« SRWZメモ(セツコ:ifルート:59話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第1話) »

SRWZメモ(セツコ:ifルート:最終話)

●最終話:私の未来、みんなの未来
・資金、PP、BSとも使い切って最後の小隊編成。・・・半端な資金とPPは後半戦開始時まで温存すべきだったか?(-_-;
・ノックス市街地で惑乱し言い争う人々を、ティターンズ兵が威圧。そこへリリが「あなた方は、本当にそれでいいと思っていらっしゃるのですか?」と穏やかに説得、蒙を啓かれ多元世界の一員としての自覚を促されるティターンズ兵達。
・人を動かすリリの器に感心するグエン、黒歴史なしでも自分は世界を導いてみせると強気発言、リリに上から目線を嗜められつつ、ZEUTHの戦いの行く末を想う。
・ホランドにからかわれたクワトロ大尉、市民を煽った責任は最後までとる、と表舞台に立ち続ける決意を表明。
・ジエー博士、自分の裏切りに激怒した「完璧超人」ことエーデル准将が「空前絶後、絶対無敵の超絶ロボ」ことレムレースでお仕置きに来てくれると陶然、個人的な欲望に執着する様子にハマーン様辟易。f(^^;
・万丈に戦士としての自立をほめられた勝平、自分はみんなを照らす太陽ではなく「いいとこ月明かり」程度と照れ隠し。万丈「だけど、月の光は闇夜を照らす」と激励、共に戦う決意を新たに。
・大介とマリア、マリンらは時空修復を成功させてそれぞれの母星復興に力を尽くす決意表明、仲間たちも口々に協力を約束。
・司令クラスターとなったエウレカに唯一接触可能なレントン、ティファ&ガロードに激励され、自分とエウレカも二人のように絆を深めていこうと決意。
・ZEUTH一同、それぞれに戦いを越えて明日に向かう決意を固める。レイも(ギル・・・俺も戦うよ。俺の命を意味のあるものにするために・・・)と独白。
・竜馬、平行世界の異なる自分の接近を感じ取り、密かに困惑。
・セツコ、スフィアに浸食され視力を失いかけていながら、ツィーネと共にそれぞれの目的のため力を尽くすと誓う。
・レムレースを駆って現れたエーデル准将、世界の正当なる統治者を自称し、既に包囲したとZEUTHに降伏勧告。世界を統べる具体的な方策を問うZEUTHに「法と秩序」を機械的に繰り返し、最後は鬼相に豹変してジエー博士を狙撃、居丈高に恫喝して前半戦開始。
・2PPイベント発生。東にアサキム出現、運命を歪められた復讐を時空修復に見いだしたかとツィーネに問いかけ、ツィーネ「あの方も、それを許してくれたから・・・」と怪しい回答。(→ジ・エーデルとつながってたのね、ツィーネは。)
・アサキム、続けてセツコに「さあ、セツコ・・・僕達の戦い・・・聖戦を始めよう」と呼びかけ、ZEUTH一同はセツコを励ましつつ協力を約束。アサキム「諦めは自由を捨てる・・・・。君の言葉は僕の魂に響いたよ」とセツコに礼を言い、「そして、僕は君を消滅させ、『鍵』を手に入れる。真の自由を手に入れるためにね」と宣言。セツコ「私はあなたを絶対に許しません!このバルゴラで・・・グローリー・スターの誇りであなたを必ず倒します!!」と宣告して戦闘再開。
・2PP、分析かけたアサキムを集中攻撃で撃墜。セツコに敗北を認めたアサキム、「だが、君の復讐は終わらない・・・。今の僕は死ぬ事が出来ないから」と告げ、更に「僕の魂を解放するために・・・僕が失ったものを求めて・・・この世界に別れを告げよう・・・」と言い残して爆散。ツィーネ「アサキム・・・。呪われし無限の放浪者・・・あなたは、その魂を解放するために永遠に戦い続ける・・・」と悼み、セツコはグローリースターの誇りにかけて屈しないと改めて誓う。
・2PP、覚醒とか使いつつ雑魚掃滅、分析かけたエーデルに集中攻撃。危うく地形に隠れて見えない雑魚を見逃すところだった・・・(-_-;
