« 真・三国無双6:ストーリー:魏 | Main | 真・三国無双6:ストーリー:呉 »

真・三国無双6:ストーリー:蜀

続いて蜀のストーリーモード。

●黄巾の乱

・黄巾軍に襲われる村を助けるべく、桃園で誓いを交わした義兄弟達と共に義勇軍を率いる劉備。

・張角を討って功を挙げた劉備、その無垢さが近しい者に不幸を招くと不吉な予言を残され憮然。

●反董卓連合

・董卓を討って劉備の名を知らしめようと気炎をあげる関羽と張飛。

・董卓らを退けた劉備だが武功の割には報われず。一方、董卓は呂布の裏切りで討たれる。

●徐州の戦い

・身を寄せた公孫瓚の依頼で陶謙を助け、乱世の姦雄たる曹操軍に立ち向かう劉備、公孫瓚の下にいた趙子龍と出会う。

・呂布の乱入もあり、曹操を退ける劉備だが、流浪の呂布を見捨てられないと配下に加える。流石に人が良すぎると呆れる張飛。

●下邳の戦い

・帝を擁する曹操と和解した劉備、勅命により各地を転戦したものの、呂布に裏切られ拠点を奪われる羽目に。曹操と同盟して呂布討伐に向かう劉備。

・敗れた呂布は曹操に斬られ、張遼はその配下に。

●官渡の戦い

・袁術が帝を僭称したのを機に曹操軍と戦った劉備だが大軍に敗れ、関羽も行方不明に。弱者を救おうという己が志の無力に懊悩する劉備だが、かつて約束を交わした趙子龍が訪れてその志を肯定。

・袁紹の下で曹操軍と戦う劉備軍、しかし敵方に関羽がいた事から疑いを抱いた袁紹にも敵視され、孤立して落ち延びる羽目に。

●新野の戦い

・兵も拠点も失い流浪の身となった劉備だが、誓いを忘れない関羽が合流、劉表の下に身を寄せる。己の志に実現への答えを示してくれる人物を求める劉備に、趙雲が紹介した徐庶が、臥竜こと諸葛亮を推戴。

・劉備を警戒し攻め込んできた曹操軍を迎撃、八門金鎖の陣に困惑するものの、徐庶の導きで撃破。

・諸葛亮を二度訪れながら会えなかった劉備だが、諦めず三度訪れて遂に諸葛亮と邂逅、曹操の覇道に対し仁を持って乱世を収める王道を勧められる。

●長坂の戦い

・曹操に追われる劉備だが民を見捨てられず、その行軍は遅々として進まず。

・取り残された劉備の子、阿斗を救うべく、単騎戦場を駆け抜ける趙子龍!

・守備良く阿斗を救った趙子龍が長坂橋を渡って撤退、殿を買って出た張飛が押し寄せる敵の大軍に「燕人張飛これにあり!」 と大喝一声、気合一つで雑兵達を吹き飛ばす!

・趙雲と張飛の活躍で守備良く離脱成功。

●赤壁の戦い

・曹操から降伏勧告された孫権を、諸葛亮が説得して共闘を約束、赤壁に迫る曹操の覇道の大軍団を迎え撃つ。

・火計の鍵となる南東の風を起こすべく祈祷に励む諸葛亮だが、秘密裏に出撃して曹操の退路を断てと趙子龍に命じる。

・工作船で密かに北へ向かう趙子龍だが、許褚に阻まれ、惜しいところで曹操に逃げられる。

・諸葛亮の命で曹操を追う関羽だが、遂に追い詰めたものの、恩義を忘れきれず見逃す。が、それも策の内と穏やかに嘯く諸葛亮。

●雒城の戦い

・曹操が孫権と睨み合って動けない隙に、着々と地盤を固める劉備軍、愚君を捨て民のため命を投げ出した黄忠、魏延や、臥龍と並び称される鳳雛をも配下に収める。更に孫尚香を劉備の妻として迎え入れ、孫権とも和解し、天下三分のため巴蜀の地をうかがう劉備軍だが、仁をもって立つ劉備は巴蜀を攻め取る事をよしとせず。やむなく鳳雛が一計を案じる・・・

