« DMC新作、主人公が・・・ | Main | 久々にMellowCafeへ行ってきた »

SRWZ メモ(ランド:40話)

●第40話:崩壊序曲
・バザーでイベント発生、グレッグから勇者の印get。
・太平洋でオーブへと移動中のアークエンジェルにて、危うく救出され事なきを得たキラだが、ラクス様に託された自由の剣フリーダムを失い「でも、フリーダムが・・・あれを落とされちゃったら、僕は・・・」と半泣き。(^^;
・「ざまあみろ」と辛口にキラを見舞ったネオ、シンを「真っ直ぐで勝ち気そうな小僧だぜ」と評価。ステラを殺してシンに憎まれ撃墜されたことを振り返るキラ、「そういう風に憎しみが憎しみを呼ぶような戦いを僕はやってはいけないと思っていた・・・でも、本当は・・・僕自身がそれに巻き込まれる事を恐れていただけかも知れない・・・」と自省、かつてアスランと自分が互いの友を殺し互いに憎みあったことを思い起こし、「今までの戦いだって僕のやってきた事で間接的に命を落とした人達もいたと思う・・・きっと、これからもこういう事は起こる・・・。僕は・・・どうすればいいんだろう・・・」と懊悩。
・新連邦の傀儡大統領ブラッドマン、チラム総帥にホットラインで和解交渉、時空制御装置の作動実験に招待して技術共有を提案しつつ無形の圧力。チラム総帥、新連邦に下る選択も検討しつつ、とりあえず実験見学を了承。
・レントンの祖父アクセル、リフボードと共にハヤトに託した手紙で「答えが出るまでとことんまでやるがいい」とレントンを激励。
・髪を切って激しくイメチェンしたタルホ、皆を集めてホランドの子を宿したと発表、一同騒然としつつ口々に祝福。ランド「向こうに行っても元気でな。」と所帯を持つホランドをからかい、ゲイン「人気モデル、ご懐妊。お相手は同僚でカリスマボーダーのH氏か・・・。盛り上がるねえ、これは」と揶揄。ゲインは隠し子いる癖に・・・と内心呆れるゲイナー。f(^^;
・素直に祝福するジャミルに、「お前も周囲に目を向けろよな」とサラの想いをほのめかすホランド。
・ホランドの退艦の勧めを拒否したタルホ、生まれて来る子供ともども仲間達も世界も守ってみせると宣言。応えてホランド、自由なリフとこの世界、そしてタルホを守ってみせると誓約。
・トラパーを受けて飛ぶ独特のコツを要する月光号のメインパイロットは、密かに船舶免許を持ってたムーンドギーが買って出る。・・・結局メインパイロットはタルホのままなんだけど。(^^;
・アテナからオルソンに、新連邦の北アメリアでの時空制御装置実験の報がもたらされ、ZEUTH急行。新連邦に時空制御装置を独占させないため、装置を破壊すべく戦闘開始。
・2PPヒプノサウンドと共に堕天翅が南に出現、頭翅「太陽の翼・・・。お前もあの力を憎むか・・・我らを無限の牢獄へと幽閉した忌まわしき力・・・」とアポロに語りかける。更に、黒のカリスマに焚き付けられた百鬼帝国も北西に出現して乱戦に。
・2PPホランド、レントン、桂、ゲイナーをチラム&新連邦に突貫させ、レントンがチラムのロベルト大尉を撃墜、ロベルト大尉は撤退。
・2PP敵減らしてイベント発生。黒のカリスマのリーク情報により、南西にガイゾックはじめ異星人連合が降下、無差別攻撃開始。影で見物してる黒のカリスマがバランスとるためツィーネ率いるコルニクスを北東に呼び出し、「今日はあんた達、夫婦と遊んでる暇はないよ」とランド&メールを揶揄。「俺達は夫婦じゃねえって前にも言ったはずだぞ!」とヘンな方にツッコむランド、近くにアサキムもいるのか!とヒートアップ。ツィーネに「そんなに悲鳴を上げたのが恥ずかしいのかい、ザ・ヒート?」とからかわれるも「これくらいの歳になりゃ、恥なんてもんはとっくにねえのさ!」と受け流し、ゲイナー「そうなんですか、ゲインさん!?」ゲイン「俺やジャミルをランドと一緒にするなって!」f(^^;
