音楽

インゴルフ・トゥルバンのヴァイオリン@武蔵野市民文化会館

今日は武蔵野市民文化会館で、元ミュンヘン・フィルの第1コンマス、インゴルフ・トゥルバンのヴァイオリン・リサイタル。

伴奏はサヴァリッシュ朋子。

タルティーニ:ヴァイオリン・ソナタ ト短調 「悪魔のトリル」

シューベルト:華麗なるロンド ロ短調 Op.70 D895

パガニーニ:魔女たちの踊り Op.8

<休憩>

ロッシーニ:パガニーニに寄せる一言

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 Op.12-2

サラサーテ:カルメン幻想曲 Op.25

<アンコール>

フォーレ:夢のあとに

前半は、正直なところ、今ひとつ盛り上がらず。(-_-;

タルティーニはヴァイオリンをあまり綺麗に鳴らしてない感じで、演奏もちょっと大雑把。ピアノはしっかり支えてくれてたけど。

シューベルトはヴァイオリンより、ピアノが名手の歌声のように華麗に歌い上げてて、とても聞き応えあった。(^^;

パガニーニも、ヴァイオリンは今ひとつながら、ピアノとの掛け合いが何とも可愛らしい。「魔女」っておどろおどろしい感じは全然なかったケド。(^.^;

一方後半は大化け、ヴァイオリンの超絶技巧にピアノの力強くて華麗なタッチが絡み合って、大盛り上がり。(*´Д`*)

ロッシーニは何とも皮肉っぽい旋律の中、玩具箱のように次々とヴァイオリンの小技が飛び出し、ワクワク感満載。(^o^

ベートーヴェンは打って変わって、愛嬌のあるヴァイオリンとピアノの掛け合いが男女の会話のように続き、明るい第1楽章から、ちょっと抑えた第2楽章、そして再び明朗な第3楽章と、可愛らしいメロディを紡ぎあげる。

そして圧巻はサラサーテ。立て続けに繰り出すヴィルトゥオーゾを、力強く響くピアノが支えて、まるでオケでオペラを聞いてるかのように朗々とカルメンの歌声が響き渡る。(*´Д`*)

アンコールのフォーレは定番、しっとり静かに歌い上げる名曲だけど、やっぱりヴァイオリンはあまり丁寧に鳴らしてない感じ。

結局のところ、超絶技巧以外はあまり興味なさそうな演奏で、ツボにはまると聞き応え抜群。でも曲を選ばないと勿体無いカモ?(^-^;

| | Comments (0)

マルゴー三重奏団@武蔵野市民文化会館

武蔵野市民文化会館の小ホールで、古楽器のマルゴー三重奏団を鑑賞。

フォルテピアノはヨハン・ゲオルグ・グレーバー ウィーン式(跳ね上げ式)5本ペダル。何でも青年時代のショパンが使っていた楽器に近いモデルだとか。古色蒼然として豊かな木目が美麗。(*´Д`*)

フォルテピアノの荒木紅さんは、昨年ここで聴いたインマゼール先生の教え子。

 

エルスネル:グランド・トリオ 変ロ長調

ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 作品3

<休憩>

ショパン:ピアノ三重奏曲 ト短調 作品8

<アンコール>エルスネル:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第2楽章

 

ショパンの師エルスネルは初めて聴いたけど、第1楽章は綺麗で可愛らしい旋律、第2楽章はちょっと雰囲気が変わって引き締まり、第3楽章はまた明るく可愛らしい曲調に。(^.^

2曲めのショパンはフォルテピアノとチェロのデュオ。ショパンの華麗な旋律に、古楽器独特の丸くて柔らかい音色が意外にも映えて独特の風合いに。まぁ、こちらが本来の音に近いのだろうけど。(^^;

3曲めはワルシャワ音楽院時代のショパンの卒業作品。第1楽章はピアノとヴァイオリン、チェロがそれぞれ掛け合い、美しくも緊張感のある激しめの旋律が次々繰り出されて引き込まれる。続く第2-3楽章は若干ゆったりして、明るい旋律に古楽器の柔らかい音色が映えることひとしお。最後の第4楽章は踊るように快活な演奏で、響きあう古楽器の豊かな音色を堪能。(*´Д`*)

