グルメ・クッキング

アレクサンダー・クリッヒェル@三鷹市芸術文化センター&オステリア・フルボでランチ

三鷹市芸術文化センターで、アレクサンダー・クリッヒェルのピアノ・リサイタル。
演目は以下。

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー(ピアノ独奏版)
ラヴェル:夜のガスパール
ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』
<アンコール>
アレクサンダー・クリッヒェル:ララバイ
ショパン:練習曲op.10-4
ラヴェル:『クープランの墓』より「メヌエット」

ガーシュウィンはちょっと・・・正直、向いてないような。堅いと言うか、真面目と言うか、何かこう、うまいんだけどオシャレじゃない感じ・・・?(^.^;

けどラヴェル以降はまさに圧巻。
オンディーヌの美麗なアルペジオに幻想的なイマジネーションが広がり、スカルボの超絶技巧に圧倒され、後半の展覧会の絵では次々変わる曲想を楽しみつつ、カタコンベの鬱々ながらも力強い響きからバーバ・ヤガーで盛り上がり、大門の大団円でちょっと感涙。(*´Д`*)
オリジナルのララバイは端整で美しい小曲、後で調べたら亡くなった恩人へ贈った曲だったらしい。
ショパンの超絶技巧、ラヴェル独特の鮮やかな色彩感に酔い痴れて終了。(◎´∀`)

ちなみに15時開演だったので、少し遅めの昼食は近場のイタリアン、オステリア・フルボへ。
数量限定のラザニアがあってラッキー。(^o^

休日ランチは若干お高めで¥1,800、前菜とドルチェとコーヒー付き。パンは有料オプションだけど、盛りが若干少なめなので、追加したほうが良いかも?
前菜は有機野菜サラダと生ハム、フレッシュで美味しく、結構食べ応えあった。
ラザニアも肉肉しくて美味しかったけど、チェリートマト&バジルが爽やかなので、組み合わせがまた丁度良かった。
ドルチェはフワフワのティラミス、これも甘すぎず美味。
食物アレルギー持ちの相方も、問題なく美味しく完食。また1軒、頼もしいレパートリーが増えました。(´▽`)

ちなみに接客はそこそこ良いものの、フロア担当1人なので、繁忙期は結構待たされたり。
お勘定はレジでなく自席、カード利用はディナーのみ。ランチは安いから仕方ないか・・・美味しかったし、今度は夜行ってみよう。

20171202_01


20171202_02


20171202_03


20171202_04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自由が丘でケーキ

野暮用で都立大まで行ったので、少し足を伸ばして、パティスリー・パリセヴェイユのイートインでおやつ。
4組待ちながら20分弱で座れたので、まぁ回転率は悪くない。
狭い店内で待つのが多少気がひけるけど。

ケーキはベリー系のミストラル?と、オレンジ風味のフィグオランジュ。
後者も美味しかったけど、特に前者が爽やかさと甘みの絶妙なバランスで絶品!(^o^
コーヒーがしっかり苦味あるのもケーキに合ってるし。

何より、ここのケーキはどれも、食物アレルギー持ちの相方も問題なく、かつ美味しくいただけるのがありがたいデス。(*^.^*)

20171124_01

20171124_02


| | Comments (0) | TrackBack (0)

コロモチャヤで今年最初の焼き林檎

レピキュリアンに行ってみたら喫茶は休業中だったので、近くのオーガニックカフェ、コロモチャヤで遅めのおやつ。
いよいよ冬到来ってことで、今年最初の焼き林檎にチャレンジ。

丸ごと出てくる焼き林檎は、相変わらずのボリューム感で迫力満点。
濃厚系の赤、さっぱり系の白と風味も異なり、相方とシェアしてそれぞれ堪能。(´ε`*)
ここの料理やデザートも、食物アレルギー持ちの相方が全く反応しないので、ありがたい。
何食べても美味しいし。


20171111_01

20171111_02


| | Comments (0) | TrackBack (0)

