無双シリーズ

真・三国無双6 Empires(2)

続いて在野の劉備で「反董卓連合」。

 

・190年1月:支援者契約して在野で牙を研ぎつつ在野の関羽を勧誘・・・独りだと軍略画面が寂しい。orz

・190年7月:虎牢関の戦いに参戦、袁紹囮に敵主力を自陣深く攻め込ませ、迂回路から背後を扼して敵本陣に単騎突入、ギリギリで董卓撃破。v(^-^;

・190年9月:関羽がようやく仲間になり、放浪軍結成。v(^_^

・190年11月:隣へ移動してた在野の張飛を見つけて、運良く一発登用、ようやく義兄弟そろい踏み。(^.^;

・191年3月:諸葛亮のデフォルト所在地へ移動して、在野から運良く一発登用!(*´Д`*)

・191年4月:続けて月英さんも一発登用!・・・これ、もしかして劉備の隠しボーナスだったり?f(^-^;

・191年7月:趙子龍が在野でいる北平に移動して旗揚げ、相当劣勢ながら孔明様らを囮に敵将を引けつけておき、単騎で敵本陣まで強引に兵站線つないで、敵本陣をギリギリ制圧して辛勝。

・191年8月:趙子龍を一発登用。

・193年1月:イベントムービーで、行幸中の民の笑顔に仁道を改めて決意する劉備。

・193年12月:武器開発連発で武器Lv4まで強引に上げて、襲撃重ねてお金溜めて、Lv4の風武器購入してから隣の袁紹領土へ侵攻、敵先鋒を放置しつつ兵站線は維持、敵本陣に主力でカチコミかけて速攻撃破。

・197年1月:商業開発と施しで収入力Max、武器開発と訓練もLv5まで上げて、袁紹討伐の準備を着々と進める。

・198年2月:呂布陣営に侵攻して滅ぼすも、捕らえた呂布は帰順せず。劉備が斬る訳にもいかないのでやむなく解放・・・orz

・198年11月:何度か勧誘して、呂布と貂蝉、呂蒙、司馬懿らを在野からget。v(^o^;

・199年12月:覇天イベントムービーで、劣勢に追い込んでた袁紹が強硬策で勢力拡大、天下統一宣言・・・(-_-;

・201年5月:馬騰勢力滅亡。

・203年8月:孟獲勢力が降伏勧告に屈して袁紹配下となり、袁紹と劉備様のタイマン状態に。f(^.^;

・203年10月:関羽と義兄弟となり、劉備と二人で桃園の誓いイベントムービー。

・203年12月:関羽に続き張飛とも義兄弟になると、ちゃんと三人バージョンで桃園の誓いイベントムービー。・・・もっと早く見てあげればよかった。f(-_-;

・205年9月:敵領土を分断しようと中央へ攻め込んだら、たまたま袁紹捕縛、登用したらあっさり軍門に降って、劉備様三国統一・・・えぇぇぇえ!?(@_@;

・仁君の誕生を祝う孔明様や関羽、張飛ら宿将達。

| | Comments (0)

真・三国無双6 Empires(1)

真・三国無双6のストーリー、クロニクルとも3ヶ月程度でコンプリート、武器も全部揃えて、第2武器も推し武将ではそこそこ遊び倒したので、続けて中古で保護してたEmpiresに移行。データ移行とか引継特典あれば無印もうちょっと遊び込んだのだけど。(-_-

とりあえず争覇モードをデフォルト設定で、まずはシナリオ「184年 黄巾の乱」から、お決まりの曹操様。

・184年1月:君主何進の配下として許昌でスタート。

・とりあえず規律中心に名声上げつつ、チョコチョコ襲撃かけて武器も収集、街で支援獣の絶影を購入。

・184年6月:何進の黄巾軍討伐遠征に参加、張角を討って黄巾党壊滅。

・186年:長安防衛戦に参戦して攻め込んできた馬超を撃退、天水に攻め込んで占領。

・187年2月:漢中太守に昇進。

・188年3月:西涼に侵攻して馬騰を撃破し占領。夏侯惇友好度Sに。

・189年2月:侵攻等成功を重ねて、大将軍に昇進。v(^-^

・192年8月:董卓や小喬、孫堅あたりにガードしまくられて大苦戦していたところ、陰陽珠と風属性第二武器持たせたら状況激変、まるで別のゲームに・・・(-o-;

・193年8月:任務で呂布の推挙を提示され受諾、やってみたらあっさり応諾・・・いや裏切られそうで怖いんですケド?(-_-;;