・命令違反を咎める劉備だが、愚君を倒してくれた劉備を称え迎える民の歓声に瞠目。一方、流れ矢で負傷していた龐統は落命・・・

●成都の戦い

・盟友・鳳雛の悲報を聞き、荊州へ関羽を残して成都攻めへ合流する臥龍・諸葛亮、いよいよ天下三分を実現すべく采配を振るう。

・敵の援軍、馬超らを知人の説得で味方につけ、遂に劉璋を追い詰めた諸葛亮、乱世を収める器にあらずと言い放つ。劉備がその器かと言い返した劉璋だが、劉備を歓声で迎え入れる民を見て沈黙。

●定軍山の戦い

・曹操に抗するため孫権と同盟、定軍山で夏侯淵と弓対決に臨む黄忠。

・曹操を追い詰めた黄忠だが惜しくも取り逃し、囮も大変と嘯いて逃げる曹操。負け惜しみと嘲笑する黄忠だが、諸葛亮の心中には一抹の不安がよぎる・・・

●樊城の戦い

・仁の世を切り開かんと息子達を率いて戦う関羽、水攻めで樊城外城を制圧。

・呉が同盟を破り背後から奇襲、魏の大軍と共に包囲され孤立する関羽達。殿を買って出た関平が残り、関羽と共に麦城へ抜けようとする関索。

・ようやく脱出できるかと思われた矢先、追手の大軍に行手を阻まれた関羽、誓いを守れずすまないとの義兄弟への伝言を託した関索を河へ突き飛ばして逃し、自身は敵兵の前で仁王立ち・・・

●夷陵の戦い

・曹丕の魏帝即位に対抗すべく、諸葛亮も劉備に帝位を勧めるものの、関羽の死に憤激する劉備は呉への報復を主張。更に、配下に裏切られた張飛が殺害され、裏切り者が呉へ逃亡。怒り狂った劉備は絶叫、悲しみにくず折れる孫尚香・・・

・諸葛亮らの反対を押し切って呉への復讐の戦を始める劉備。諫めきれなかった趙雲だが、関羽や張飛に申し訳が立たないと、火計で窮地に陥り所在不明の劉備を守るべく乱戦の野を単騎駆け抜ける。

・呉の勇将、甘寧を討ち取って遂に劉備のもとへ駆けつけた趙子龍、怒りに駆られて継戦を言い張る劉備を肘打ち一つで失神させ、部下に後方へ運ばせる。

・増援を連れてきた孔明様、劉備を白帝城で守りつつ、全軍撤退すべく采配を振るう。

・月英の新兵器を駆使して呉軍を防ぎ、劉備らの撤退を完遂した諸葛亮、敵将陸遜の鮮やかな引き際を見て、周瑜や呂蒙は良き後継を得たと羨む。

・大敗を喫して失意の劉備は病床に。もし劉禅が暗愚なら代わりに蜀を治めるよう、諸葛亮に言い残して劉備逝去・・・

●天水の戦い

・帝位を継いだ劉禅を丞相として支える諸葛亮、呉との同盟を修復し、南の孟獲も説いて味方につけ、いよいよ不倶戴天の魏を攻める。

・敵の若き指揮官、天水の麒麟児こと姜維と対峙する諸葛亮、上司の味方を巻き込む火計に憤った姜維が城を開いて部下を逃したのを見て、仁の心を見出して配下に。

●五丈原の戦い

・魏の司馬懿に馬謖がしてやられ足掛かりを失った蜀だが、己の命数を見定めた諸葛亮は病をおして五丈原の決戦に挑み、知勇兼備の姜維に指揮を預ける。・・・あれ?三尖刀じゃない・・・orz

・敵の伏兵による本陣奇襲を阻み、敵兵糧庫を奪取して優位に立った姜維、司馬懿を挑発して迎え撃つ。

・司馬懿を追い詰めた姜維だが、あと一歩のところで司馬懿の息子達が割って入り逃走。諸葛孔明の前にはこの姜伯約ありと啖呵を切る姜維。

・仁の志が姜維ら次代の担い手に受け継がれたと確信して、孔明様逝去・・・(;_;)

・師の遺志を継ぎ、天の星々に仁の世を成すと誓う姜維。・・・あれ、ここまで?(^^;

|

« 真・三国無双6:ストーリー:魏 | Main | 真・三国無双6:ストーリー:呉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 真・三国無双6:ストーリー:魏 | Main | 真・三国無双6:ストーリー:呉 »