« ガンダム無双2:オフィシャルモード:カミーユ(1) | Main | ガンダム無双2:オフィシャルモード:カミーユ(2) »

SRWZメモ(セツコ:23話)

●第23話:百鬼の挑戦状
・ゲイナー、ドミネイターに乗ってるとは知らぬまま、ゲーム仲間のシンシアとUN越しに会話。
・ガリア大陸を離れたZEUTHに、アナ姫が密航して強引に同行。
・甲児達は竜馬達から経緯ヒアリング。恐竜帝国との決戦でゲッターロボは敗北、武蔵が特攻で命と引き換えに恐竜帝国打倒。己の無力を痛感した鉄也は姿を消し、ゲッターチームには弁慶が参加。ブレイク・ザ・ワールド以後に早乙女研究所で新ゲッター完成。日本は地球連邦から独立宣言して鎖国、新たな敵として謎の百鬼帝国が暗躍。
・早乙女研究所では、超エネルギー施設の接収を目論む政府のネゴシエイターとしてロジャーが訪問、交渉決裂。無能呼ばわりされたロジャー、新日本政府からクビ宣言。
・強硬手段に訴えた新日本政府はMS部隊で早乙女研究所に攻撃開始。特訓と称して早乙女研究所に滞在中のディーバ、不幸トラウマ持ちの麗花をメインに据えたアクエリオンで迎撃に協力し、レディコマンドと共に戦闘開始。ディーバのリーナ、政府軍の兵士は既に人間ではないとコメント。
・気力60スタートで変形不可のアクエリオン、加速使って森に陣取り反撃。敵の攻撃は0%以外必ず当たるので、2PPド根性で回復し、3EP反撃で敵殲滅してイベント発生。まず北に広く散開して堕天翅出現。
・ロジャーに問い詰められた政府軍指揮官、いきなり現れたシュバルツに正体を暴かれ、実は百鬼帝国の独眼鬼と判明、力押しで早乙女研究所を制圧しようと東に手勢出撃。
・南にシュバルツ出現、「今から、お前に真実を・・・その大いなる一端を見せてやろう!」とロジャーに宣言、何故か堕天翅が怯えシュバルツの指示に従い、不動「・・・あの男、太極に踏み込んだか・・・」呼応してロジャーも出撃、「ビッグオー、ショータイムッ!!」。
・アポロとシリウスに説得された麗花「この不幸、とことん極めてみせる!」と開き直り、気力150で完全復活。
・3EP、シュバルツとロジャーが戦闘してイベント、ZEUTH本隊が南東に登場。
・4PP、ホランドや桂等、足の速い精鋭をビッグオー援護に急行させておき、主力は百鬼帝国削りながら北上。
・5PP、ミネルヴァのタンホイザーで百鬼帝国雑魚一掃、主力を西進させて堕天翅に。
・6PP、十分削った堕天翅達をアーガマのメガ粒子砲で一掃。
・7PP、サテライトキャノンチャージ完了。毎回微妙なタイミングで、なかなか撃つ機会がない・・・(-.- ;)
・7PP雑魚殲滅、最後に独眼鬼とビッグ・デュオ撃墜して戦闘終了。
・アイテム:ハイブリッドアーマー、堕天翅の翅get。
・負傷したボス達がボスボロットで駆けつけ、光子力研究所が制圧されたと告げて甲児愕然。光子力研究所奪還に向けて艦長会議開催。
・いつの間にかサンドマン合流、風見博士らが回収した政府軍兵士を調査して、百鬼帝国に改造された人間と判明。密かに日本政府を乗っ取りつつある百鬼帝国、人々を拉致して改造、操ってると推定。
・地球再生機構ディーバとアクエリオンもZEUTH合流、前世がどうとかの経緯説明。ロラン、ホワイトドールのデータに異世界の堕天翅について記録されていた事を密かにいぶかしむ。

|

« ガンダム無双2:オフィシャルモード:カミーユ(1) | Main | ガンダム無双2:オフィシャルモード:カミーユ(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZメモ(セツコ:23話):

« ガンダム無双2:オフィシャルモード:カミーユ(1) | Main | ガンダム無双2:オフィシャルモード:カミーユ(2) »