・195年2月:侵攻戦に次々参戦して勝ちまくり、遂に主君の何進が天下統一。喜び勇んで称える曹操様・・・シュール。f(^o^;

 

| | Comments (0)

真・三国無双6:ストーリー:晋

ストーリーモードの三国終えてようやく晋へ。

 

●公孫淵の乱

・魏に背き燕王を称した公孫淵を討伐する司馬懿。

・凡愚の下らない乱に己が才を持て余すと嘆く司馬懿。

・魏は曹丕の後継者に恵まれず、蜀は大敗の傷を癒して引きこもり、呉はそれら動向を窺って動かず。

●蜀討伐戦

・好敵手なき世に居場所がないと魏の表舞台から身を引いた司馬懿、大将軍・曹爽が起こした無用の戦に次男の司馬昭を派遣。

・司馬懿の教えを受けたことがあると言う鄧艾、遠征軍の兵糧庫を狙う動きを読まれているので夜襲に備えるべき、と曹爽への進言を司馬昭に相談。

・お目付役の王元姫、司馬懿の真意は曹爽の器の見極めにありと見抜くものの、面倒だとボヤく司馬昭。

・警告を無視して兵糧庫急襲を命じる曹爽に、やむなく従う司馬昭、案の定奇襲された本陣にとって返し救助、友軍の退路確保へ。

・面倒だとボヤきつつ攻めるも退くも鮮やかな司馬昭の指揮を称賛する鄧艾、やはり司馬一族が混乱する魏の希望と期待。

●正始の変

・戦や政に飽きて宴と遊興に耽る曹爽。凡愚の先王を許す程心が広くないと嘯く司馬懿が遂に決起。

・曹爽の留守中に王宮を制圧、戻ってきた曹爽を捉えて引導を渡す司馬懿。

●蜀撃退戦

・曹爽と血縁の夏侯覇が粛清を恐れ蜀へ亡命して将軍就任、機と見た姜維が進攻開始、息子達に迎え撃たせる司馬懿。

・司馬師と司馬昭に追い詰められた姜維だが、諸葛亮に誓った仁の世への執念を叫びつつ、夏侯覇に引きずられるように撤退。

●王淩の乱

・魏の幼帝廃位を目論んだ逆賊、王淩を討つ司馬懿、呉の介入を警戒して速攻。

・顔色が悪いと案じる王元姫に休んでいられないと応じる司馬懿だが、次々と世を乱す身の程知らずの暗愚達に苛立つ・・・

●東興の戦い

・家族にも隠していた病で司馬懿が倒れ、司馬師を後継として指名。自信を示す司馬師に、せいぜい道を誤らぬことだと高笑いする司馬懿・・・最後までブレないなぁ。f(^.^;