古楽器はやっぱり扱いが難しそうで、演奏前の音合わせはそれぞれ念入りに時間をかけてた。特にフォルテピアノは、速い演奏はなかなか大変そうだし、そもそもあまり大きな音が出ないので、強弱つけたり表情出すのに工夫が必要な感じ。

| | Comments (0)

アンサンブル・ウィーン=ベルリン@三鷹

三鷹市芸術文化センター風のホールで、アンサンブル・ウィーン=ベルリン木管五重奏団を鑑賞。

メンバーは下記。

  • カール=ハインツ・シュッツ(フルート/ウィーン・フィル首席)
  • ジョナサン・ケリー(オーボエ/ベルリン・フィル首席)
  • アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット/ベルリン・フィル首席)
  • リヒャルト・ガラー(ファゴット/ウィーン響首席)
  • シュテファン・ドール(ホルン/ベルリン・フィル首席)

 

イベール:3つの小品

トマジ:世俗と神聖な5つの踊り

タファネル:木管五重奏曲ト短調

クルークハルト:木管五重奏曲Op.79

ベートーヴェン:弦楽五重奏曲Op.4(木管五重奏版)

<アンコール>

モーツァルト(シェーファー編曲):歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」KV.588によるハルモニームジークより

 美しいセレナードを

 二人の花嫁に祝福あれ

 

クラリネットのオッテンザマーは、ご兄弟をフィルハーモニクス ウィーン=ベルリンで聞いたけど、顔も雰囲気もそっくり。

演奏は流石の名手揃いで聞き応え満点。木管五重奏とは思えない程、豊かで厚みのある旋律が紡ぎ出され、特に滑らかに響くオーボエとクラリネットは絶品。(*´Д`*)

やっぱり金管より木管の方が、音がまろやかで優しいので好みかも・・・(^.^

渋めのイケメンや名手揃いなせいか、終演後のサイン会も大盛況。演奏と移動の繰り返しだろうに、ご苦労様です・・・m(_ _)m

| | Comments (0)

アマリリス弦楽四重奏団@武蔵野市民文化会館

地元の武蔵野市民文化会館でアマリリス弦楽四重奏団の室内楽を鑑賞。

チケット引換が未だったので、少し早めに行って引換後、のんびり開場待ち。

 

ハイドン:弦楽四重奏曲 第67番 ニ長調 Op.64-5 Hob.III:63「ひばり」

ラヴェル:弦楽四重奏曲 ヘ長調

[休憩]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130

[アンコール]

ハイドン:弦楽四重奏曲第39番 Op.33-3「鳥」第4楽章

ハイドンの室内楽は自然な風合いでしっくり馴染むメロディが美しく、リラックスしすぎてちょっとウトウトしたかも。(^^;

ラヴェルは流石の印象派、水面に燦めく光の乱舞のような、捉えどころのない移ろうような美しさ。(*´Д`*)

ベートーヴェンの室内楽は初めて。どんなんなるかと思ったら、やっぱり美麗なメロディながら、これでもかと言うほどクドい・・・(^_^;

アンコールはハイドンの鳥つながり、美しく囀るようなヴァイオリンが歌いまくり。(^o^

 

夕食は、夕方用意しておいたので帰宅後に遅めで。

| | Comments (0)

トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア@三鷹市芸術文化センター

三鷹市芸術文化センター風のホールで、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニアの第79回定期演奏会。指揮は沼尻竜典さん、モーツァルトはご本人の弾き振り!(^-^

ロッシーニ:歌劇『セビリアの理髪師』より 序曲

モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番 ト長調K.453

ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調op.55「英雄」

ロッシーニは軽快で、これから始まる音楽の時間のワクワク感満載。

モーツァルトの弾き振りは、個人的には今日の目玉で、期待通りの明るく快活で華麗な演奏を堪能。(*´Д`*)

