« SRWZメモ(セツコ:4話) | Main | SRWZメモ(セツコ:6話) »

SRWZメモ(セツコ:5話)

●第5話:目覚めの日
・次はザンボットAか・・・重。orz
・駿河で勝平の祖父、兵左衛門はご先祖様の古文書発掘、変わり者と街で噂に。
・連合軍入間基地では投降した甲児達がコーディネイターと疑われ、憎悪剥き出しの連合軍により軟禁。が、地球外生命体調査を目的とする研究機関ブルーフィクサーの月影剛士長官、エラ・クィンシュタイン科学開発局長らが訪れ、デンゼル大尉が率直に情報共有。
・駿河湾で勝平が香月と喧嘩してると、メカブーストが出現して市街を攻撃。出動した連合軍MS部隊は瞬殺され、ブルーフィクサーのオリバー、雷太も為す術無く撤退。そこへ海中から神ファミリーのご先祖様の遺産、母艦ビアルI世が浮上して勝平を収容。「宇宙の何でも屋みたいな服」に着替えさせられ文句言う勝平、(→クラッシュジャケットですか?^^; )兵左衛門に強引にザンバードで出撃させられ、ザンボエースに変形して単身メカブーストと戦闘開始。操縦は兵左衛門が睡眠学習で覚えさせたらしい。(→お約束の「こんなこともあろうかと」ネ。f(^^; )
・ザンボエース戦闘時にオリバーと雷太の会話イベント。ゴッドシグマとダイターンはこっちの世界らしい。
・2EP敵全滅でイベント発生。メカブースト増援に数で押されて焦る勝平に、謎の人物が通信で「弱音を吐いちゃ駄目だ。気持ちで負けていたら、絶対に勝つことは出来ないからね」と激励、裏から軍に手を回してグローリー・スター一行を援軍に駆り出したっぽい。(→万丈さんカッコいい〜 *^-^* )
・3PP、ブルーフィクサー月影長官に事実を認めてもらえたグローリー・スター、勝平の苦戦をモニターし、立場の悪化を顧みず脱走&救援強行を決意。そこへ基地司令から正式に協力要請が出て問題なく出撃。東のザンボエース、北のグローリー・スター&グレンダイザー一行で戦闘再開。
・3PPで勝平を森に動かして攻撃させなかったら、4EP反撃で残敵、SRポイント取得できず。orz
・最初からやり直して、勝平は終始攻撃し続け、4EP反撃で敵全滅、SRポイントget、戦闘終了。
・基地司令が手のひら返してグローリー・スター一行が脱走扱いにされ、再び連合軍が投降命じて威嚇砲撃。ビアルI世に同乗してとりあえず離脱。
・万丈「・・・あれが彼の言っていた神ファミリーの遺産か・・・思わず助け舟を出したけれど、さて・・・彼らはどう動くかな・・・」
・宇宙ではバンドックに保護されたベガ大王とガンダル、共闘を約束するも、ブッチャーの物騒な言動にタジタジ。(→

|

« SRWZメモ(セツコ:4話) | Main | SRWZメモ(セツコ:6話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZメモ(セツコ:5話):

« SRWZメモ(セツコ:4話) | Main | SRWZメモ(セツコ:6話) »