・司馬一族の下で安定した魏、孫権や陸遜が病没して揺れる呉を攻める。

・司馬昭に緊張感がないと苛立つ諸葛誕だが、東西の城を両方攻め落とすと逸り立った挙句、丁奉の策にはまり川で分断される窮地に。

・分断されるリスクを悟っていながら面倒と諸葛誕への説明を怠った司馬昭を叱責しつつ、諸葛誕の救助に向かう王元姫。

・司馬昭の奮戦もあり無事に全軍離脱に成功する魏軍。

●合肥新城の戦い

・諸葛恪率いる呉軍に攻勢に、司馬師も援軍を率いて司馬昭らと合流、決戦へ。

・諸葛恪を追い詰めた司馬師だが、丁奉に割り込まれて取り逃す。

●第二次蜀撃退戦

・人心掌握のため敗戦の責は敢えて弟の司馬昭のみに爵位放棄の形で負わせる司馬師、父をさえ超える声望を得て、実権は魏帝をも上回る。

・未だ覇道の仁のと志ばかりを語る姜維ら蜀に鉄槌を下さんと迎え撃つ魏軍。

・蜀についた夏侯覇を涙を呑んで追い詰めた郭淮だが、割り込んだ姜維に後ろから射倒され絶命。夏侯覇も後退し、姜維に立ち向かう鄧艾。

・虎戦車による本陣奇襲を戻って撃退、敵を指揮する関索を撃破。

●司馬師襲撃

・司馬一族を受け入れる勢力と旧勢力に二分されつつある魏。兄の暗殺計画を耳にした司馬昭が警告に赴いたところ、刺客を誘うかのように独り悠々と散策する兄の姿が。

・司馬昭と共に刺客を一掃、最後の一人に顔を斬り付けられたものの生き延びた司馬師、天命は我にありと確信。

●毌丘倹・文欽の乱

・敢えて己を囮に反対勢力を燻り出した司馬師、暗殺に関与した帝を挿げ替えるものの、反発が更なる反乱を招く。

・反乱を制圧したものの、矢傷のため戦場に倒れる司馬師、全てを持っていた天才には天命のみが欠けていた・・・弟の司馬昭に全権を託して倒れる司馬師。

●第三次蜀撃退戦

・継承の隙をつき兵権を奪おうと魏帝が司馬昭を許昌に留めたものの、蜀の進攻もあり解き放たれる司馬昭。

・姜維を退けて声望を勝ち取り、天下の覇者として立つ司馬昭。

●第四次蜀撃退戦

・魏帝が諸葛誕をそそのかして暗躍、そして姜維も再び攻勢。鄧艾らに迎撃させる司馬昭、天下を乱す蜀こそ排すべき凡愚と見定める。

・功名心から強引に主導権を握る鍾会、夏侯覇を退けて増長。

・一方、姜維の不在に危機感を抱く鄧艾、姜維の陣発見の報に鍾会が危ないと動き出す。

・次々と鍾会の先を進んで罠を退け勝利に導く鄧艾、姜維を退けたものの、衰えないその執念が蜀さえ滅ぼすと危惧。

●諸葛誕の乱

・一触即発となった諸葛誕が遂に蜂起、やむなく討伐に向かう司馬昭、呉との連動に憤る。

・次々と呉の援軍を退け包囲を固める司馬昭。焦った諸葛誕は血迷い、民を城外へ出して兵糧節約を、と提案した配下を斬殺・・・(-_-;

・投降した敵を敢えて許し自軍に組み込む司馬昭、その器の大きさを見せつけられた篭城側は心を攻められ絶望・・・

・敵将を次々寝返らせ、開城させて諸葛誕を討ち取る司馬昭。

●皇帝蜂起

・遂に乱を終わらせ天下を統一する覚悟を定めた司馬昭に追い詰められ、魏帝・曹髦が武力蜂起。

・曹髦を弑逆した司馬昭、乱世を治めると誓う。

●成都攻略戦

・敢えて帝位につかない司馬昭、形骸化した戦を繰り返す蜀に引導を渡すべく陽平関へ。

・成都へ競って進軍する鍾会、夏侯覇を撃破して遂に討ち取る。

・同じく成都へ向かう鄧艾も、亡き父・諸葛亮の幻影を繰り出す諸葛瞻を撃破、遺志に囚われるなと諭しつつ進軍。

・自ら前線に出てきた劉禅、暗愚故報告ではなく自身の目で見定めたかったと司馬昭に告げ、余裕で全てを呑む王者の風格と評する。もっと前に会いたかったと笑んで応じる司馬昭、まずは劉禅を撃退。

・姜維を倒した司馬昭、速やかに開城して降伏した劉禅を暗愚どころではないと絶賛、互いの器を正しく知り敗北必至と見抜いて、余力を残して国を譲り民を流血から救ったと指摘。

・宴に劉禅を招く司馬昭、蜀の楽曲でもてなし、死者達の夢想に捕われない次の時代を開くと共に宣言。

・晋王即位の1年後に司馬昭は没し、息子が魏帝を倒して自ら帝位に。政変で力を失った呉も後に降伏、三国はことごとく司馬一族の手に・・・

| | Comments (0)

真・三国無双6:ストーリー:呉

続けて呉のストーリーモード。

 

