« SRWZ メモ(ランド:20話) | Main | SRWZ メモ(ランド:21話) »

SRWZ メモ(ランド:ガリアルート:19話)

●第19話:建国のブリザード
・バザーでスクラップ(OM)get、コナがレストア決意。
・ビッグオーにミノフスキークラフト、バリアフィールド、ブースター搭載して、装甲・武装・EN5段階改造。
・ゲーマー「キング」で通ってるゲイナー、自室からUNアクセスして馴染みのライバルゲーマーであるシンシアとオーバーマンバトルの通信対戦。ゲイナーが今ドームポリスのカテズ近くと聞いたシンシア、「カテズか・・・丁度いいかも・・・」と呟き、唐突に「デートしようか、キング?」
・ドームポリス・ポリチェフから接収したオーバーマン・ジンバを整備させるアスハム、用意周到に罠をはってゲインら一行を待ち構える。
・UNのニュースでオーブの誘拐事件が話題に。プラント寄りだったオーブが新連邦と同盟締結、アスハ代表がオーブ要人との政略結婚式場から「翼のガンダム」に誘拐されたとのこと。
・ゲイナーが自室にUN回線ひいてネット対戦してると聞いた甲児ら、ゲイナーの部屋に遊びに行こうとしたものの、何故か妙に慌てたゲイナーは今日は用事が・・・とか言って遁走。どうやら桂にいろいろ教わってる様子なので、女の子がらみと見て甲児ら興味津々、サラはお冠。
・ドームポリス・カテズへの難民受け入れ交渉は、間近に迫るムーンレイスの脅威もあり失敗。カテズのムーンレイスとの交渉をグエン卿と共に請け負ったロジャー、カテズ接収を高圧的に主張するミラン執政官とフィル少佐に、法外な代価の支払いを要求して決裂。ロジャー、ディアナ(キエル)の本意でない推察しつつ、無法な暴力は泥沼の戦いを生むだけと釘を刺す。そこへムーンレイス側の現地コーディネイターとしてパラダイムシティのエンジェルが現れ、ロジャー驚きながらも「ここでの再会は偶然かな?」と牽制。
・オールバックにスーツで背伸びした格好のゲイナー、カテズ市街で顔を知らないシンシアと待ち合わせ。サラを筆頭に仲間たちも尾行中。更に、ムーンレイスに接触すべくお忍びで出て来たキエル(ディアナ)とローラ(女装ロラン)も鉢合わせ。
・そこへアスハム指示で潜入してたゲラバ、Tボーン、ダヴの雑魚3人が、ムーンレイスは物資を略奪する、と市民を煽動し、ヤーパンの天井を騒ぎに巻き込んで漁父の利を狙う。
・たまたまカテズでパン屋やってたロランの仲間のキースが居合わせてゲラバらを問いつめ、キエル(ディアナ)も「おやめなさい、無法者!」と一喝。暴力に訴えようとしたゲラバがゲイナーに襲いかかったところで、忍び装束に身を固めたガウリ隊長が「私のヤーパン忍法で君を守ってみせる」と颯爽と登場、八方手裏剣でゲラバを制し、Tボーンの銃弾を「ヤーパン忍法、十手返し!」と弾き返して撃退。ゲイナー(ガウリ隊長がヤーパン伝来のニンポーマニアって本当だったんだ!)と感動。(^^;
・アスハムの企みで資材盗難相次ぐディアナ・カウンターでも、フィル少佐がカテズの仕業と思い込んで激高、ゲラバらに煽動されたカテズ市民の抗議行動に対して武力行使を強行、部隊出撃。
・カテズの前で立ちはだかるロジャー、「アンフェアな人間に対して私の法は容赦しない・・・!それを宣告しておく!」と単騎戦闘開始。
・1EP反撃で敵1機落として、2PPイベント発生。ロランのターン∀が出撃、資材盗難は何者かの企みと明かすが、フィル少佐らは聞く耳もたず。やむなく戦闘再開、ターン∀にはキエル(ディアナ)も同乗。
・2PP敵1小隊減らしてイベント発生。北に自軍本隊出撃。アスハムのジンバが密かに忍び寄りターン∀武装を強奪。(→とは言え、この時点でのターン∀だとあまり変わらないような。^^; )
・各PP開始時イベント発生、ジンバがランダムに自軍2小隊から弾薬強奪。(-_-#
・アイアンギアーに本隊載せて加速で突っ込み、3PPポゥ小隊撃滅、ポゥは撤退。
