« ガンダム無双3(4)戦う者たち | Main | マクロスF超時空スーパーライブ »

ガンダム無双3(5)平和のために

「わかり合う者たち」の続き。
ガロードとバナージが別チャプターから参入。

●三本の矢:仲間の行方/情報の行方/未来の行方
・新たな仲間からの情報では、敵勢力の目的もこちら同様ながら、その手段として各施設の破壊でなく防衛により、謎の信号で空間の歪みを正常化しようとしているとか。施設から得た情報から何故このような相違が生じたのか訝しむチェーン。

●宇宙への道標
・「革新をもたらすのは宇宙」と言い残して飛び立つ騎士ガンダム。ウッソが直感に導かれてシンと共に続くも、結局アムロらと合流。
・騎士ガンダムは施設を攻撃してたらしいけど目的不明。ウッソとシンははぐれて単独行動してたらしい。

●疑惑の兆し
・謎の騎士ガンダムが飛び去った方角で、前は探知できなかった軌道エレベータ発見。新情報から、自勢力、敵勢力とも偽情報に踊らされていたことが判明。信号の停止、共振促進のいずれも空間の歪みに影響しないとか。

●ミッションフロンティア1〜3
・アムロらに通信してきたフル・フロンタル、事態の元凶と一方的に決めつけ、3分以内の全情報開示を要求。内実を承知の上での駆け引きと見透かしたものの、無益な戦いを避けたいとアムロが全情報開示。ところがフロンタルは欺瞞情報と決めつけ、一方的に武力での排除と独自調査を宣告。仕方なく散開して迎撃するアムロ達。

●決戦の時1
・イベントムービーで、迫るビグザムをツインバスターライフル&ハイメガキャノンで迎え撃つWゼロ&ZZ、続けて突撃したゴッドガンダムはターンXに阻まれる。

●決戦の時2〜5
・敵の無差別攻撃で戦場は混乱、各個撃破を避けるため、チェーン提案により暗礁宙域各所の施設を調査しつつ立てこもる防衛戦に切替。

●決戦の時7〜9
・シーブックとウッソ、戦場でセシリー&カテ公と対峙。セシリーに何を吹き込んだ!と憤るシーブックに、所詮不可避の戦いと嘯くカテ公だが、カテ公かばうウッソ「おかしいですよ、カテジナさん!」
・・・今更そりゃないだろ。orz
・刹那、アムロらと協力し、情報に踊らされたと嘲るリボンズ、所詮人は互いを信じあえないと嘆くシャアを撃破。すると騎士ガンダムが現れ、力を証明しろ、と挑戦。

●決戦!騎士ガンダム!
・これも1つの結末、と言って天に還る騎士ガンダム、もし真にわかりあえていたら別の結末が・・・とか言い残す。
・チェーンのアフターレポート曰く、この世界は空間の歪みに生成された実験場と思われ、サンプルとして人と機動兵器を収集した後、食い違う情報で戦闘へと導き、集団や指導者の振る舞いを観察したのではないか、とのこと。騎士ガンダムもサンプルの一つと結論づける。

|

« ガンダム無双3(4)戦う者たち | Main | マクロスF超時空スーパーライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72682/51670702

Listed below are links to weblogs that reference ガンダム無双3(5)平和のために:

« ガンダム無双3(4)戦う者たち | Main | マクロスF超時空スーパーライブ »