« MacOSXテキストエディタmi、やっとユニバーサルバイナリ化 | Main | Persona4(1周目:12月) »

スミ・ジョー&モスクワフィル「狂乱の場」

昨夜はサントリーホールで、スミ・ジョー(S)&モスクワ・フィルハーモニー交響楽団聴いてきた。
オケはユーリ・シモノフ指揮のモスクワ・フィルハーモニー交響楽団。
目当てはもちろん、カラヤンが「神からの贈り物」と評したスミ・ジョーのソプラノ。以前に「題名のない音楽会」だかに出演されてたスミ・ジョーさんのコロラトゥーラ聴いて以来、是非生で聴きたいと思ってたので、今回の公演行けてラッキー。(^-^
でも会場入ったら、平日の夜なせいか結構空席が目立つ。勿体ない・・・(-_-;

「狂乱の場〜恋に殉じる女性たち〜」と題したプログラムは以下。



  • ベッリーニ:歌劇「清教徒」


    • オーケストラ組曲

    • 狂乱の場:シェーナとアリア<私に希望を返してください・・・あなたの優しい声が>


  • ドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」


    • オーケストラ組曲

    • フィナーレ2:合唱とカヴァティーナ(アルトゥーロ)<限りなき喜びの叫びがわきおこり>

    • 狂乱の場:シェーナとアリア<あの方のお優しいお声が聞こえる・・・香炉はくゆり>


  • ベッリーニ:歌劇「夢遊病の女」


    • オーケストラ組曲

    • 狂乱の場:シェーナとアリア<ああ、もし私が一度でも・・・私は見ようとは思わなかった、お前がそのように早く萎れるのを・・・ああ、今私を満たす喜びは>


  • トマ:歌劇「ハムレット」


    • オーケストラ組曲:第4幕のバレエ<春の祭り>より

    • 村人たちの合唱<陽気な季節がここに>
    • 狂乱の場:オフェリのエール<皆さんのお仲間に入れてください>


    (アンコール)
  • フランツ・レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」より<ヴィリアの歌>

  • プッチーニ:歌劇「ジャンニスキッキ」より<私の愛しいお父さん>

  • ヨハン・シュトラウス:オペレッタ「こうもり」より<Mein Her Marquis>

直に聴くスミ・ジョーの美声はまさに圧巻。生身の人間の喉から出てるとは思えないような、正確で滑らかなソプラノが他を圧して響き渡る。特に前半、フルート・ソロとの掛け合いは音程を素早く正確に刻み、ややもするとフルートの方が付いてけないんじゃないかってくらい。f(^_^;

合間に入るオーケストラ組曲も、ユーリ・シモノフのメリハリのきいた軽快な指揮のおかげで、全曲とても楽しめた。この人、以前どっかで聴いた時には重厚で沈鬱で厳めしい指揮だったような気がするけど、曲によってこんなに雰囲気変えるんだろうか。手の使い方が素人目にもわかりやすく、まさにオケを自在に演奏してる感じ。(^-^

アンコールも覚えのある名曲ばかり。特に「こうもり」は夏に小澤征爾音楽塾で聴いたばかりなので、盛り上がる事しきり。v(^-^

ちなみにスミ・ジョーさん、衣装もなかなか物凄かった。
最初は大輪の花を無数にあしらった深紅のドレス。
次は黄金龍の刺繍モノを羽織って青一色で登場。
最後は青のイブニングドレスでシンプルかつゴージャス。
耳にも目にも良い保養となりました。(*^-^*)

L081113

オペラ程長くないので、終わった時間はそこそこ早かったんだけど、地元・吉祥寺に戻ったら結局10:30近かったので、遅くまでやってるオーガニックなエスニック飲み屋さんGiliへ。
お気に入りのガパオとタンドリーチキン、アサリの酒蒸し等いただきつつ、マンゴヤンラッシーとか嗜んで大満足。(^-^

|

« MacOSXテキストエディタmi、やっとユニバーサルバイナリ化 | Main | Persona4(1周目:12月) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72682/43098736

Listed below are links to weblogs that reference スミ・ジョー&モスクワフィル「狂乱の場」:

« MacOSXテキストエディタmi、やっとユニバーサルバイナリ化 | Main | Persona4(1周目:12月) »