« SRWZメモ(セツコ:29話) | Main | SRWZメモ(セツコ:31話) »

SRWZメモ(セツコ:30話)

●第30話:罪の在処
・バザーでFAITHの証get。
・シン達がロドニアの研究施設を偵察。オーブ軍を迎え入れたファントムペインがその動きを捕捉。
・修理のためミネルヴァ寄港中、ロランとキエルは迷子のラクス様と遭遇、キエル(ディアナ)を狙うテテスが尾行中。
・ステラの友達になってくれた礼にと、スティングとアウルが画策、フォウとカミーユに短い逢瀬をセッティング。
・アスランはミリアリアの仲介でキラ達と再会。ザフト復帰をなじるカガリに、「戦場に出て、あんなことを言う前にオーブを連邦との同盟になんか参加させるべきじゃなかったんだ!」と言い返すアスラン、更にデュランダル議長の平和への意思を体現して戦うと宣言。キラ「本当にそう・・・?」と静かにツッコみ、デュランダル議長がラクスの偽物をプロパガンダに利用している事、本物のラクスがコーディネイター部隊に暗殺されかけた事を指摘、プラントへの不信を表明。
・「戦って・・・撃たれて失ったものはもう二度と戻らないから・・・」と呟きオーブを討たせたくないと言うキラに、焦れたアスラン「自分だけ解ったような綺麗事を言うな!お前の手だって、既に何人もの命を奪ってるんだぞ!」と非難。キラ「だからもう・・・ほんとに嫌なんだ、こんな事は・・・撃ちたくない・・・撃たせないで・・・」と沈痛な呟き。(T^T)
・グラディス艦長の密命でアスランを尾行してきたルナマリアとジョゼフ、同じくアスラン達を監視してるジャーナリストのフランと遭遇。
・テテスの爆発物によるキエル暗殺はロランにより失敗、駆けつけたバルトフェルドさんがラクスを保護。フォウと別れたカミーユ、アスランも駆けつけ合流。
・ロドニアの研究施設は人間を兵器として強化するエクステンデッド開発ラボと判明、戦闘の痕跡と子供の死体多数が発見され、被験体の反乱があったと推定。神ファミリーの兵左ェ門、勝平達3人に戦うための睡眠学習を施した自分達が本質的に変わらないと忸怩たる思いを抱くも、勝平独りまるで気づかず。(^^;
・風見博士らの調査中、ファントムペイン接近、キングビアル中心に迎撃。ロドニアのラボ出身のアウルがパニック、ネオが言いくるめて戦意を取り戻させ「あいつらは戦って勝つしかないんだ・・・。そのためなら、どんな手段でも俺は使う・・・」と宣言。フォウとカミーユもそれぞれに戦う決意を固め、西の防衛線死守して戦闘開始。
・両翼に壁作って雑魚足止め優先しつつ進軍、4PP雑魚殲滅。
・4PPアウル撃墜、刷り込まれた母親の幻想にすがりつつアウル戦死。
・4PP、ステラ健在のままフォウをカミーユで撃墜、SRポイントget、フォウポイントget、ステラポイントget、イベント発生。カミーユの必死の呼びかけで、フォウがサイコガンダムの呪縛から解放されたものの、戦いをやめるよう諭され逡巡。カミーユ「記憶は俺が一緒に探す!それとこれからの思い出を俺が一緒に作る!だから、フォウ!もう戦うのはやめろ!!」と絶叫。なお躊躇うフォウに、スティング&ステラが「行って新しい思い出を作れ」と後押し、カミーユの説得を受け入れて後退するフォウ。
・5PP、ステラをシンで撃墜、ステラポイントget。ステラはミネルヴァクルーが回収。
・5PP、最後にスティング撃墜、スティングは撤退。ユウナ率いるオーブ軍が北東に出現、ガルダ級で防衛線突破を図り戦闘継続。