御茶ノ水GAIA食堂で遅めのおやつ

自転車ヘルメット購入のため、新宿店で在庫があると聞いた御茶ノ水まで遠征。
お目当てのKASK MOJITOマットブラックをgetして、GAIA食堂で遅めのおやつ。

2Fのイートインにて、レモンパイとかぼちゃ?のタルト、ケーキセットでコーヒー付き。
セルフサービスながら値段はお手頃、落ち着いた店内でほっと一息。
サクサクなケーキはナチュラル系の素朴な味で美味、食物アレルギーもちの相方も美味しくいただけました。(*´Д`*)

地元にも出店してくれないかなぁ。
最近この手の店が減少傾向だし・・・

20171105_01


20171105_02


| | Comments (0) | TrackBack (0)

コマグラカフェでランチ後、新宿へ

とりあえず東急裏の雑居ビル3Fにあるkibi cafe所縁のオーガニックカフェ、コマグラカフェで遅めのランチ。

残ってたランチセットは野菜のカレーのみ、サラダとドリンク付き。
野菜は完全に溶けてるので一見具がないように見えるけど、程よくスパイシーで食べ応えもそこそこあり、軽めのランチとしては十分。
食物アレルギー持ちの相方も問題なく、美味しくいただけました。(´ε`*)

ただ、ホットコーヒーが取っ手なしの厚手のお茶碗で出てくるので、熱いの苦手な自分には若干飲みづらかったカモ。(^^;
ちなみにカードは不可。まぁこの手のお店だと結構多いよね・・・

20171103_01

20171103_02

その後、新宿まで買い物に行って、伊勢丹のチャヤマクロビで遅めのおやつ。
そろそろケーキが品切れになりつつあったのが残念。

20171103_03


| | Comments (0) | TrackBack (0)

地元の星乃珈琲店でおやつ

レンガモールの星乃珈琲店に行ってみた。
入ってみると意外と席数は多く、割と広々構造で、席の区切りもしっかりしてるので、結構落ち着ける感じ。

頼んだのはモンブランとオペラのケーキセットでホットコーヒー付き。
コーヒーは苦味も結構しっかり系、流石ドトール系列。
ケーキの味はまぁ普通に美味しいくらい?
ドトールで売ってるやつと同じかも。
食物アレルギー持ちの相方もかろうじて食べられたので、他がいっぱいの時には役立つかも?

カードは使えないのが難点。その点スタバは便利だよなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三鷹のシズル

以前から気になってたフレンチのSIZZLE、平日ランチで予約取れたので行ってみた。
流石に平日遅めだと予約取りやすいらしい。

20170921_01

まずは前菜。
一応、事前にアレルギーとか聞かれて、相方がトウモロコシは伝えたけど、具体的にどれをどう変えられたのかは不明。

20170921_02

続いてパスタ。
フレンチなのであっさり系だけど、素材が良いので美味。

20170921_03

続いてメインその2の魚。こちらも素材の味が生きてて美味しかった。


20170921_04

最後はデザート。
これまた甘すぎず、フルーツの味も生きてて美味。

流石に素材等気を使ってるお店だけあって、食物アレルギー持ちの相方も、なんとか一通り食べられた。
とは言え、いろいろ反応しかけたようなので、何でも安全に・・・とは言えない感じ。
ビストロ・ハッチとかだと全部大丈夫なんだけど・・・そこはちょっと残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パリ・セヴェイユ@自由が丘でケーキ

都立大学に野暮用があったので、帰りに自由が丘まで歩いてみたら、意外と近くて15分程度?
せっかくなので有名なパティスリーのパリ・セヴェイユへ。
ちょうどおやつの時間も終わって夕方だったおかげか、待ち三組目で着席。

20170918_01

軽い口当たりに爽やかな風味で、これは大当たり。(*´Д`*)

20170918_02

こちらもチョコレートが濃厚でサクサク感もあり美味。
ちょっとナイフとフォークが大ぶりなので、崩さず切って食べるのは難しかったカモ。(^-^;
食物アレルギー持ちの相方も問題なくいただけました。m(__)m

