« SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第38話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第39話) »

VirtualBox3.1.2でマウス統合が何故か無効に

相変わらず「仮想マシンの状態を保存」しても再起動後に再開できないVirtualBox3.1.2、今度は何故かいきなりマウス統合が効かなくなった。orz
ゲストOSのFedora11で、昨夜まで普通にマウス統合できてたのに、今朝立ち上げたらマウス統合効かず。VirtualBoxメニューの「マウス統合を無効化」はグレーアウトで選択不可。(-_-;
おまけにFedora11からシャットダウンかけたら、ウィンドウ閉じる前にVirtualBoxの方で「仮想マシンの状態を保存」等の選択ウィンドウが出た。普段こんな動作してないのに・・・?
ちなみにもう一方のゲストOSであるUbuntu8LTSは問題無し。

とりあえずFedora11ゲストに再度GuestAdditions入れ直してみる。
再起動すると状況悪化、Fedora11ログイン画面(GUI)でマウスもキーボードも反応せず。orz

とりあえずVirtualBoxメニューからAdditionsインストールを指定。
VirtualBoxからリセットでFedora再起動して、Fn12キーとかでGRUB画面表示。
デフォルト起動をeで編集、kernel末尾にrunlevel指定の" 3"を臨時追加して、bで起動。
CUIでログインしてsuし

mount /dev/cdrom /media

でisoマウント、GuestAdditionsインストールスクリプト実行。

で、再起動したら治った。(^-^;
良かった良かった・・・とりあえずスナップショット。(-_-;

ついでにいざって時のデータ吸い上げ考慮して、VirtualBoxからNICをブリッジ接続で追加。
ゲストOSのFedoraでGUIにてDHCP設定してNIC起動。
更にFedora 11にSambaサーバーをインストール見て、Sambaサーバインストール。
Sambaユーザ追加してから共有フォルダ設定し、ファイアウォールも合わせて設定。

・・・別にNIC2枚差しにする必要なかったような。f(^.^;

|

« SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第38話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第39話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72682/47375666

Listed below are links to weblogs that reference VirtualBox3.1.2でマウス統合が何故か無効に:

« SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第38話) | Main | SRWOGsメモ(OG1:リュウセイ:第39話) »