・2PP、レントン、ホランドを北東の新連邦軍へ、ゲイナー&デュークフリード、オルソンを北西の百鬼帝国へ、ロジャー&ジロンとランドを南西の異星人連合へ突貫させ、残りは中央あたりで遊撃。
・3PP、ランドが再攻撃でバンドック撃沈、人間爆弾ポイントget、ブッチャー撤退。
・3PP、アポロ狙いの頭翅をガルダ級の直線上に誘導。
・4PP、ゲッターのクリティカル再攻撃でメカ要塞鬼瞬殺、ヒドラー撤退。
・4PP、ロジャーとランドでそれぞれエルダー戦艦、戦闘空母撃沈、テラルとアフロディア撤退。
・4PP、セブンスウェルで新連邦軍雑魚&コルニクス一掃。
・5PP、ツィーネ撃墜、ツィーネは思わせぶりな台詞を残して撤退。
・6PP、最後に残した頭翅とガルダ級をまとめてツインサテライトキャノンで落として戦闘終了、SRポイントget、イベント発生。
・アイテム:感応ヘルメット、チョバムアーマー、メガブースター、バリアフィールド、高性能レーダー、スラスターモジュール、ハイパージャマー、パンチャの実get。
・アポロの親友バロンを人質にしてる頭翅、返して欲しくば生け贄としてアポロニアスとセリアンの血をひくシルヴィアとシリウスを差し出せ、とアポロに要求し、拒むアポロに「ふふ・・・あやつらの正体を知った上でもか・・・?」と思わせぶりな示唆。
・血迷ったブラッドマン大統領、小規模な転移にZEUTHを巻き込むべく、時空制御装置に時限起動しかけて脱出、「まとめて次元の果てへ吹き飛ぶがいい!」駆けつけたZEUTH別働隊と合流して互いの誤解を詫びたのも束の間、ジャビーが「ブレイク・ザ・ワールドの時と同じなんです!世界全体が歪みます!」と警告。
・様子のおかしいメールを気遣うランドに、突然現れた黒のカリスマ「傷だらけの獅子のスフィアが源理の力に反応しているのです」と解説、再び世界は混沌に包まれると宣告し、「あなた達を中心に世界は回るのです。また会いましょう、ZEUTH!」と告げる。そして時空破壊・・・
・次元の狭間で頭翅と対峙するアポロ達だが、頭翅が「さあ・・・共に羽ばたこう。その翅を広げて」と呼びかけると、シリウスとシルヴィアに秘められてた堕天翅の翅が発現。ヒトでない二人を生け贄として親友を救えと誘惑され、アポロ動揺。そこへバロン「駄目だ、アポロ!そいつらだって、お前の友達なんだろ!」と制し、自分はもう死に、偽物の命で動かされてるだけと明かし、「死んだ奴よりも行きている奴の事を考えろ!!」と叱咤、「お前は太陽なんだ!だから、真っ直ぐに誰よりも熱く高く行きてくれ!」と呼びかける。
・バロンの説得に苦悩しつつ決意を固めたアポロ、頭翅の誘惑を拒絶、バロンは偽りの生命を奪われ消滅。
・カイメラ隊のシュランが黒のカリスマに、ZEUTHは新たな特異点としてこの世界に残ったと恭しく報告。「さて・・・次は誰が動く?」と新たな混沌に興じる黒のカリスマ。
・ClearBonus:資金200000get。

|

« DMC新作、主人公が・・・ | Main | 久々にMellowCafeへ行ってきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SRWZ メモ(ランド:40話):

« DMC新作、主人公が・・・ | Main | 久々にMellowCafeへ行ってきた »