命の戦士」だの得々と語る孫光龍に、クォヴレー「お前は黙れ・・・」と冷たいツッコミ、アラドとゼオラが言い返す。更にクォヴレー「霊帝ケイサル・エフェス・・・お前の存在は許されない・・・全ての世界からお前を抹消する・・・」と宣言、その「使命」を察してかヴィレッタが息を呑む。
・6PP熱血手加減イデオンガン4連射で削り、手加減効かなかった孫光龍撃墜。レーツェル、ゼンガー、バランが口々に、光龍は強者におもねる弱虫だからナシム・ガンエデンに見限られた、と糾弾。最後まで負け惜しみ言いながら孫光龍爆死。
・6PP、覚醒と期待、SP回復パーツいくつか使い、ツインバスターライフル2連射&テレキネシスミサイルで、ズフィルードとヴァイクラン&ディバリウム掃滅。でも無限増援ですぐ補充されたり。orz
・8EP、3つの僕とケイサルが移動開始。2回行動のケイサル、1回目移動後の射程外に布陣しておいたので、ガンエデン登場位置に大分引きつけられた。
・9PP、HP減らしたケイサルとの戦闘時、「我の下へ来い」とクォヴレーを勧誘、「汝の持つディス・レヴは我の波動に近い。汝が我に降ればアカシック・レコードに匹敵する負の力が集う・・・」と因果律支配が可能となる事を告げ、「それ相応の安らぎ」をエサにする。クォヴレー「下らんな・・・」と冷たく一蹴、安らぎは自身で見つけると宣言。そんなものはないと恫喝するケイサルに、「そうか。・・・では、お前を消去して、それを探しにいこう」とクールに冷笑するクォヴレー、葛藤を越えて自立したその様子に喜ぶゼオラとアラド。
・10PP、十分引きつけたケイサルに総攻撃開始。最初の熱血イデオンガン、ゴルディオンクラッシャーでHP10万切ってGong!イベント発生。「おれ達も歌うぜ、ゼオラ!」とアラド&ゼオラも歌い出し、クォヴレーさえ「そうだ・・・。心のままにな」と微笑んで合唱。そして遂にイングラム・プリスケン降臨、SRXチームに後事を託し、クォヴレーにも「お前の中に俺の魂の一部が流れ込んだ・・・」と語りかける。「俺の全てはお前に託された・・・。もう会うことはないだろう・・・」とイングラム。クォヴレー「さよならだ・・・。もう一人の俺・・・イングラム・・・」と永遠の別れを告げる。(→あまりにアツい展開に思わず涙ぐんでたり。(T^T))
・イルイ=ガンエデンも駆けつけて戦闘再開。
・ケイサル戦闘時、クォヴレー「ケイサル・エフェス・・・お前の存在は許されない・・・」ケイサル「虚空の使者よ。汝・・・我を追ってきたか・・・」クォヴレー「俺はある男から存在する全ての世界を歪める悪意の塊・・・お前の存在を知らされた」ケイサル「並行世界の番人か・・・」クォヴレー「そして、俺はその男の使命を受け継いだ・・・愛すべき世界と愛すべき者達・・・その全てを俺の手で守るためにな!」ケイサル「そのために我を倒すと言うのか・・・?」クォヴレー「そう、それを果たすのも・・・この俺だ!!」(→自立したクォヴレー、カッコ良すぎ。*^-^* )
・10PP、装甲ダウンLv3&気力50台のケイサルを瀕死まで削ってから、イデオンガン連射で残敵掃滅。最後はクォヴレーが「テトラクテュス・グラマトン!いでよディス・レヴ!霊帝ケイサル・エフェス!この一撃で冥界へゆけぇっ!!」と愛魂のアイン・ソフ・オウルでとどめ。v(^-^
・コスモ達を放り出して勝手に動き出したイデオンと対峙するロンド・ベルα。クォヴレー「無限力・・・アカシック・レコード・・・!俺の生き方は俺が決める・・・!運命だろうと俺の行く手を阻むことは許さない!」と宣言。
・イデオンが無限力で元の時代の地球へ一行を転移させて全員無事生還、待ってた人々と再会。ところがクォヴレーのディス・アストラナガンは見当たらず。騒然とするゼオラ&アラドに、どこからともなく「心配は不要だ・・・」と聞こえた声はクォヴレー。「・・・すまない・・・。戻るには時間がかかりそうだ・・・いや・・・。もうお前達には会えないかもしれない・・・」と告げ、アラドに諦めるな!と叱咤されると「・・・そういうと思ったさ。だから、少しだけ待ってくれ。俺はいつかお前達のところへ帰る・・・。必ずな・・・」と再会を約してお別れ・・・(;_;)
・それぞれの新たな旅立ちの中、ゼオラ&アラドはアルマナ姫にご挨拶。アルマナ姫はクォヴレーが帰還したら側近としてスカウトしたいご意向。
・スピーチで盛り上がるオービットベースで、ロビーに独り佇むクォヴレー「俺も旅に出よう・・・。あの男から受け継いだ使命を果たすために・・・虚空の使者としてディス・アストラナガンと共に全ての並行世界を守るための戦いの旅に・・・また会おう・・・。アラド、ゼオラ・・・俺の愛すべき友たちよ・・・」(T^T)o

|

« DMC4その10:DMD:Mission5〜8 | Main | 第3次SRWαメモ(シナリオチャート追加) »

Comments

スーパーコピー - スーパーコピー
※お写真ではわかりにくい点が御座いまし
たらお気軽にお問い合わせくださいませ。
■実物写真、付属品を完備しております。
■迅速、確実にお客様の手元にお届け致します。
■低価格を提供すると共に、品質を絶対保証しております。
■商品の交換と返品ができます。
スーパーコピー時計 https://www.watcher007.com/wallet/menu-67.html

Posted by: スーパーコピー時計 | November 17, 2019 12:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3次SRWαメモ(クォヴレー:Special・難:最終話):

« DMC4その10:DMD:Mission5〜8 | Main | 第3次SRWαメモ(シナリオチャート追加) »