« SRWZメモ(セツコ:ifルート:56話) | Main | SRWZメモ(セツコ:ifルート:58話) »

SRWZメモ(セツコ:ifルート:57話)

●第57話:終末の光
・シロッコが討たれて居場所を失い投降したレコアとサラ、どうせ戦うなら意味のある事がしたい、とZEUTHへの協力を申し出、クワトロ、カミーユ、カツらが受け入れ。
・レイもシンと再会、お前達が示してくれた明日を共に守ろうと仲間に。マユが遺した携帯をとっておいたとシンに手渡す。
・コーラリアン覚醒の兆候としてエウレカの肉体に変化が現れたものの、レントンと子供達は全肯定。
・銀河号のデューイ、歪められた真実を明かしたアドロックの遺志を継ぐ者と自称し、銀河号は後方へ後退、残った部隊がメサイア落しを制止しようとするZEUTHと戦闘開始。
・1PP、前線遠いので全小隊を母艦に搭載して前進。
・2PPイベント発生、デューイの狙ったメサイア落下地点が南極と判明。まず北西に詩翅率いる堕天翅が出現、南極のアトランディアを汚させないと宣言し、1億2千年前に大いなる力がアトランディアを無限の牢獄と化し、次元の狭間のコーラリアン覚醒で生じた綻びにより堕天翅が解放されたと明かす。
・続けて南東に、フロスト兄弟と意気投合したギンガナム艦隊出現、戦闘再開。
・部隊ほぼ均等に2分しつつ、心持ち北よりに前進、かく乱かけながらギンガナム艦隊を引きつける。
・3PP、毎ターン必中のギンガナムが厄介なので、脱力・分析かけ、百式、ゴッドシグマ、キングゲイナー、ジャスティスと集中攻撃でたたみかけて撃墜。ギンガナム、人は戦いを捨てられないから世界を滅ぼして闘争の新世界作るとか言い放ち単身地球へ降下。
・3PP、ツグミとジュンのSP使い切り、詩翅に分析かけて再攻撃連打、アクエリオンで撃墜してイベント発生。過去生の記憶を取り戻すため往生際悪くシルヴィアに寝返り促す詩翅だが、不動司令の一喝で隠れて見てた音翅と頭翅が出現、呼応してアポロとシルヴィアがそれぞれ過去生のアポロニアスとセリアンの意識に切り替わる。
・音翅、1億2千年前に世界を滅ぼした罪の意識故、セリアンの魂は光と闇に二分され、それぞれシルヴィアとシリウス=詩翅に転生したと説明。自分が太陽の翼ではなかったのかと愕然とする詩翅を、頭翅が嘲笑、太陽の翼とはアポロニアスが人類側に寝返り新たな姿となった神話的複合生命体アクエリオンに他ならないと明かす。太陽の翼の大いなる力と美しい光がアトランディアを滅ぼし、死と新生の無限の牢獄に捕われた堕天翅は幾度も記憶を奪われ戦いを繰り返してきた。
・アクエリオンに詩翅を討たせて復讐しようとした頭翅、せめてセリアンの魂の半分を失う痛みを与えると言って詩翅を攻撃、アポロ達が割って入って阻止し、ZEUTH一同が口々に仲間だからと詩翅を説得。人として頭翅を討つ決意を固めたシリウスに、シルヴィアとアポロが合流、「創聖合体!GO!アクエリオンッ!!」で気力200、SP全回復。更にピエールと麗花にリーナが合流して強攻型アクエリオン合体、気力150、SP全回復。いずれも精神コマンド効果は継承、個別小隊で行動可能に。ジュンとツグミは後方援護に回って戦闘再開。
・3PP、セブンスウェルで連邦軍、堕天翅を巻き込みつつ頭翅と音翅とアネモネを削り、アクエリオンでたたみかけて頭翅撃破。頭翅は生命の樹を受胎させて時空修復すると言って撤退。
・3PP、ピエールら残存戦力で音翅を削り、グラヴィオンが迅速・狙撃かけて突撃、ギリギリ届いて音翅撃墜、ENDポイントget。
・4PP、分析かけてニルヴァーシュtheEnd撃墜、アネモネはどこかへ撤退。
・4PP、分析かけてツィーネ撃墜。ツィーネ、スフィアが時空崩壊の予兆を教えてくれてるだろうとセツコを嘲笑して撤退。
・4PP、キラのスーパードラグーンに巻き込んでメリーベル撃墜、どうやら戦死?
・4PP、分析と装甲ダウンから集中攻撃してオルバ撃墜。
・5PP、スエッソン撃墜、戦死。