ベートーヴェンは、相変わらずクドいものの、力強く流麗な旋律は流石の名曲。(^^;

 

終演後のおやつは定番の横森カフェで、絶品プリン・ア・ラ・モードと定番シフォンケーキ。

午後のコンサートの後だと、ちょうどおやつ時を過ぎて店が空いてるのがありがたい。(*^o^*)

| | Comments (0)

樫本大進&ベルリン・バロック・ゾリステン

地元の武蔵野市民文化会館で、樫本大進&ベルリン・バロック・ゾリステンの室内楽。

 

アルビノーニ:オーボエ協奏曲 ニ短調 Op. 9-2

ヴィヴァルディ: 弦楽のための協奏曲 ト短調 RV156

マルチェッロ:オーボエ協奏曲 ニ短調

ヴィヴァルディ:オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 変ロ長調 RV548

(休憩)

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」 Op.8 Nos.1-4

(アンコール)

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」第4番「冬」第2楽章

 

コンマスのヴィリ・ツィンマーマンさんの立ち姿は、すらりとしなやかで正にロマンスグレー。

オーボエのジョナサン・ケリーさんは、久々に生で聴くヴェルヴェットトーンで、現役時代の宮本文昭さんを想起。

樫本さんの四季は、溜めもあまりなく始まり、息をするように自然に軽やかに「春」第1楽章へ。名手達による、楽しそうにアイコンタクトしながらのアンサンブルに陶然・・・(*´Д`*)

 

終演後の帰り道、リュックの中でオペラグラスのケースが見つからず。焦ったせいか、アンコールの掲示を見逃した・・・orz

| | Comments (0)

阪田知樹ピアノ・リサイタル@横浜みなとみらいホール

横浜みなとみらいホールの大ホールで、 阪田知樹のオール・リスト・プログラム。
13:00開演と珍しいぐらい早めのコンサートだけど、休憩2回挟んで終わったのは16:00、アンコール4曲という大サービス。
とりあえず開始前に、地元のブーランジェリー・ラ・テールで買ったレモンパンとひよこ豆のカレーパンで腹ごしらえ。

 

セットリストはサイトおよび終演後の会場掲示から引用。

 

<第1部>
バラード 第1番 変ニ長調 S.170/R.15
パガニーニによる超絶技巧練習曲 S.140/R.3a より 第3曲 変イ短調「ラ・カンパネッラ」
  第4曲 ホ長調 「アルペジオ」
夜想曲「夢の中で」S.207/R.87
ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調 S.244/R.106 (カデンツァ:阪田知樹)
(休憩20分)
<第2部>
ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178/R.21
(休憩15分)
<第3部>
パガニーニによる大練習曲 S.141/R.3b より 第3曲 嬰ト短調「ラ・カンパネッラ」
ベートーヴェン/リスト:アデライーデ (第3稿) S.466/R.121
ベッリー二/リスト:歌劇「ノルマ」の回想 S.394/R.133

<アンコール>
シューマン(リスト編曲):献呈
ラフマニノフ(阪田知樹編曲):ヴォカリーズ op 34-14
ガーシュウィン(E.ワイルド編曲):アイ・ガット・リズム
ヴェートーヴェン:バガテル op.126-4

 

阪田知樹のピアノは、あまり癖がなくて、繊細で優しいタッチながら重厚なところはパワフルで聞きごたえあり。
特にピアノ・ソナタは、重たい主題を力強く鳴らしつつ、詩的でロマンチックなメロディを随所に交えて、まさにリストの真骨頂。(*´Д`*)
今回2バージョン演奏したラ・カンパネッラは、超絶技巧・・・の方がやっぱり色々野暮ったくて、大練習曲版はお馴染みの洗練された美麗なメロディに仕上がってる感じ。

 

アンコールは、何度も出入りしては次々演奏、結局4曲も披露する大盤振る舞いに。(^_^;
アップテンポなアイ・ガット・リズムで盛り上がった後、バガテルでしっとりクールダウンしてようやくお開き。

