« Ubuntu9.04解像度変更 | Main | PS3復活 »

Fedora11@VirtualBoxにパッケージ追加

ここ参考に、とりあえず必要そうなパッケージを追加。

●非公式リポジトリ
LivnaとかがRPM Fusionに統合されたらしい。

rpm -Uvh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm

直後に一度yum -y updateかけておく。

●Flash
Adobeからyum用rpm落としてインストールし、yum install flash-plugin。

●動画系
yum install gstreamer-ffmpeg gstreamer-plugins-bad gstreamer-plugins-ugly

で一通り入るはず。

●nautilus補完
まず

yum -y install nautilus-open-terminal

あとUbuntuのgksuにあたるbeesuというのがあるらしいので入れてみた。
参考:Fedora11のGUIを管理者権限で操作する方法

yum install beesu nautilus-beesu-manager

コマンドラインから普段のログインアカウントでnautilus-beesu-manager実行、open with Geditとかチェックして終了。
nautilusにスクリプトが登録され、コンテキストメニューからスクリプト→beesuで選択可能に。

●ClamAV
GUIフロントエンドのclamtkを追加。
初回起動時、定義ファイルスコープをSystemWide選択。
エンジンが古いとウォーニング出るのはまぁ仕方ないか・・・

|

« Ubuntu9.04解像度変更 | Main | PS3復活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72682/46192381

Listed below are links to weblogs that reference Fedora11@VirtualBoxにパッケージ追加:

« Ubuntu9.04解像度変更 | Main | PS3復活 »