・2PPエーデル削ってイベント発生。東からチラム軍残党ヘンリー中尉が出現、桂への復讐のためグローマを急襲。損傷したグローマを守るべく、大尉「小僧が!ワシの最期の相手には物足りんが、仕方ない!」と艦上へ出て迎撃。桂「よせ・・・やめろ、大尉!!」と叫ぶも、大尉「達者でな、みんな!」と残されたわずかなエネルギーを振り絞ってヘンリー撃墜。更に墜落間近のグローマとミムジィをモームが守ると宣言。
・ヘンリーのように逆恨みする愚民共に自由など呪い同様、餌を与えて飼いならすのみ、と鬼相で吠えるエーデル。そこへユルゲンスやドミニク、アネモネらが援軍として駆けつけ、新連邦軍の半分以上がエーデル指揮下を離脱してZEUTHに付いたと告げる。更に各勢力が続々とZEUTHに同調、アスハム「悪あがきは、そこまでだ!」と声付きで登場し、アスハムに雇われたホーラやグレタらも周辺戦域で協力。セツコ「わかりますか、エーデル准将!未来は、この世界に生きる全ての人達のものなんです!」とエーデルを糾弾。
・月光号で出番待ちのレントン、おめかししてエウレカを迎えるべく出撃決意、口々に止めるゲッコーステイトの面々に絶対負けないと宣言。先に宇宙に出てエウレカを攻撃してやると息巻くエーデルの前に、単騎出撃したレントンが立ちはだかり、「力を貸してくれ、ニルヴァーシュ!俺は悲しい結末は嫌だ!俺の隣にはエウレカが必要なんだ!」とニルヴァーシュに必死の呼びかけ。そしてアミタドライブが輝いたかと思うとニルヴァーシュがspec3に進化、レントン「アーイ・キャーン・フラァァァァァイ!!」と雄叫び上げて戦闘再開。
・2PP、エーデル撃墜して前半戦終了。ZEUTHはいよいよエウレカ解放のため宇宙へ。地上に残ったアネモネ、ドミニクと想いを確かめ合い、祝福するかのようにtheENDが漆黒から純白に変色。(*^-^*)
・宇宙へ向かうグローマ艦内で、破損したエネルギーバイパスを自らの身で代替したモーム、エネルギー使い果たして瀕死、大尉同様失われたムゥのロボットであるためエネルギー補給できず。モーム、涙する桂にミムジィの懐妊を告げて祝福。そこへ同じく瀕死の大尉が奇蹟の帰還、看護ロボットのモームこそ桂&ミムジィ&赤子の役に立つ、と言って、自分の最後のエネルギーをモームに移すよう指示し、桂達に別れを告げる。(;_;)
・軌道エレベーター上空で、愛するレントン達を守るため独り司令クラスターと化しつつあるエウレカ、純粋に(会いたいよ・・・)と願う。
・エウレカが待つ核を目指すレントン、エウレカが待ってると気合い入れ、迎え撃つ抗体コーラリアンの大群と後半戦開始。
・MAP兵器総動員して3PPコーラリアン全滅。
・西側に迎撃布陣を敷いて、5PPレントン目的地到達、イベント発生。核に飛び込みエウレカと再会したレントン、時空修復失敗を恐れ司令クラスターとして独り留まると言い張るエウレカに「君を一人ぼっちになんかさせないよ」と共に留まる決意を告げる。すると覚醒したニルヴァーシュの意識が「あなた達の想いは、全て私のコンパクに刻まれた・・・。これでやっとサトリを開く事が出来る」と二人に語りかけ、「生きなさい、この星で」と共に帰還して希望という名の光を示すよう促す。
・無限に湧いて出る抗体コーラリアンに手を焼くZEUTHの前に、突然エーデルのレムレースが往生際悪く出現して抗体コーラリアンを一掃、しつこく法と秩序と粛正云々を連呼。うんざりしたアポロが「同じ事ばかり繰り返しやがって、お前は壊れた人形かよ!」と口にすると、「その通りですよ」と答えながら黒のカリスマが同じくレムレースに乗って出現。出現位置は北西角を(N,E)=(0,0)として(15,4)。
