文化・芸術

ミレイ展@東急Bunkamura

今日はせっかくの晴天3連休でもあり、午後から渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムでジョン・エヴァレット・ミレイ展へ。
もうすぐ終わりで昼間は混んでるそうなので、まずは地元・吉祥寺DevaDevaで遅めのランチ。食べ終わって出てきたら入店待ち行列できててビックリ。(@_@;
少し時間ズラし、チケットぴあで前売り券(当日券より100円安い大人¥1,300)買ってから渋谷へ。

16:00頃Bunkamuraザ・ミュージアム到着、当日券売り場の行列を横目にさっさと入場。
入り口辺りは相当混雑、行列にはまり込むと何時間かかるかって感じなので、適宜ショートカットしながら先へ。

・オフィーリア
流石に目玉の逸品、行列どころか人だかりで進まず。大物なので後ろからでも十分鑑賞できたけど。
草木や花々と水面の精緻な描写が圧倒的。その中で沈みゆくオフィーリアの何とも言えない表情が・・・凄いけど、あまり身近で見たい絵じゃないって感じ。(^^;

時間遅めにしたおかげもあり、ここから先は人もさほど多くなく、割と余裕もって見られた。

・1746年の放免令
「写真じゃないの、これ?!」ってのが第一印象。服の布地の質感といい、犬の毛皮や尻尾の質感といい、とても人が絵筆で描いたものだとは・・・(@_@;

・信じてほしい
娘を問い詰めてるらしい父親、娘の背に回した手には必死で隠そうとしてる手紙が・・・
何だかわかんないけど物語を感じ、立ち止まってしばし鑑賞。

・北西航路
老いと誇りに満ちて一癖ありげな老船乗りの、したたかな表情と拳の力感に見惚れることしばし。こういうお爺ちゃんカッコいい。(^o^

・初めての説教/二度目の説教
こういうのをファンシー・ピクチャーというらしい。最初は緊張してかしこまって聴くものの、2回目となるとウトウト・・・可愛い〜(*^-^*)

・きらきらした瞳
若さ故の無垢な野心というか生意気盛りというか、ちょっと危なっかしい力に満ちた目の輝きと、小生意気にも見える唇が印象的な1枚。

・旦那様当ての手紙
偉い人に大事なお手紙を届ける少女、上目遣いに見上げる瞳には、幼子ならではの愚直な観察に、そこはかとなく卑屈と打算の気配が・・・(^^;

・国王衛士
長い務めを終えて解任される老衛士。華やかな王宮に相応しい深紅のお仕着せが、老い衰えた姿とは対照的で痛々しい。その顔には忠誠を貫き通した誇り、何とも言えない哀愁と諦念・・・健気なお爺ちゃんカッコいい。(T^T)

・ハートは切り札
肖像系で一番気に入ったカモ。カードでくつろぐ3人娘はそろそろ結婚適齢期、いい男捕まえてやるオーラ全開、でもちょっと弱気にも見えたりして・・・三人三様の奥深い表情に見惚れることしばし。f(^o^;

・エヴェリーン・テナント
議員先生のご令嬢の肖像画。ちょっと澄まして溌剌とした表情、赤のドレスのドレープの信じられないような写実性に、立ち止まってしばらく見惚れた。

・露に濡れたハリエニシダ
トリその1の風景画。流石イギリス妖精の郷って感じで、ピクシーとか飛んできそうな朝の森の光の情景。ぼんやり霞んで幻想的・・・

・穏やかな天気
トリ真打ちの風景画、写真のごとき精密さで描かれたスコットランドの森の一幅。手前の木の葉はくっきりと描かれ、カワセミの青は目に鮮やか。中間の木立はちょっとボヤけて黄色く、更に奥には艶やかに紅葉した木々がぼんやり霞み、湖面は全てを鏡のように映し出す。何の変哲もない風景とも言えるけど、均質に空間を切り取る写真じゃ絶対表現できないだろうって幻想的な一枚。ちょっと離れてしばし堪能・・・(*^.^*)

出口前で¥2,500のカタログと絵はがき数枚購入して鑑賞終了。
写真かと見紛う精密さもさることながら、人物の表情の深さを堪能して大満足。(^-^

出たところのカフェでお茶してホットチョコレート&タルトタタンで一服、わりと美味しかった。
夕食は地元に戻ってオーガニックイタリアンのトスカーナへ。相変わらず何でも美味しい。(*^-^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

文学座「久保田万太郎の世界」観劇

連れ合いの旧友が出演するお芝居に行って来た。
文学座OfficialBlog: 【自主企画】「久保田万太郎の世界」のおしらせ

場所は以前も行ったことのある有楽町線小竹向原駅徒歩5分のサイスタジオコモネAスタジオ。地下の数十席しかない小っちゃなスタジオだけど、その分至近距離で演技に接するので迫力あり。
空調がちょっと強すぎたり弱すぎたりするのが難ではある・・・(-_-

演目は休憩はさんで2つ、「雪の音」と「不幸」。
もの知らずの自分は存じ上げなかったけど、久保万って独特の語り口等で非常に高名な方らしい。(^^;