●黄巾の乱

・乱を憂い家族を守るため立ち上がった江東の虎・孫堅。

・怪しげな術を操る張角を一刀両断した孫堅、世を乱すから退治したのみと言い放つものの、その牙を乱世が放っておかないと不吉な予言を残す張角。

●涼州討伐

・兵を惜しみ反乱討伐を滞らせる董卓に、業を煮やした王室が孫堅へ協力を命令。

・孫堅らが乱を収めたものの、虐殺に走る董卓。奴を放置しちゃいけねえ気がすると警鐘を鳴らす孫策だが、乱世が終われば消え去る悪鬼と静観を促す孫堅。

●区星の乱

・長沙を預けられた孫堅、乱を鎮圧に。父や兄に及ばぬ己をもどかしく思う孫権だが、人の意見をよく聞くと褒める孫尚香と黄蓋。

・若き虎・孫権の活躍で乱を平定、地盤を固める孫堅。一方、都では董卓の暴虐が始まり、袁紹率いる討伐軍に身を投じる孫堅。

●反董卓連合

・敵の猛将、華雄を瞬時に切り伏せた関羽の武勇に瞠目する孫権。

・敗れた董卓は長安へ逃げ、その暴虐により廃都と化した洛陽へ踏み入った孫堅、残されていた玉璽を手中に。

●荊州の戦い

・玉璽のことを嗅ぎつけた名族・袁紹が引き渡しを求め、袁術の庇護を頼った孫堅、見返りとして劉表討伐に協力。

・あくまで玉璽を帝に返して漢室を守りたい孫堅に、力にふさわしい責任を果たすべきと苛立つ長男の孫策。

・首尾良く劉表を討った孫堅だが、劉表が潜めていた雑兵の凶刃に倒れ、後事を孫策に託す・・・

●呉郡の戦い

・身内を守るためやむなく劉表に身を寄せた孫策、覇気と軍略を恐れられ飼い殺しにされたものの、玉璽と引き換えに自由とわずかな兵を獲得、江東の地で次代の炎が燃え上がる!

・一騎打ちで孫策の熱さに打たれた太史慈も配下に下り、小覇王と称えられる孫策。一方、北方では帝を擁する曹操と、玉璽を持つ袁術が対立。

●寿春の戦い

・袁術討伐の連合軍の陣中で、孫策が曹操の覇気に警戒する傍ら、劉備と邂逅する孫尚香。

・袁術を討ち果たしたものの、気になる劉備が孫策ばかり褒めそやすので若干御冠な孫尚香。(^^;

●許昌急襲

・反旗を翻した劉備を攻めた曹操だが、対立する袁紹にも軍を向け、その隙を突いて許昌に攻め込む孫策。

・許昌攻めに反対した許貢が怯えて城壁から落ちたことを気に病む孫策、道士于吉に付け入られ、心根を測ると称して幻影相手の戦いに引き込まれる。

・父より託された身内を守る道のため、例え父の幻影でも斬って進むと吠える小覇王。だが遂に于吉本人を倒したと思われたのも束の間、またも幻惑しつつ現れる于吉、常人に倍する覇気と運を持って生まれた故に命数は常人の半分にも満たぬと言い放ち、その幻の向こうから許貢の仇!と矢を射掛ける兵士達が・・・いやこれただの暗殺じゃん。凸(-_-#

・突然胸騒ぎを覚え、兄の姿を求めて駆け出す孫権、練師を連れて戦場を駆け抜け、周瑜や孫尚香の危機を次々救って勝利を得たものの、致命傷を負った孫策が歩み寄る。父や自分よりお前は凄い、と称賛する孫策、周瑜ともども後事を託し逝去・・・(;_;)

●夏口の戦い

・重圧におしひしがれる孫権だが、練師に叱咤されて立ち直る。

・父の仇の黄祖を討ち果たし、甘寧らを配下に加え、人心をまとめて立つ孫権。

●赤壁の戦い

・大軍を擁する曹操の降伏勧告、劉備の共闘提案に国論が割れる中、仲間を信じ未来を見据えて選ぶと劉備との共闘を選んだ孫権。

・川を埋め尽くし身動きとれない曹操の大船団に起死回生の火計を立案する周瑜様、東南の風を吹かせてみせると約束する孔明様。

・諸葛亮の儀式のおかげか首尾良く東南の風に煽られ火計成功、次々と曹操の大軍を打ち破り、遂には逃げる曹操を追い詰める黄蓋。ところが関羽、張飛らを従えた諸葛亮が割って入り、早々追撃は任せろと制する。その真意を訝しむ周瑜様。

●南郡の戦い

・未だ大勢力を誇る曹操に仕掛けて天下二分を企む周瑜だが、立ちはだかるのは守りに長けた曹仁、更に真意の読めない劉備軍も布陣。

・曹操軍をおびき寄せて火計、劉備軍も出し抜いて曹仁を破ったものの、更に先を読んでいた孔明様の策により関羽に拠点を先制され、流れ矢による周瑜の負傷もあり出遅れる。

・追い込まれた孫呉の起死回生の一手として孫尚香と劉備の政略結婚が成立。

・傷の癒えない周瑜、孫権は器で孫堅に及ばず覇気で孫策に及ばないものの、己の無力を知ってなお勝てる策を巡らす強さがある、と孫権を激励し、帰らぬ人に・・・

●合肥の戦い

・そして新たな世代の戦いが始まる・・・呂蒙の指揮で次々敵陣を破る甘寧と凌統。

・張遼の罠にはまり奇襲を受けた孫権だが、太史慈が身を盾にして庇い命を落とす。

・凌統といがみ合っていた甘寧だが、凌統が孫権を、自分が孫権と凌統を守ると告げて和解。

●樊城の戦い

・何とか曹操を押し返した孫権だが、領地を割譲しながら関羽を居座らせて結局分割するなど、諸葛亮の策にも苦しめられる。そこへ曹操から共に関羽を討つべしとの申し出があり、裏切りの汚名をきて妹を悲しませると覚悟しつつ共闘する孫権。