・仮面をとった黒のカリスマ、「・・・救世の戦士・・・太極への旅人・・・法の守護騎士・・・因果律の番人・・・呪われし放浪者・・・そう・・・ボクこそが全て!その名もジ・エーデル・ベルナルだよ!」と軽い口調で正体を明かし、搭乗機体もレムレースの完成形たるカオス・レムレースに変化。
・驚くエーデル准将を「アイラビュ〜」のバインドスペルで意のままに操って見せるジ・エーデル、ジエー博士も自分であり、源理の力たる次元力で並行世界の自分を集約したり姿を変えたりは容易と説明。更にエーデル准将は自分が造った人造人間だとジ・エーデルが明かし、己の意思で無かったために将来のヴィジョン等が空虚だったかとZEUTH一同納得。
・自分が作り物でしかなかったと知らされたエーデル准将、ジ・エーデルの悪ふざけで盆踊りとかやらされ、屈辱に絶叫しつつジ・エーデルに挑んで瞬殺爆死。エーデル准将を操ったのもZEUTHを同士討ちさせたのも単に面白いから、と言い放つジ・エーデル、世界支配など面倒だから興味ない、何でもありのカオスな多元世界を楽しむだけと明かし、セツコのバルゴラをパワーアップした際にスフィアをいじれたのでカオス・レムレースも完成したと告げる。セツコ「私達のバルゴラが・・・こんな男の遊びに使われた・・・」と静かに激怒。
・時空修復されると面白くなくなるから阻む、クダンの限界は困るからエウレカには司令クラスターになってもらう、何兆人死のうが苦しもうが知った事か、と我が儘振り回すジ・エーデルにZEUTH一同呆然。
・ジ・エーデル「幻滅したかい、ツィーネ?君を過去の呪縛から解き放つ王子様はとんだ下司野郎なんだよ」とツィーネを嘲笑、太極を服従させるためツィーネを貼り付かせたアサキムにツィーネが魅かれていた事等もあげつらって嘲笑う。更にUN上で暗躍した「黒のカリスマ」は自分だけでなく、一般大衆の模倣犯も多数いたことを明かし、誰も望んでないZEUTHの戦いを無意味な偽善と嘲笑。
・衝撃を受けて黙り込むセツコや勝平をよそに平然と「・・・全く以て、その通りだ」と受け流す万丈やクワトロ大尉、そしてキラの「だけど、僕は・・・僕達は!そんなものは認めない!」との叫びを皮切りにシンやジロンが同調。そして核から復帰したレントン&エウレカ&ニルヴァーシュ、大事な人と世界を守る自由を選んだと宣言。ティファ「今、蝶は未来に羽ばたく・・・」と呟き、予知夢でみた未来に羽ばたく蝶はニルヴァーシュspec3と判明。
・誰のためでもなく自分達の信じる世界を実現するため戦うと宣言したZEUTH一同、大特異点へ通じる空間を歪めているカオス・レムレースを撃破しジ・エーデルを「ぶん殴る」べく、戦闘再開。ジ・エーデルは次元力でカイメラ無人機を召喚。
・5PP、かく乱、分析、脱力かけてから、まず覚醒持ち中心にジ・エーデル集中攻撃開始。
・5PP、ジ・エーデルHP20000程度まで削ってから、ツインサテライトキャノン、スーパー・ドラグーン等連打して雑魚稼ぎ。
・5PP、雑魚1小隊だけ残し、ジ・エーデルに畳み掛けてとどめさし戦闘終了、イベント発生。セツコ「消えなさい、ジ・エーデル!私達はあなたの存在を許さない!!」と総攻撃でジ・エーデル撃退。
・次元境界線が揺らいで時空崩壊開始、レントン達が司令クラスターとなってくいとめると核へ突進。それを阻むように頭翅が出現、太陽の翼の真の覚醒を見るためとアクエリオンを攻撃、分離させ、シルヴィアの代わりに自分が合体しようと試みる。
・積年の怒り故に頭翅を拒むシリウスだが、アポロは堕天翅も含む合体で初めて太陽の翼アポロニアスが完全に覚醒すると悟る。ニルヴァーシュ「交わらないはずの二つの心・・・。それが交わった時・・・何かが起こる・・・」と示唆。更に不動司令が双翅と共に現れ、異なる二者の出会いから暖かい絆が生まれる事を説く。感応したシルヴィアが無限の世界が生まれ無限の世界から仲間たちが集った奇蹟を説き、「唱えよ、創聖合体!」と促してアポロ、シリウス、頭翅の創聖合体によりアクエリオン覚醒。アクエリオンがレントンらと共に真の太陽の翼の力で次元をつなぎ止める間に、ZEUTH本隊は大特異点へ。
