« SRWZ メモ(ランド:31話) | Main | SRWZ メモ(ランド:レントン捜索:33話) »

SRWZ メモ(ランド:32話)

●第32話:俺が俺であるために
・ヴォダラクの聖水と祈りでエウレカの身体からスカブを剥離させたヴォダラク僧、第八勧界の果てからこの世である第三勧界に引き戻されるとこのような姿になるとされている、ノルブ師伝授の龍樹の法を行った、と説明して、「原因となったものには近づけないように」と忠告。ヴォダラク僧の身柄はカイメラ隊が預かる事に。
・ホランド、原因はレントンだからエウレカに近づけるなと命令。(→しつこい八つ当たりだなぁ・・・(-_-; )
・ジャミル、ホランドらと会見するエーデル・ベルナル准将、新連邦の理念はともかく一部の私的集団の独善を排除したいと説き、「何事にも囚われず、自分の信じた道を行く」「自由のシンボル」と持ち上げて協力要請しつつ、ザフトに与したもう一方のZEUTHの悪行には心を痛めており、ザフトのデュランダル議長に真意をただすと宣言。ホランド、互いに利用しあうなら信用できると回答、ジャミルも(一切の嘘もためらいも無い目・・・)と判断。
・衝撃の真実に打ちのめされたメール、立ち直りつつあるものの、「ランドの事は許せない・・・」と恨み節。それを制したゲイン、メールに持ってきたグラタンが冷めたのに例えて「冷めちまったザ・ヒートはランド・トラビスじゃないな・・・」と示唆、意味を聞くメールに「飯を食ってから、自分で考えてみな」「身体はともかく、オツムまで成長を止めてたんじゃないんだろ?」と揶揄。
・成り行きでジエー博士にガンレオン修理を手伝ってもらったランド、ジエー博士の無茶な改造プランは却下。「ワシに任せときゃ、ガンレオンで天下を取らせてやるぞえ」と豪語するジエー博士、1000ミリ砲だのギザビームライフルだの斬街刀だのに未練。(^^;
・ランド、親方の「モノを直すのと、ぶっ壊すのは表裏一体」「何かを修理するためには何かをぶっ壊すのが必要な時もある。その時は誰にはばかる事なくザ・クラッシャーに戻れ」との言葉を回想しつつ、「とりあえず、ビーター・サービスのガンレオンは修理用マシンだ」と結論。ただし『封印』とやらは外したらしい。
・ジエー博士を見つけたレーベン大尉が「少々人格には問題がありますが、素晴らしい頭脳の持ち主なのです」と紹介、ランド「これで人格の問題が『少々』だぁ!?」、ジエー本人も「ワシをナメとんのか、レーベン!!」と非難囂々、人格に多大な問題を含んでいると訂正。(^^;
・エーデル・ベルナル准将もやってきて、ランドのヒートスマイルをマドンナスマイルであっさり返し、ランド瞠目。そこへ、セツコ・オハラからランド宛の通信が入電。
・セツコとサシで対峙し追い詰めるアサキム、「自分の無力さを噛みしめ、その涙を僕に捧げるんだ」と勝ち誇る。そこへ単身駆けつけたランドだが、アサキムの目的がガンレオン絡みと疑い、乗機はガンレオンでなくダッガー。「いい読みをしているよ、ザ・ヒート・・・」と嘯くアサキム。
・ダッガーで突進するランド、砲撃受けて思わず叫び、「ちっ・・・いけねえな・・・!叫び癖がついちまったぜ!」と憤慨。アサキム、それは心の中の何かが壊れてしまった証拠と指摘、「もう君は以前のように耐える事は出来ない。痛みに悲鳴を上げるだけ・・・」と告げて、ガンレオンがないと悲鳴が届かないから傷だらけの獅子の消去は次の機会と宣言。
・セツコ「あなたは殺させない・・・!私の誇りに懸けても!」とランドを庇い、アサキム「今回の転生も失敗か・・・ならば、来世のために君の魂を貪ろう。このシュロウガで」と宣告。
・レーベン大尉から事情を聞いて駆けつけたZEUTH本隊出撃、ランドはセツコと一度撤退。ツィーネがコルニクス率いて出現し、アサキムは南西に後退して戦闘開始。
・1PP敵小隊減らしてイベント発生。メールにご挨拶と称して前へ出たアサキム、MAPWエンブラス・ジ・インフェルノで威嚇攻撃。焦ってガンレオンを出そうとしたランドだが、メール「駄目!」「ガンレオンはビーター・サービスのもの・・・。あたしとパパのものよ・・・!」と拒絶。ランド、今は俺達がビーター・サービスだ、と宣言し、メールを促してガンレオン搭乗。