・伝令や狼煙台を丁寧に潰しながら、関索と関興を撃破。

・遂に関羽を追い詰め討ち果たす呂蒙だが、その病身も限界となり倒れ、陸遜に後事を託す。

●夷陵の戦い

・義兄弟を討たれて怒り狂う劉備が孫呉に攻め込み、諸将の知恵を束ねて迎え撃つ孫権。長駆で疲労した蜀軍を奇襲すべきと主張する凌統に、蜀軍の士気の高さを警告する陸遜、赤壁の如く計略で持久して蜀軍が疲れを自覚するまで粘る策を提案、孫権に采配を任される。

・遂に劉備を追い詰めた陸遜だが、その刃の前に孫尚香が身を投げ出して助命嘆願。追いついた孫権も陸遜を制し、最早蜀に戦う力なく、何よりこれ以上妹を悲しませたくないと停戦を告げる。

・気を落とし病に伏せった劉備は孫尚香の進めで呉と同盟。一方、魏では曹操なき後、曹丕が帝位につき、遂に呉との決戦へ。

●洞口の戦い

・敵増援を各個撃破、曹丕を討った孫権だが、とどめは刺さず、己を信じるものがいる限り逃げてはならないと諭す。

・三國の頂点に君臨した孫権、亡き父や兄らに夢の中で祝福され、信じる仲間たちと花見に興じる。

| | Comments (0)

真・三国無双6:ストーリー:蜀

続いて蜀のストーリーモード。

●黄巾の乱

・黄巾軍に襲われる村を助けるべく、桃園で誓いを交わした義兄弟達と共に義勇軍を率いる劉備。

・張角を討って功を挙げた劉備、その無垢さが近しい者に不幸を招くと不吉な予言を残され憮然。

●反董卓連合

・董卓を討って劉備の名を知らしめようと気炎をあげる関羽と張飛。

・董卓らを退けた劉備だが武功の割には報われず。一方、董卓は呂布の裏切りで討たれる。

●徐州の戦い

・身を寄せた公孫瓚の依頼で陶謙を助け、乱世の姦雄たる曹操軍に立ち向かう劉備、公孫瓚の下にいた趙子龍と出会う。

・呂布の乱入もあり、曹操を退ける劉備だが、流浪の呂布を見捨てられないと配下に加える。流石に人が良すぎると呆れる張飛。

●下邳の戦い

・帝を擁する曹操と和解した劉備、勅命により各地を転戦したものの、呂布に裏切られ拠点を奪われる羽目に。曹操と同盟して呂布討伐に向かう劉備。

・敗れた呂布は曹操に斬られ、張遼はその配下に。

●官渡の戦い

・袁術が帝を僭称したのを機に曹操軍と戦った劉備だが大軍に敗れ、関羽も行方不明に。弱者を救おうという己が志の無力に懊悩する劉備だが、かつて約束を交わした趙子龍が訪れてその志を肯定。

・袁紹の下で曹操軍と戦う劉備軍、しかし敵方に関羽がいた事から疑いを抱いた袁紹にも敵視され、孤立して落ち延びる羽目に。

●新野の戦い

・兵も拠点も失い流浪の身となった劉備だが、誓いを忘れない関羽が合流、劉表の下に身を寄せる。己の志に実現への答えを示してくれる人物を求める劉備に、趙雲が紹介した徐庶が、臥竜こと諸葛亮を推戴。

・劉備を警戒し攻め込んできた曹操軍を迎撃、八門金鎖の陣に困惑するものの、徐庶の導きで撃破。

・諸葛亮を二度訪れながら会えなかった劉備だが、諦めず三度訪れて遂に諸葛亮と邂逅、曹操の覇道に対し仁を持って乱世を収める王道を勧められる。

●長坂の戦い

・曹操に追われる劉備だが民を見捨てられず、その行軍は遅々として進まず。

・取り残された劉備の子、阿斗を救うべく、単騎戦場を駆け抜ける趙子龍!