・スカブコーラルでレントンと再び会うダイアン、スカブコーラルで生きる人々の半分は多元世界に残って肉体を再び獲得、残り半分もいつか出会えるかも・・・と語り、サクヤ、アドロックらと共にレントン達への別れを告げる。
・地球周回軌道上に現れた大特異点はユニウスセブンの残骸。時空修復のため近づくZEUTH本隊の前に、再びジ・エーデル出現、大特異点を破壊しようと接近。その前に「そうはさせない!」と立ちはだかるセツコ、「スフィア!私の命を吸いなさい!!」と呼びかけ、次元力を制御するスフィアを介してカオス・レムレースに干渉。流石に焦り、スフィアに喰われるぞと脅すジ・エーデルに、セツコ「私は・・・もう・・・未来なんて・・・ないから・・・」と呟き、口々に励ます仲間達に「ありがとう・・・。でも・・・急いで・・・」と時空修復を促す。「ボク以外の世界なんて認めてたまるか!!」と見苦しくあがくジ・エーデルにセツコ「・・・ならば、あなたは私が連れて行く。誰にも手を出せない遠くへ・・・!」と宣告。
・桂とオルソンが人々の想いを負って大特異点に突入、セツコ「私の願う未来・・・それは・・・」
・地球全土から意思の光が集まって時空修復決行。
・ウルグスクのピープルとして生きるゲイナー達、運び屋稼業に戻るジロンらとお別れ。ゲインは黙って姿を消したらしい。
・ロランは役目を終えた∀をビシニティに再び埋める。ジャミル艦長とサラは新地球連邦政府に参画、ガロードはティファと共にフリーデンを継承。月にはキエルとハリー大尉が赴き、ディアナ女王は地球に残り、ムーンレイスの平和的な地球帰還の方策を検討。
・桂とオルソンはグローマで交易生活。
・ディーバ・エレメントスクールでアポロたちの帰還を待ちわびるシルヴィア達の前に、突然不動司令と共にアポロ、シリウスが帰還して喜びの再会。
・ロジャーはドロシー、エンジェルと共にパラダイムシティでネゴシエイター稼業。
・ベルフォレストの大塔では、アクセル爺ちゃんと共にレントン達の帰還を待つモーリス、メーテル、リンクの前に、レントン&エウレカが帰還。
・マリンとアフロディアは、闘志也らゴッドシグマチームの協力を得て、S-1星人の移住先を探す旅に。オリバーと雷太は協力を申し出るものの、次元境界線観測任務のため地球に残留。
・駿河湾では、勝平が再び香月らと仲良く喧嘩、目覚めたアキも健在で、見守るグランナイツの面々と共に取り戻した平和を謳歌。万丈は独り火星へ旅立ったらしい。
・オーブ連合首長国で慰霊碑の前に佇むラクス様、キラと共にプラントへ帰還し表舞台に立つ決意。カガリはオーブで責任を果たし、シンとレイはラクス様を支えるべくプラントへ。
・光子力研究所では大介、マリア、ひかるがフリード星へと旅立ち、甲児らとしばしの別れ。
・月のルテチウム基地では、アムロ、カミーユらが連邦軍参入準備。クワトロ大尉は政界進出。
・多元世界に取り残されたトビーとデンゼルの前に、視力を取り戻したセツコが現れてチーム結成を提案、「その名はグローリースターです」(^-^

|

« SRWZメモ(セツコ:ifルート:59話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第1話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZメモ(セツコ:ifルート:最終話):

« SRWZメモ(セツコ:ifルート:59話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第1話) »