« SRWZメモ(セツコ:38話) | Main | 新mac miniでまたTimeMachineトラブル »

SRWZメモ(セツコ:39話)

●第39話:レイズ・ザ・フラッグ
・格納庫でシミュレータ訓練中のセツコ、気持ちの整理がつかないシンと会って互いに思いやる言葉をかけあい、キャンディをもらってほのぼの、でも味覚喪失は進行中・・・(-_-;
・デューイ指揮下のアゲハ隊、コーラリアンの中心核およびこの世界の境界位置を探りながら作戦遂行中。
・デューイ、これまで隠蔽されて来た市街地へのコーラリアン来襲をUNで公表、対抗しうる力としてアネモネ率いるアゲハ隊を紹介し、アゲハ構想は約束の地を救った英雄アドロックの遺産と告げる。
・偵察中のアポリー中尉が市街地近くの爆撃を発見、本隊出動。次元境界線の歪んだ謎の雲から大量のコーラリアンが転移出現、後方の街を守るべく戦闘開始。
・3PP、東にアゲハ隊登場、ブライト艦長の呼びかけにユルゲンス艦長が応え、コーラリアン相手に一時共闘。
・3PP、敵減らして増援出現。アゲハ隊は足止めさえできない役立たずなので、東側突破した敵を母艦+アムロ小隊で追撃。orz
・4EP、ドミニク(デューイ大佐の指揮する例の作戦で抗体が、この世界に現れた・・・)と独白、犠牲を生むこの方法以外にないのか?と思い悩む。
・5PP、敵75機撃墜で戦闘終了、SRポイントget。コーラリアンは勝手に爆発して全滅、次元境界線の歪みが発生して総員撤退、雲消滅。
・風見博士、最優先とコーラリアンのデータを要求、ジュリィにも手伝わせず独りで時空崩壊研究中。
・ジブラルタルのザフト基地で、デュランダル議長が謎の仮面男と密談中。仮面男、デューイ・ノヴァク大佐がオレンジと呼ぶ小型の時空振動弾で壁の向こうのコーラリアンを刺激したこと、地球連邦の時空制御技術は自分が供与したことを議長に告げる。そもそも議長に平行世界の存在とその境界のねじれを教えたのが仮面男で、見返りにプラント技術が生み出したニュートロンスタンピーダーを入手したらしい。「もうすぐ全てはうまくいきます」と言う仮面男、議長に呼び名を問われて、「・・・救世の戦士・・・太極への旅人・・・法の守護騎士・・・因果律の番人・・・呪われし放浪者・・・。何でもかまいませんが・・・そうですね・・・。黒のカリスマとでも呼んでもらいましょうか」(→ルルーシュかと思っちゃった・・・orz)

|

« SRWZメモ(セツコ:38話) | Main | 新mac miniでまたTimeMachineトラブル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZメモ(セツコ:39話):

« SRWZメモ(セツコ:38話) | Main | 新mac miniでまたTimeMachineトラブル »