・5PP、シャギア撃墜してイベント発生。往生際悪くGビット持ち出して粘るフロスト兄弟、自分達の苦しみがわかるか!とガロードに食ってかかるものの、ガロード「わかってたまるかあっ!!」と一蹴。そこへティファが「これは・・・あの人の最期の・・・」と何か感知して警告。
・落下しつつあるメサイアから最後のネオ・ジェネシス発射、Gビット諸共フロスト兄弟を掃滅。ティファ「あの人の心が聞こえました・・・。運命に打ち勝てと・・・」
・オラトリオ付近に銀河号で現れたデューイ、王を僭称して勝ち誇るものの、ゲイン「そういう勝ち誇った台詞は男の価値を下げるぜ、裸の王様・・・!」と揶揄。3分後のオラトリオ発射阻止のため戦闘再開。
・5PP、残りの雑魚落としてから、銀河号にかく乱、分析、温存してた脱力と覚醒を総動員して集中攻撃、瞬殺して戦闘終了。
・アイテム:睡眠学習装置、鋼の魂、堕天翅の羽、ハイパージャマー、ドンキーのパン、バリアフィールド、勇者の印get。
・しつこく復活する銀河号に、業を煮やしたホランドが303で強行突破して単身侵入。ブリッジでアゲハ隊の少年達をさがらせサシで対峙するデューイ、少年達は戦争で祖国を失い存在を否定された人間の暗部の落し子と紹介し、ブレイク・ザ・ワールドを経てさえ変わらなかった旧秩序の全てを破壊した後に少年達こそが新秩序の礎となる、と思いを明かす。
・更に贖罪で人の尊厳を守ると言い張るデューイ、自分の身体に埋め込んだコンパク・ドライヴが自身の死と連動して最後の指示を与えると明かし、銃弾に倒れる。ホランド「・・・気づくのが遅すぎた・・・兄さんを・・・救ってやれなかった・・・。何もかも・・・手遅れだったんだ・・・」と呆然。
・発射されたマイクロウェーブに直撃されたメサイアは南極に落下。デューイの指示通り独り南極にやってきたアネモネ、生き延びたら笑顔を練習して、人を傷つけず生きられたら・・・と黙考。そこへエウレカ&レントンがやってきて想いはきっと伝わると激励。そして単身銀河号を降りて駆けつけたドミニクがアネモネと涙の再会。
・落下したメサイアにより堕天翅達のアトランディアは大被害、ただしコーラリアンが次元を歪めて他への被害は防いだらしい。
・太陽の翼の響きにより受胎する生命の樹に、堕天翅達が次々合一。そこへ「ターンXが言っている!堕天翅共を滅ぼせとな!」とギンガナム乱入、生命の樹を攻撃して「勝手な世界創りなど、小生が認めぬわ!」と哄笑。
・駆けつけた∀がターンXと一騎打ち、互いの月光蝶が暴走して生命の樹を蹂躙。更に頭翅、生命の樹の受粉が不完全だったと愕然、生命の樹が枯れれば星の内なる力が吹き出し、次元の狭間からコーラリアンが無秩序に出現すると明かす。
・更にカミーユとアムロがスカブコーラルの中に無数の人の意思を感知し、最大級の時空崩壊開始。巻き込まれたターンXでギンガナム哄笑しながら爆死。
・エウレカとアネモネの首輪が外れ、エウレカ独りで歩み出て「・・・私、約束・・・守れない・・・。ごめんね、レントン・・・」と一緒に居られないことを詫び、世界も皆も守ると誓って姿を消す。そしてZEUTHも混沌の中に消失。
・狂乱する大地が静まった後、ドミニクがアゲハ構想の極秘ファイル解読、デューイの死をトリガーとしてアネモネとエウレカが代理司令クラスターとなるプログラムが解放されたと明かす。核を破壊した後、エウレカが代理司令クラスターとしてスカブコーラルと一体化することでコーラリアンは鎮静、更にエウレカに仕込まれたウィルスにより全コーラリアン死滅というのがデューイの描いたシナリオ。それを聞いたアネモネ、コーラリアンの内には全ての世界から救った多くの人が眠っているのに、と愕然。

|

« SRWZメモ(セツコ:ifルート:56話) | Main | SRWZメモ(セツコ:ifルート:58話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZメモ(セツコ:ifルート:57話):

« SRWZメモ(セツコ:ifルート:56話) | Main | SRWZメモ(セツコ:ifルート:58話) »