内容は・・・役者さんの演技力が命の、何とも不思議な小世界。
「雪の音」は雪降る年始の一夜のささやかな物語。元芸者のオバ様と家事手伝いの女性が二人暮らしの家に、旧知の元芸者さんが久方ぶりに訪れる。挨拶の後きりだした相談事は・・・
「不幸」は父娘二人暮らしで御難続きの商家で、訪れた叔父さんと出入りの業者さん(?)の4人が語り合う人生の機微、みたいなお話。
どちらも何程のこともない極ありふれた庶民のささやかなエピソードに終止。でも、何てことない庶民のささやかな悲哀や感慨、したたかさ等、役者さんが生き生きと力強く演じて思わず引き込まれた。知人の演技も、しっとり落ち着いた挙措のなかに悲しみを越えて凛と立つような、女性ならではの強さがにじみ出るようで素敵。流石文学座。(^_^
更に、一室のみの小さな舞台を凛と引き立てるのが、襖の開け閉めや畳の上での立ち居振る舞い、座布団やお膳の取り扱いなど、昭和の古き良き和の文化。役者さんたちの一挙手一投足が、今の日本人の感覚からすると凄くエキゾチックで新鮮な異文化に見えたり。「万太郎調」と言われるらしい独特の語感と相まって、何とも不思議で魅力的な小世界を堪能できました。(*^-^*)

ちなみに、会場1Fのカフェ&雑貨屋サイマーケットは、オーガニック/エコ系に気合いの入ったお店。芝居のチケットに割引券のオマケが付いてたのもあり、観劇後にお茶してきた。
ノンカフェインコーヒーやバーガー等、いずれも美味。食物アレルギー持ちの連れ合いも特に問題なく、美味しくいただけて大満足。(^-^)
雑貨屋の方では、アクセサリーや住まいの雑貨からオーガニック小麦粉など食料品まで幅広く取り扱ってたり。オーガニックポテトチップスなんて珍しいものもあり購入。
こういうお店がもっと増えてくれると、もっと生きやすくなるんだけどネェ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア皇帝の至宝展

先日行った西本智実さん指揮のロシア皇帝の至宝展記念コンサートでおまけにチケット付いてたので、ロシア皇帝の至宝展 - 世界遺産クレムリンの奇跡 - に行ってきた。
何故か一人頭チケット引換券が2枚付いてたのに気づかず、2枚が無駄に。もっと早く気づいてりゃ誰かにあげるとか出来たのになぁ・・・

C070616

行く途中、近所の猫がダルそうにねそべってたのでご挨拶。梅雨入り直後なのに晴天で助かったけど、熱いよねぇ・・・(^_^

場所は両国の江戸東京博物館。両国駅から徒歩3分、すぐ見えるので迷いようもなし。
二本足で立ってるようなヘンな形の巨大建造物で、1階の展示室以外にも図書館だの常設展示だのといろいろあるらしい。引換券をチケットに換えてもらい、まず展示室へ。

展示されてるのはクレムリン博物館のあれこれ。帝政以前の時代から雷帝やエカテリーナなどと、順を追って工芸品やらイコンやら典礼用武器やらを見ていく形。
特に印象に残ったのは、やっぱり武器の数々。宝石をちりばめた皇帝の曲刀は、持ちにくそうだけど風格は流石。火打石式の銃にも凝った細工が施されてて、ヘラクレスのネメアの獅子退治と聖ジョージのドラゴン退治が彫り込んであったりする。
最後の方の小劇場では、いかにも金かかってそうなCG映画でウスペンスキー大聖堂内部の様子が見れた。でもこの手のコンテンツなら、別に特別なイベントでなくても良さそうな・・・
それにしても、ロシア人ってやっぱりデカい。聖職者の衣装とか鎧とか展示されてたけど、どれも日本人が二人入っちゃいそうなサイズ。(^^;
初公開とかうたってるクレムリンエッグは、まぁ綺麗だけどそんなに凄いものでもないような。全般に目玉というか大物が乏しい感じで、時間の無駄とは言わないけれど、これ単独だったら絶対来なかったろうなぁ・・・って感じ。

だいたい2時間くらいかけてゆっくり回った後、同じチケットで入れるというので上階の常設展示を覗いてみた。こっちは江戸と東京それぞれの地理とか風俗とかいろいろ。やけにだだっ広い空間を使って、日本橋とか建物とかまで再現してる大掛かりな展示。

L070616
日本橋の下にはかなりデカい芝居小屋が建ってて、中には当時の歌舞伎のいろんな舞台仕掛け解説や、実物大の舞台模型が展示。

L070616_2
芝居小屋の前は広めの休憩所になってて、山車が展示、なぜか関雲長が鎮座。(^^;

結局そこまでで力つきて、東京の方の展示はパス。江戸の方だけで1時間くらいはかかったはず。全部見るならこれだけで一日仕事だなぁ・・・
でもおまけのおまけにしてはなかなか楽しめたカモ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)