« SRWZ メモ(ランド:28話) | Main | SRWZ メモ(ランド:30話) »

SRWZ メモ(ランド:29話)

●第29話:アウトサイダー
・バザーで大トカゲのくんせいget。
・エマーン目指すシャイア達ZEUTH、特異点である桂をエマーンに渡すまいと追撃するチラム艦隊と交戦。そこへシャイアの妹マニーシャ・トーブ率いるエマーン艦隊が援護に登場、チラム艦隊撤退し、ZEUTHはエマーンへ。
・ランドが自分も特異点らしいと言うと、桂みたくチップ扱いされたくなきゃ口にするなと嗜めるゲイン。更にホランド、アポロらが鋭敏に敵の気配を嗅ぎ付けたものの、時既に遅く、エマーン兵に包囲拘束さえるZEUTH一行。
・別行動の桂、エマーンの時空修復計画責任者であるマニーシャと会談。シャイア、トーブ家と並ぶ名門ラース家のお嬢様であるミムジィも同席。
・マニーシャ曰く、ブレイク・ザ・ワールドの時空破壊はチラムの軌道エレベータ付近で起きた何かが原因で、大特異点の発生により100以上の並行世界が混在、大特異点が不安定なため未だ時空転移が頻発する。その中心に位置した人間が特異点であり、大特異点と一つになる事で時空修復がなされ、更にその時の思考・意思で新しい世界の在り様が定められる。
・桂、自分が引き金をひいた時空振動弾こそブレイク・ザ・ワールドの原因だったと悟り、内心衝撃。是非ともエマーンが無事残存する新世界を!と迫られ動揺、しばし休息。
・マニーシャ、残ったシャイアに、次元境界線の加速度的な崩壊が観測されていることを告げ、遠からず全ての世界が無に帰すと警告、桂が従わない場合は精神制御も辞さずと宣言。反対するシャイアに、既に桂の身柄もZEUTHも押さえたと告げ、ZEUTHは取引に使うと言い放つ。
・監禁されたZEUTH一行、「無理かどうかはやってみてからだ!」「まずは一歩目を踏み出すぜ!」とヒートアップするランドが牢を破ろうと無茶な体当たり敢行。そこへ「噂以上に熱いね、あんたは・・・」と現れたツィーネ・エスピオ、「ホレボレしちゃうよ、そのタフさには」と言いつつ牢を開けてランド達を解放、「セクシーだね、あんたの笑顔は」とヒートスマイルに微笑。f(^^;
・ツィーネの手引きで脱出したZEUTH一行、追ってくるエマーン部隊と対峙、ランド「俺たちゃ、荒くれZEUTH!当たると痛いぜ!!」と吠えて戦闘開始。
・2PP敵減らしてイベント発生。マニーシャの非人道的な思惑をシャイアから聞かされてミムジィ激怒、チラムこそ桂の祖国の人間が多元世界で造り上げた国だと暴露。隠し事を謝罪するミムジィに、自分を拾い日々を過ごしてきたシャイアのファクトリーこそ自分の家、とあっさり許す桂。その想いに触れたシャイアも決心、祖国エマーンを捨て桂と共に脱出する決意を固める。
・エマーンを離脱したグローマがZEUTHに合流、桂「お前とミムジィはお似合いだ」と恋敵のスレイに告げつつ(これ以上、俺のためにミムジィが振り回される事は許されないんだ・・・)と独白。一方で、桂を目前にしたツィーネ(全ての運命を歪めた男・・・)と密かに睨みつける。
・マニーシャのエマーン増援も追いついてきて戦闘再開。
・2PP分析かけたマニーシャ母艦をランドの再攻撃で瞬殺。
・3PPエマーン殲滅してSRポイントget、イベント発生。イザーク率いるザフト部隊が南に出現、イザーク「ZEUTHを引き渡すと言っておきながら、このザマとはな」とボヤきつつ、「各地で無法の限りを働くお前達を逮捕する」と宣告。ホランド、ミネルヴァと別行動を取ったのが機に食わないんだろうと憶測、軍には味方と敵のどちらかしかないと腹立たしげ。
・続けて北東にチラム部隊出現、特務少将のオルソン(桂・・・せっかくのお前との再会がこんな慌ただしいものになるとはな・・・)と内心慨嘆しつつ、特異点確保とザフト撃退を命令。混乱に乗じようとするZEUTHと三つ巴となり戦闘再開。
・イザーク以外のザフト温存すればifルートポイントだけど、今回2周目で分岐選択可能なので、皆殺し確定。(^^;
・5PPロベルト撃墜してイベント発生、部下を失い意固地になったロベルトが、グローマに機体だけ特攻させる。ミムジィを守るべくスレイが出撃、身を挺して防ぎ壮絶に爆死・・・(→桂が余計な事言うから死亡フラグ立っちゃったじゃないか。-_-; )
・6PPイザーク撃墜、根性で復活したイザークにディアッカから「足付き」が出たので追跡中と報告あり、この勝負は預けるとイザーク撤退。
・6PPオルソン撃墜して戦闘終了。ツィーネ「向こうのZEUTHの動きには注意しなよ」と言い置いて撤退。
・アイテム:マグネットコーティング×2、ブースター、リニアシート、アポジモーターget。
・一同に事情を説明したシャイア、桂と自由に世界を周り、どうすべきか一緒に考えよう、と提案。
・オルソン、チラム本国から新たな時空振動弾による時空修復を目指すD計画のため、特異点が不要になったと聞かされ、桂の捕獲でなく抹殺を命じられて憮然、拝命しつつ(桂・・・どうやら俺もお前も後はないようだぞ・・・)と独白。
・新連邦のジャミトフ・ハイマン、チラム総帥へのホットラインで、チラムの時空修復技術を引き渡すよう要請。

|

« SRWZ メモ(ランド:28話) | Main | SRWZ メモ(ランド:30話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZ メモ(ランド:29話):

« SRWZ メモ(ランド:28話) | Main | SRWZ メモ(ランド:30話) »