 

時間が結構遅くなったので、隣の横浜ワールドポーターズまで足を伸ばし、自然食バイキングのはーべすとで早めの夕食に。

 

とは言え、5時前だったのでランチメニューとなり、値段は安め。
5時以降のディナーメニューで入れ替わる鍋等は対象外になるけど、別に問題ないし。
デザート込みで腹一杯食べて、ドリンクバーも付けて2人で4千円程度だから、まぁまぁお得。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トマ・オスピタルのオルガン・リサイタル@武蔵野市民文化会館

今日は武蔵野市民文化会館小ホールで、トマ・オスピタルのオルガン・リサイタル。
パイプオルガンはデンマークのマルクーセン&ソン(1984)だそうな。

 

第1部 バッハ:
シンフォニア〜カンタータ第29番より(トランスクリプション: M.デュプレ)
「汝の御座の前に、われ進み出で」 BWV 668
トリオ・ソナタ 第4番 ホ短調 BWV528
トッカータ、アダージョとフーガ BWV 564

第2部 オルガン近現代名作集、即興:
ジャン・アラン:クレマン・ジャヌカンの主題による変奏曲、 アニ・ヤヴィシュタに 捧げる2つの舞曲
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲(トランスクリプション: T.オスピタル)
デュリュフレ:アランの名による前奏曲とフーガ
オスピタル:即興
(以上、武蔵野市民文化会館公演カレンダーより引用)

 

アンコール:
H.パーセル:「ディドとエネアス」よりディドの死

 

流石に一流どころのリサイタルとなると、足だけで低音のグリッサンド弾いてみたり、各種音色でオーケストラのように奏でたりと、聞き応え満点。(^o^
第1部は超定番のバッハ、荘厳にして流麗なメロディを満喫。
第2部最初の2曲は、若干現代音楽っぽいので、あまり好みじゃなかったけど。
バルトークのオルガン版は意外にお洒落で美しくまとまってた。
続くデュリュフレは、火の鳥を連想させるような変幻自在のメロディと音色に陶酔。(*´Д`*)
最後の即興は次々と美しい旋律を紡ぎ出して大満足。(´▽`)
アンコールはイギリスオペラのオルガンアレンジ。

 

帰りにAKラボに立ち寄って、ミタポンMAPなる市の施策でチケット半券をクーポンに焼き菓子プレゼント。
でも以前と違って1枚1個じゃなく、1回1個とのこと。orz
まぁ1ヶ月間なら何度でも使えるから良いか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィルハーモニクス@池袋

東京芸術劇場でフィルハーモニクス ウィーン=ベルリンを鑑賞。
先日女優さんと結婚されたリーダーでヴィオラのティロ・フェヒナーは、残念ながら怪我で欠席。

J.シュトラウスⅡ/ギュルトラー編:喜歌劇「こうもり」より序曲
コンツ:ニュー・サティースファクション
ポッパー/コンツ編:演奏会用ポロネーズ
マーキュリー/ギュルトラー編:ボヘミアン・ラプソディ
ヒックマン/オッテンザマー編:ローズ・ルーム
ショスタコーヴィチ/トラクスラー編:ピアノ協奏曲第2番
(休憩)
コンツ:ラシアン・オーヴァチュア
グリーグ/オッテンザマー編:ロマンツァ
フェリシアーノ/ギュルトラー編:フェリス・ナヴィダ(メリー・クリスマス)
パガニーニ:モーゼ幻想曲
ブラームス/コンツ編:ハンガリー舞曲第1番
フィルハーモニクス(タカヒロ サクマ編):パガニーニの主題による狂詩曲
(アンコール)
サウンド・オブ・ミュージック メドレー
コンツ:バルカン・パーティ