・守備良く阿斗を救った趙子龍が長坂橋を渡って撤退、殿を買って出た張飛が押し寄せる敵の大軍に「燕人張飛これにあり!」 と大喝一声、気合一つで雑兵達を吹き飛ばす!

・趙雲と張飛の活躍で守備良く離脱成功。

●赤壁の戦い

・曹操から降伏勧告された孫権を、諸葛亮が説得して共闘を約束、赤壁に迫る曹操の覇道の大軍団を迎え撃つ。

・火計の鍵となる南東の風を起こすべく祈祷に励む諸葛亮だが、秘密裏に出撃して曹操の退路を断てと趙子龍に命じる。

・工作船で密かに北へ向かう趙子龍だが、許褚に阻まれ、惜しいところで曹操に逃げられる。

・諸葛亮の命で曹操を追う関羽だが、遂に追い詰めたものの、恩義を忘れきれず見逃す。が、それも策の内と穏やかに嘯く諸葛亮。

●雒城の戦い

・曹操が孫権と睨み合って動けない隙に、着々と地盤を固める劉備軍、愚君を捨て民のため命を投げ出した黄忠、魏延や、臥龍と並び称される鳳雛をも配下に収める。更に孫尚香を劉備の妻として迎え入れ、孫権とも和解し、天下三分のため巴蜀の地をうかがう劉備軍だが、仁をもって立つ劉備は巴蜀を攻め取る事をよしとせず。やむなく鳳雛が一計を案じる・・・

・命令違反を咎める劉備だが、愚君を倒してくれた劉備を称え迎える民の歓声に瞠目。一方、流れ矢で負傷していた龐統は落命・・・

●成都の戦い

・盟友・鳳雛の悲報を聞き、荊州へ関羽を残して成都攻めへ合流する臥龍・諸葛亮、いよいよ天下三分を実現すべく采配を振るう。

・敵の援軍、馬超らを知人の説得で味方につけ、遂に劉璋を追い詰めた諸葛亮、乱世を収める器にあらずと言い放つ。劉備がその器かと言い返した劉璋だが、劉備を歓声で迎え入れる民を見て沈黙。

●定軍山の戦い

・曹操に抗するため孫権と同盟、定軍山で夏侯淵と弓対決に臨む黄忠。

・曹操を追い詰めた黄忠だが惜しくも取り逃し、囮も大変と嘯いて逃げる曹操。負け惜しみと嘲笑する黄忠だが、諸葛亮の心中には一抹の不安がよぎる・・・

●樊城の戦い

・仁の世を切り開かんと息子達を率いて戦う関羽、水攻めで樊城外城を制圧。

・呉が同盟を破り背後から奇襲、魏の大軍と共に包囲され孤立する関羽達。殿を買って出た関平が残り、関羽と共に麦城へ抜けようとする関索。

・ようやく脱出できるかと思われた矢先、追手の大軍に行手を阻まれた関羽、誓いを守れずすまないとの義兄弟への伝言を託した関索を河へ突き飛ばして逃し、自身は敵兵の前で仁王立ち・・・

●夷陵の戦い

・曹丕の魏帝即位に対抗すべく、諸葛亮も劉備に帝位を勧めるものの、関羽の死に憤激する劉備は呉への報復を主張。更に、配下に裏切られた張飛が殺害され、裏切り者が呉へ逃亡。怒り狂った劉備は絶叫、悲しみにくず折れる孫尚香・・・

・諸葛亮らの反対を押し切って呉への復讐の戦を始める劉備。諫めきれなかった趙雲だが、関羽や張飛に申し訳が立たないと、火計で窮地に陥り所在不明の劉備を守るべく乱戦の野を単騎駆け抜ける。