・5EP、ババと戦闘してイベント発生。南にアークエンジェル出現、カガリ「オーブはこんな戦いをしてはいけない!」と停戦呼びかけるも、シン「そんな綺麗事をいつまでもっ!!」と攻撃。マリューさん、やむを得ずザフトと戦う決意を固め、戦闘再開。管制に入ったミリアリア、「エルスマンはどうした?」と聞かれて「フっちゃいました」とにこやかに即答。(^^;
・6PPガルダ級囲んで足止めしつつ雑魚狙い撃ち。
・6EP反撃でババ撃墜してイベント。往生際悪く戦おうとするババに、カガリ「討ってはならない!自身の敵ではないものを!オーブは討ってはならない!」と必死の呼びかけ。聞く耳持たないババ、文民統制下にある軍人の本分を絶叫しつつ、キングビアルに特攻。
・業を煮やしたアスラン、「討ちたくないと言いながら何だ、お前は!?」と八つ当たり気味にキラに肉迫。キラ「わかるけど・・・。君の言う事もわかるけど・・・!でも、カガリは・・・今、泣いているんだ!」と言い返し、「なら、僕は・・・君を討つ!」と本気出してアスラン瞬殺。脱出したアスランは母艦に回収。
・7PPバルトフェルド撃墜、イベント復活。
・8PPキラ撃墜してifルートポイントget、イベント復活。同じくアークエンジェル撃沈してifルートポイントget、イベント復活。
・8PP、最後にガルダ級落として戦闘終了。
・アイテム:メガブースター、チョバムアーマー×3、ソーラーパネル、戦技マニュアルget。
・見苦しく慌てて脱出を命じるオーブのユウナ代表だが、ウッダー大尉は軍人の誇りと意地にかけて拒絶、トダカ一佐も脱出拒否して「死しても守らねばならないものを売り渡した以上、命を懸けねばならんのです!」とユウナを叱咤。
・慌てて逃げ出すユウナを尻目にガルダ級はラボに特攻。そこへサイコガンダム再出現、フォウ「あのラボは・・・やらせない!もう二度と、あんな悲劇を繰り返させないために・・・!そして、アウル達の思い出を消させないためにも!」とガルダ級の前に立ちはだかる。急迫したシンがガルダ級ブリッジ潰してトダカ一佐戦死、カガリ絶叫。それでも止まらないガルダ級に、フォウ「さよなら、カミーユ・・・。最後にあなたとの思い出が出来てよかった・・・」と言い遺して特攻、MIA。(;_;)
・アークエンジェルは何も得られなかったと嘆きつつ速やかに撤退。兵左衛門「・・・使命に殉じるもの、信じるもののために道を進むもの・・・。そのためには手段も選ばず・・・か」と評し、源五郎「我々も同じでしょう・・・。神ファミリーもZEUTHも・・・」と慨嘆。
・ロランはじめZEUTHの一同、戦うものを無差別に攻撃するアークエンジェルを口々に非難。ジュリィは正義の相対性を指摘、ミヅキ「ああいう盲目的な理想主義者ってのは強いわ」と評し、互いの信念が譲れない以上、本気で戦うしかないと決意。
・自分達もエクステンデッドと同じく兵器として戦わされている、と言い争う勝平達に、カミーユ「自分の大切なもの、信じるもののために戦うのは人間しか出来ない事だ」と諭し、フォウのような悲劇を繰り返させないためにも自分は絶望せず戦うと決意表明。そんなカミーユを見てセツコ(・・・私には出来ない・・・。恐怖に押し潰されて・・・進めない・・・)と独白。そこへ現れたレーベン大尉、カイメラ指導者に会ってみないかとセツコを勧誘。

|

« SRWZメモ(セツコ:29話) | Main | SRWZメモ(セツコ:31話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZメモ(セツコ:30話):

« SRWZメモ(セツコ:29話) | Main | SRWZメモ(セツコ:31話) »