冒頭からあまりの音の美しさに絶句、特に第1ヴァイオリンは思わず笑っちゃうくらい美麗な音色を朗々と響かせる。(^.^;
全員名手で息のあったアンサンブル、しかも皆が心底楽しそうに音楽を楽しんでるのが伝わってきて、こちらもつい引き込まれながら微笑。
編曲も素晴らしく、お馴染みの絶品メロディが次々と現れて、あっという間に時間が過ぎていく。特にラシアン・オーヴァチュアは、くるみ割り等のメロディアスな名曲が続々登場、ロシア音楽がいかに優れたメロディメーカーを輩出してきたか痛感。

次は是非、全員揃ったフルバージョンに期待。(´ε`*)

ちなみに久方ぶりの東京芸術劇場は各所がクリスマスツリーで彩られ、天井には一際目を引く鮮やかな天井画が。

20181214_01

20181214_02

20181214_03


20181214_04

夕食は地元吉祥寺でトラットリア・チッチョに。
ビオワインをグラスでいただきつつ、バーニャカウダや生ハム等でつなぎ、メインは子羊の炭火焼で。
特に、お手頃価格で美味しいワインを厳選してグラスで出してくれてるのがありがたい。(*´Д`*)

20181214_05

20181214_06

20181214_07


| | Comments (0) | TrackBack (0)

風のホールでジョルディ・サヴァール

三鷹市芸術文化センター・風のホールで、古楽の偉い人ジョルディ・サヴァール鑑賞。

ジョルディ・サヴァール&エスペリオン XXI:
スペイン黄金世紀の舞曲-フォリアとカナリオ〜旧世界と新世界〜

■カルロス1世(神聖ローマ帝国皇帝カール5世)の時代
ディエゴ・オルティス:ラ・スパーニャ 
作曲者不詳(CMP121)/即興:フォリア・アンティグア
作曲者不詳(CMP12)/即興:フォリア・アンティグア「ロドリーゴ・マルティネス」
ジョスカン・デ・プレ/ ルイス・デ・ナルバエス:千々の悲しみ「皇帝の歌」(ハープ独奏)
ディエゴ・オルティス:フォリアIV–パッサメッツォ・モデルノIII– ルッジェーロ–ロマネスカVII– パッサメッツォ・モデルノII
フランチェスコ・コルベッタ:前奏曲–カプリス・ド・シャコンヌ
スペインのフォリア(ギター独奏)
ディエゴ・オルティス:パッサメッツォ・アンティーコI-サラバンダV
作曲者不詳/即興:ティシュトラの伝統的なグアラーチャ
■フェリペ2世の時代
ペドロ・ゲレーロ:ダンサ・モリスカ
アントニオ・デ・カベソン:フォリア–パヴァーヌとそのグローサ
作曲者不詳(トルヒーリョ写本、ペルー)/即興:カチュア・セラニータ
サンティアゴ・デ・ムルシア:ファンダンゴ(ハープ独奏)
作曲者不詳/即興:フォリアに基づくディフェレンシア
フランシスコ・コレア・デ・アラウホ:“Todo el mundo en general”に基づくグローサ
作曲者不詳/即興:カナリオス
アントニオ・ヴァレンテ/即興:ガリャルダ–ハラベ・ロコ(ハローチョ)
(以上風のホールイベント情報より引用)

■アンコール
Gwertz(ブルターニュの伝承曲)
マラン・マレ:ミュゼット

サヴァールのトレブル&バス・ヴィオールと、メンバー4人のテオルボ、スペイン・バロック・ハープ、ヴィオローネ、パーカッションのこじんまりした編成。
奏でられるのは16世紀頃のスペイン舞曲、リズミカルでノリがいいのに、メロディアスな旋律は哀調を帯びて物悲しく、古楽器の柔らかく素朴な音色と相まって、懐かしいような不思議な感慨を呼び起こす。
「太陽の沈まない国」と豪語したカルロス1世、フェリペ2世のスペイン全盛期なのに、少し不思議な感じ。

知らない曲ばかりだけど、あっという間に過ぎ去った心地よい時間でした。(*´Д`*)
美しい古楽に触れる機会を安価に与えてくれた三鷹市に感謝。m(__)m

ちなみに、時間が半端になったので、いつもの横森カフェにはよらず、まっすぐ帰宅して早めの夕食。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