お気に入りのアテスウェイとも甲乙つけがたい美味しさで、これから自由が丘遠征が楽しみ。(´ε`*)
ちなみにコーヒーは結構、苦味が強い系で、スイーツにはぴったり。
焼き菓子も買って帰ったけど、やっぱり美味しかった・・・(^o^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武蔵野市民文化会館でブリュッセル・フィルハーモニー

昨夜は、武蔵野市民文化会館でブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団、指揮はステファヌ・ドゥネーブ。

コネソン:Flammenschrift(炎の言葉)
プロコフィエフ:シンデレラ組曲 第1番 op.107
(休憩)
ドビュッシー:交響詩『海』
ラヴェル:『ボレロ』
(アンコール)
ビゼー:アルルの女

1曲目は現代音楽だったけど、ありがちな不協和音っぽいやつじゃなく、変化していくメロディが火の鳥を連想させるような、なかなかカッコいい曲だったのが嬉しい誤算。
2曲目のシンデレラも、ちゃんと聞いたの初めてだけど、とても可愛らしく美しい曲で大満足。でも真夜中までで終わっちゃうと、シンデレラが可哀想です・・・(^^;
「海」は期待通り、波と風と光の様々な様相が目に浮かぶような、とても美しい演奏で大満足。
そして「ボレロ」は、いつもながら徐々に、徐々に盛り上がって、最後は怒涛の大団円。序盤のソロがとても大変そうなだけに、ラストのカタルシスが素敵。(*´Д`*)
アンコールは何とも劇的でちょっと俗っぽいけど惹きつけられる名曲。ビゼーってやっぱり稀代のメロディメイカーだと思う・・・

ちなみに遅めの夕食は、近所のインド料理ムンタージ。常連さんでにぎわう中、滑り込みで何とか座れて、久々のエスニックに舌鼓。
カレーセット(サラダ、ナン付き)と、念願のビリヤニ(チキン)、ヨーグルトサラダを頼んだものの、ビリヤニが2、3人分かと思うくらいデカくて、結構苦しかった。
今度はビリヤニ(エビ)とカレー2つ+サイドメニュー程度がちょうどいいかも。ナンってお腹で脹れる気がするし・・・(^^;
ただ、以前ほどは美味しくなかったカモ?ビリヤニも味付けにムラがあって、あちこち白いままだったしなぁ・・・(-_-;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阪田知樹オール・リスト・プログラム

今日は浜離宮朝日ホールで俊英・阪田知樹のピアノ・リサイタル、2016年フランツ・リスト国際ピアノコンクール優勝記念のオール・リスト・プログラムを堪能。

シューベルト/リスト:連祷 ピアノ・ソナタ ロ短調 (休憩15分) ハンガリー狂詩曲第12番 パガニーニによる大練習曲第3曲「ラ・カンパネッラ」 スペイン狂詩曲 愛の夢第3番 ベッリーニ/リスト:歌劇「ノルマ」の回想 (アンコール) シューマン/リスト:献呈 ラフマニノフ/阪田知樹:私は彼女のもとにいた Op.14-4 J.S.バッハ:小前奏曲ハ短調BWV934

第一印象は華麗でゴージャス、そして手がデカい!(@_@;
超絶技巧でもさして手を開かず、鍵盤が小さく見える・・・(^-^;
リストのピアノ・ソナタはあまり聞いてなかったんだけど、単一楽章で様々に曲調が変わり、聞き応え満点。
おなじみのら・カンパネッラや愛の夢は流麗豪華。
スペイン狂詩曲とノルマも凄く良かったので、CD買っちゃうカモ・・・

夕食は地元・吉祥寺の人気フレンチHatchへ。木曜だから珍しく空いててラッキー。(*^.^*)
ニース風サラダはわざわざ席でゆで卵やオリーブ、アンチョビ等を潰して混ぜてくれる贅沢仕立てで、とても美味。
鴨のキャラメリゼもいつも通り美味しかった。
生パスタは鶏ひき肉等のクリームソースで、これまた絶品。

| | Comments (0) | TrackBack (0)