・呉の勇将、甘寧を討ち取って遂に劉備のもとへ駆けつけた趙子龍、怒りに駆られて継戦を言い張る劉備を肘打ち一つで失神させ、部下に後方へ運ばせる。

・増援を連れてきた孔明様、劉備を白帝城で守りつつ、全軍撤退すべく采配を振るう。

・月英の新兵器を駆使して呉軍を防ぎ、劉備らの撤退を完遂した諸葛亮、敵将陸遜の鮮やかな引き際を見て、周瑜や呂蒙は良き後継を得たと羨む。

・大敗を喫して失意の劉備は病床に。もし劉禅が暗愚なら代わりに蜀を治めるよう、諸葛亮に言い残して劉備逝去・・・

●天水の戦い

・帝位を継いだ劉禅を丞相として支える諸葛亮、呉との同盟を修復し、南の孟獲も説いて味方につけ、いよいよ不倶戴天の魏を攻める。

・敵の若き指揮官、天水の麒麟児こと姜維と対峙する諸葛亮、上司の味方を巻き込む火計に憤った姜維が城を開いて部下を逃したのを見て、仁の心を見出して配下に。

●五丈原の戦い

・魏の司馬懿に馬謖がしてやられ足掛かりを失った蜀だが、己の命数を見定めた諸葛亮は病をおして五丈原の決戦に挑み、知勇兼備の姜維に指揮を預ける。・・・あれ?三尖刀じゃない・・・orz

・敵の伏兵による本陣奇襲を阻み、敵兵糧庫を奪取して優位に立った姜維、司馬懿を挑発して迎え撃つ。

・司馬懿を追い詰めた姜維だが、あと一歩のところで司馬懿の息子達が割って入り逃走。諸葛孔明の前にはこの姜伯約ありと啖呵を切る姜維。

・仁の志が姜維ら次代の担い手に受け継がれたと確信して、孔明様逝去・・・(;_;)

・師の遺志を継ぎ、天の星々に仁の世を成すと誓う姜維。・・・あれ、ここまで?(^^;

| | Comments (0)

真・三国無双6:ストーリー:魏

スパロボOGMDの3周目終えて、久しぶりに無双シリーズ、中古ソフト屋閉店セールで保護しておいたPS3版三國無双6。

難易度普通で、とりあえずいつもの曹操様から。

・・・あ、そういえば三國無双5はやってなかったのか・・・(-_-;

 

●黄巾の乱

・使いやすい惇兄のC2、C3で雑魚を蹂躙、風の妖術は迂回路から術者を倒して突破、祭壇の祭器を壊して張角の炎の妖術も破り撃破。

・ただ孟徳に従うのみと言い放つ夏侯惇、忠節が裏切りで報われるやも・・・と唆す雑言を一顧だにせず張角を切り捨て、これからも頼むと労う曹操様に獰猛不敵な笑みで応える。(^-^

●董卓の罠

・黄巾の乱討伐の功で出世した曹操様、幼なじみの名族袁紹に協力して腐敗の根源たる宦官を討ったものの、西涼から董卓が台頭。

・袁紹からも助力を求められている曹操様、董卓の呼び出しに応じていかなる世を築くかと問いかけ、私利私欲による酒池肉林の世と断言されると「いっそ、潔い」と苦笑しつつ、不毛な世の手伝いは御免ときっぱり拒絶、伏兵に襲われて宮中で戦闘開始。

・陳宮の助けも借りた曹操様、呂布の追撃も何とか振り切って脱出、夏侯惇・夏侯淵と合流し、董卓をこの目で見ておきたかったと嘯く。

●反董卓連合

・夏侯淵で華雄を退け、中央で孫堅を助けてから、北西の糧食庫を守り、南西で汜水関制圧。

・劉備配下の関羽の武勇に目を見張る曹操様だが、対抗心を燃やした惇兄も刀の冴えを見せつけて張り合い、虎牢関へ突撃。

・投石機で虎牢関破壊、近づくと呂布が出るので距離を保ち、袁紹本陣に突撃してくる敵将達を迎撃し先に殲滅しておく。

・呂布から逃げ回ると勝手にどこかへ行ってくれるので、張遼等を退けて敵本陣に突入、孤立した董卓を討って勝利。

●兗州の戦い

・呂布が董卓を裏切って乱世が混迷を深める中、群雄の一人として名を上げつつある曹操様は黄巾残党の制圧に。

・ならず者の食客してた典韋が夏侯惇と激突、その武勇と気概を認められ、曹操様親衛隊に大抜擢。

・黄巾残党を掃討したものの、畑を守ろうと大男の許褚が立ちはだかり典韋と対峙。

・生きるためやむなく黄巾に加わったと訴える残党に、人の畑を奪えばまた困る人が出ると純朴に諭す許褚。その名言に呵呵大笑した曹操様、あるべき所にあるべき者がおらぬ故の乱世と悟り、生きる術を与えるからついてこいと皆を配下に。

●徐州の戦い

・黄巾残党の精鋭を吸収し着々と勢力を伸ばす曹操様を危険視した袁術が敵対。更にその背後に董卓以上の凶影が迫る・・・夏侯惇が守る兗州を呂布の奇襲で奪われたとの凶報に、足を止めず陶謙を速攻殲滅と苛烈な決断を下す曹操様。