・アサキム、「苦痛の雄叫びを聞かせてくれ!」とガンレオンを攻撃、「スフィアに反応し、傷だらけの獅子が目覚める!君達は極上の贄なんだよ!!」と勝ち誇り、心の芯が折れた君に何ができる!?と嘲笑。ランド、「俺は修理屋!ビーター・サービスのザ・ヒートだ!」と言い返し、人でも機械でも心でも壊れたものは直すのが修理屋の生き様と啖呵を切る。更にランド、シエロ親方の言葉を引用し、「やっちまった事は自分の力でどうにかするのが俺の・・・ザ・ヒートのやり方だ!!」とガンレオン共々気合に熱く燃え上がる。
・「暑苦しい!」と批難したメールだが、「・・・パパがいなくなってからもいろんな事があった・・・。つらい事、悲しい事、痛い事・・・でも、全部そのヒートスマイルで乗り切ってきた・・・。ダーリンの暑苦しさで・・・」と呟き、ランド「熱さを失っちゃ俺じゃねえ・・・。いつだって俺は俺でありたい。そして、メールはメールだ。何があってもな。」とヒートスマイル大盤振る舞い。f(^.^;
・ようやく笑顔で応えたメールに、ランド「それじゃ初公開と行くぜ!これがガンレオンと俺達の超絶やる気モード!!ガンガン!ガンレオンだ!!」と宣言、スフィアが反応してメールとガンレオンに力をもたらし武装追加、そしてアサキムにペイン・シャウター直撃!
・「傷だらけの獅子を制御したか」と感心したアサキム、想像以上とランドを賞賛。「ガンガンモード」を「超ダサッ!!」と却下したメール、改めてマグナモードと命名。アサキムを泣いて詫びるまでぶん殴ると戦闘再開。
・4PPツィーネ落として、雑魚殲滅後、アサキム撃墜、戦闘終了、SRポイントget。ランドを見くびっていたと謝罪するアサキム、「傷だらけの獅子も君には驚いている。そして、過ぎ去った時を思い出し、彼は泣く・・・」と思わせぶりなことを呟きつつ、ランドのツッコミははぐらかして撤退。
・アイテム:スーパーリペアキット、メガブースターget。
・メール、アサキムに裏切られたものの「あたしにはダーリンがいるから」と微笑み、ツンデレぶりつつ元のサヤに。
・ツィーネに「傷だらけの獅子が見せた力の一端・・・。あれこそがあなたの求めているものなのですね」と問われ、アサキム「皮肉だね。呪われたこの身を因果の鎖から解き放つには・・・逆にその力を僕自身が手に入れるしかないとは・・・」とニヒルに答え、ツィーネ陶然と「私の主はあなただけ・・・。この身も心も運命も捧げます」と忠誠を誓い、ランドに痛みの悲鳴を上げさせてみせると約束。
・ツィーネ、新連邦への情報リークでチラムのD計画阻止を画策。アサキム、(僕が僕であるために・・・僕に似た存在を全て抹消し、太極へと至る)と独白。
・セツコ、アサキムを追う理由は明かさず、「でも、私はあの男を倒さなくてはならないのです。私達の誇りにかけても・・・」と答え、「グローリー・スターのコールサインは私からのものだと思って下さい」とアサキムの所在を伝える約束。
・エーデル・ベルナル准将、ZEUTHに資金提供し、レーベン大尉を同行させることに。
・ランド、メールの髪が肩まで伸びたら「結婚しよ!」と迫られ、悲鳴を上げて逃走。(^^;
・皆がいない隙にエウレカの病室を訪れたレントン、「でも、これだけは知って欲しいんだ・・・。俺は君を守るためなら、何でもやるつもりなんだって・・・」と告げるも、レントンの前で心拍数が上がり不安定なるとエウレカは不安顔、自分の想いを自覚できず。互いに気持ちが伝わらずにレントンは走り去り、エウレカ「・・・だって・・・レントンが・・・私を変えちゃうから・・・」と独り呟く。
・資金50000、300BSget。
・アイテム:バリア・フィールド、ミノフスキークラフトget。

|

« SRWZ メモ(ランド:31話) | Main | SRWZ メモ(ランド:レントン捜索:33話) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZ メモ(ランド:32話):

« SRWZ メモ(ランド:31話) | Main | SRWZ メモ(ランド:レントン捜索:33話) »