・4PPの詰めが甘く、4EP反撃でディアナ・カウンター全滅させられず、母艦1隻+雑魚1機残し、ターン∀の手刀でハリー撃墜、SRポイントget、イベント発生。orz
・焦ってドームポリスへの直接攻撃を命じるフィル少佐を制したディアナ(キエル)、BGM"Moon"と共に「・・・命を分かち合う全ての人々よ。武器を大地に置いて、私の言葉を聞いてください」と呼びかけ、かつて人が住めない程地球を荒廃させた黒歴史を超えて再び人類は繁栄を迎えようとしていると語り、同じ人類であるムーンレイスも地球の民の合意を得て、同胞として地球に帰還し共存したい、と説く。
・キエル(ディアナ)、彼女にならムーンレイスを任せられると見込んで、今しばらく入れ替わったまま自分は大地と人々に接し学ぶ決意。(→いーのか、それ?-_-; )
・ディアナ(キエル)、ディアナ・カウンター撤退を命令、「地球連邦の増長を招きます・・・!」と反駁するフィル少佐に「志の高さで守ってみせよ」と静かに一喝して、ソレイユはじめディアナ・カウンター撤退。
・ディアナの見事な采配に思わず見とれるベック一味を、R・ドロシーとノーマン執事が発見して制圧。フォローしようと近づいたアスハムのジンバ、ゲインに動きを予測されて一斉攻撃に巻き込まれ、透明化のオーバーコートと盗みのオーバースキルを喪失、遂に姿を現す。
・東に出て来たアスハムらを相手に戦闘再開。
・7PP、雑魚殲滅後にベックとアスハム撃墜して戦闘終了。
・アイテム:戦技マニュアル、メガブースター、カートリッジ、リペアキット、高性能レーダー、プロペラントタンク、ハイブリッドアーマー、A-アダプターget。
・アスハムに付けねらわれる理由を問われたゲイン、昔の女カリンについて「俺の子を生んだらしいし・・・」とあっさり明かし、「ここからは俺と彼女と・・・アスハムの問題だ。そういうわけで話しは終わり」と突っ込み却下。
・ドームポリス近くから見てたシンシア「・・・なかなかやるじゃない、キング。ますます君に興味湧いてきちゃったな。今日のデートは流れちゃったけど次に会う時はバトルしようね・・・」と独白。
・同じく観戦してたエンジェル、「・・・アーリーオーバーマン、ターンタイプ、堕天翅、そして、メガデウス『ザ・ビッグ』・・・この白い大地に集ったのは偶然?それとも運命かしら?」とほくそ笑む。
・ソレイユのハリー、「理想論だけでは軍は抑えられませんぞ、キエル・ハイム」と諌言。ディアナ(キエル)「貴下ら男達は女王たる私に従えばよい」と一喝。そこへプラント評議会議長ギルバート・デュランダルからディアナ宛に入電。
・ムーンレイスの脅威が無くなったドームポリス・カテズは難民受け入れ了承。ヴォダラクのティプトリーはアイアンギアーに同行する事に。
・ゲッコーステイトがアイアンギアーとグローマに用があると合流。太平洋組も合流することになり、ロジャー達は袂を分かつ。
・メール、アサキムの口からパラダイム・シティの名を聞いたとランドに話す。
・アーガマには「白き流星」ことアムロ大尉やカツ・コバヤシらが合流。
・オーブが新連邦についた際に大活躍したらしいシンだが、ザフトに復帰したアスランが新型機とFAITHを持って合流したのが気に喰わないらしい。
・オーブのカガリ代表を拉致したのがアスランの親友で前大戦を止めた英雄の一人、「翼を持ったガンダム」ことフリーダムを駆るキラ・ヤマトと聞き、一同驚愕。
・闘志也、トリニティシティで大介達に会ったと甲児に告げる。
・バルディオスチームは異星人マリンと雷太、オリバーが険悪。
・CLEAR BONUS:資金50000、BS200get。

|

« SRWZ メモ(ランド:20話) | Main | SRWZ メモ(ランド:21話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZ メモ(ランド:ガリアルート:19話):

« SRWZ メモ(ランド:20話) | Main | SRWZ メモ(ランド:21話) »