« TigerにClamXavインストール | Main | SRWZメモ(セツコ:39話) »

SRWZメモ(セツコ:38話)

●第38話:踊る悪夢
・ifルートポイントはここまでで2話:1、8話:1、16話:1、29話:2、34話:2、35話:1で合計8ポイント。とりあえず+2目標に進めて、駄目なら+1狙いSRポイントで調整する方針。
・雪原で対峙するZEUTH本隊と別働隊+アークエンジェル、どちらも相手を警戒して機動部隊出撃させにらみ合い。ジャミルが「ここは何も言わず、我々とアークエンジェルを通してもらいたい」と高圧的に要求、ホランドも「とぼけんなよ、ブライト。どうせお前ら・・・ザフトに命令されて俺達を潰す腹なんだろ?」と最初からケンカ腰、更に「俺達はもうお前らのことを仲間だなんて思っちゃいねえ。命令をホイホイ聞くだけの兵隊はお呼びじゃねえんだよ・・・!」と言い放つ。
・クワトロ大尉らがザフトの支援は受けているがあくまで自分たちの判断で戦ってきた、と言い返すと、自分達の意志で悪行をしてきたのか!と別働隊色めき立ち、マリン「奴らは俺達の・・・いや世界にとっての敵だ・・・!」ロジャー「一時は共に戦った君達がそこまで堕ちていたとはな・・・」デューク「君達は怒りや憎しみに任せてしてはいけないことをしてきた・・・。僕は・・・それを許せない」と口々に極悪非道扱い。(→何吹き込まれてるのやら。ランド編が楽しみ? ^^; )
・一方ZEUTH本隊側でも、グラディス艦長が議長命令に拘り、あくまでアークエンジェルの武装解除と投降を要求して平行線。双方とも思い込みで感情的な罵り合いになる中、マリューさん「・・・連邦か、プラントか・・・。今、二色になろうとしている世界に我々はただ邪魔な色かも知れません。ですが、だからこそ今、ここで消えるわけにはいかないのです」と冷静に第3勢力宣言。
・未だ戦いを躊躇うアスランをよそに、キラ「僕達は行くよ・・・。この世界を守るために・・・」と宣言、シン「!そうやって、あんたは綺麗事をぉぉぉぉぉぉっ!!」と激高してSEED発動、突出してキラと東に移動し一騎打ちに。
・双方気力あがった状態で戦闘開始。
・1PP、加速かけたシンを森の端あたりでセツコのバルゴラと直線上に置き、1EPシンを追ってきたキラも同一線上に並んで、ハイ・ストレイターレット射線確保。
・2PPイベント、ネオ・ロアノーク大佐として記憶を上書きされたムゥ・ラ・フラガ少佐、チラムの戦闘後にザ・ストームこと破嵐万丈に救出されてアークエンジェル捕虜に。マードック、マリューさんの気持ちを思いやって嘆息。ネオはムゥの記憶復活の予兆?
・2PP、分析かけたキラをシンとセツコ以外でHP8000程度まで削っておく。
・2PP、敵前線に適当に分析かけて、精神コマンド総動員して手当たり次第撃墜。最後にセツコの直感直撃MAX改造ハイ・ストレイターレットでシンとキラを同時撃墜、ifルートポイント2ポイントget、SRポイントget、イベント発生。
・シン「あんたが・・・あんたがいなければ、ステラは・・・ステラはぁぁぁぁっ!!」と私怨と逆恨み剥き出しで復活、キラも復活して海上に移動。シン「あんたがステラを殺したんだあぁぁぁぁぁっ!!」と追撃、エクスカリバー直撃でフリーダムは海中へ・・・(;_;)
・キラ救助に急行するアークエンジェルをミネルヴァ追撃、タンホイザー発射するもアークエンジェルは海中へ。
・続けてイベント、東に巨大戦闘機ダイファイターとギャプラン、チラム機が新連邦軍に追われながら登場、チラム機のオルソンが桂に呼びかけ、ZEUTH別働隊は撤退。ギャプランのパイロットは生き延びていたフォウ、「君に会いに来たよ、カミーユ」と呼びかけてカミーユ歓喜。別働隊とり逃がしたと悔しがる勝平を、ダイファイターのザ・ストームこと破嵐万丈が「彼らと戦う必要はない」と諌め、「世のため、人のため悪の野望を打ち砕くダイターン3!この日輪の輝きを恐れぬなら、かかってこい!」とカットイン付きで大見栄。(*^o^*
・東に出て来た新連邦軍相手に戦闘継続。
・4PP、残敵掃滅して戦闘終了。
・別働隊の悪びれない様子に戸惑うアムロらに、万丈「それは当然の反応だよ。彼らは天に恥じ入ることはしていない」とコメント、自分は双方のZEUTHの味方と言い切り「君達に全てを話そう。そう・・・この世界の闇に潜む恐ろしい敵についてね・・・」
・改めて名乗った破嵐万丈、グラディス艦長に目的を問われて「僕は悪を許さない。ただそれだけです」(^^;
・万丈、UN上でZEUTH本隊を貶めるローエングリンゲートの民間人無差別攻撃、市街地での異星人の非戦闘員虐殺、ロドニア研究施設でのザフトによる非道な捕虜人体実験の捏造記事を披露、別働隊共々互いに捏造記事で敵対させられたと明かす。カミーユ、自分達に関する捏造記事が自分達には見えなかったことを内心訝しむ。情報操作の真犯人は不明のまま、ともかく別働隊と合流すべく動き出すZEUTH本隊。

|

« TigerにClamXavインストール | Main | SRWZメモ(セツコ:39話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZメモ(セツコ:38話):

« TigerにClamXavインストール | Main | SRWZメモ(セツコ:39話) »