・中央砦を強襲して制圧後、本陣に攻め込んできた張遼を戻って撃退。

・遂に攻め込んできた呂布、貂蝉が負けると更に激昂して手がつけられなくなるものの、ちまちま削ってる間に陳宮の火計が成功して呂布後退。そのまま一気に攻め込んで陶謙、劉備らを強襲し撃破。

●宛城の戦い

・落ち延びてきた帝を迎えて都周辺の地盤を固める曹操様が宛城に攻め込むと、張繍は軍師賈詡の提案で降伏したものの、宴会に乗じて孤立した曹操様を奇襲。

・何とか城外へ血路を切り開いた典韋だが、待ち構える賈詡の罠に万事休す、身を挺して曹操様を逃がし無数の矢の前に仁王立ち・・・(;_;)

・典韋の弔い合戦と気炎をあげる曹操軍だが、当の曹操様は冷徹に賈詡の策を見抜く。

・賈詡を破った曹操様、情はかけぬが己を追い詰めたその才を役立てよと登用、役に立たねば斬ると断言。

●徐州の戦い

・呂布に裏切られた劉備を受け入れ、共に徐州の呂布に挑む曹操様。

・籠城する呂布に、水門を襲って水攻めする曹操軍、本陣奇襲を狙った張遼を本陣に戻って返り討ちに。

・遂に捕われた呂布、天下が欲しいなら俺を使えと曹操様に迫るものの、一顧だにせず斬れと命じる曹操様。一方、潔く死ぬべきと諫めた張遼には斬らぬと告げる曹操様、力を貸せと登用。

●官渡の戦い

・覇道を恐れた帝による曹操暗殺計画が露呈したものの、民を動かすには帝が必要と言い放ち帝を威圧する曹操様、新しき世を皆に見せるため覇道を往くと宣言。

・袁術を討たせたものの背いた劉備を退ける曹操様、劉備は取り逃したものの関羽が客将として配下に。

・遂に名族袁紹と決着をつけようとする曹操様。大軍を破るべく、賈詡が囮を使った各個撃破を献策するも、囮を誰にするかが肝要と指摘する関羽。ならば曹操こそ適任と次男の曹丕が冷徹に提案、流石曹操の息子と称賛する賈詡。

・次々現れる敵の伏兵を各個撃破、官渡城で遂に袁紹本隊と対峙。寝返った許攸に兵糧庫へ案内させようという賈詡の策を進める曹丕。道中倒した甄姫と張郃をクールにたらし込んでそれぞれ妻と配下に。

・義兄弟たる劉備と敵味方として再会した関羽だが、曹操への義理は果たすと寝返らず。

・兵糧攻めから大軍を打ち破り袁紹を捕らえた曹丕、父の時代が来ると呟きつつ、それもいずれ過去になると不穏な独白。

●長坂の戦い

・乱世を乱す劉備を討つべく張遼に追撃を命じる曹操様、せめて民は巻き込まぬよう進言する張遼に、返り血を浴びるのは命じた自身と断言。

・趙子龍、張飛ら並居る猛将を次々倒して逃げる劉備を追い詰める張遼だが、最後に関羽が立ちはだかり劉備を逃す。

・惑う劉備に仕える関羽らでは曹操の刃たる自分に勝てぬ、と言い放つ張遼だが、部下を置いて逃げられず戻ってきた劉備に斬りかかるや、力尽きたはずの関羽、張飛、趙子龍らに阻まれ困惑。劉備が共にいる限り無敗と言い切る関羽らが劉備を守って逃げ延び、乱世は終わらぬと苦く呟く曹操様。

●赤壁の戦い

・劉備は落ち延び、孫権と対峙する曹操様だが、臥竜と美周郎の策が待ち受ける・・・

・孔明様と周瑜の火計にしてやられた曹操様、大軍を壊滅させられながらも許褚が血路を切り開いて何とか脱出地点へ。

・許褚に殿を任せて逃げる曹操様、罠を噛み破って山を抜け脱出地点へ。

・最後に立ちはだかる関羽だが、敢えて曹操様を見逃し、これから雄飛する劉備は曹操と互角に渡り合えるとの自信故と断言、いずれ首をもらうと宣言。

●潼関の戦い

・かつて暗殺計画に関与した馬騰を討った曹操様に、西方の雄たる馬超が牙を剝く。

・敵は烏合の衆と見抜いた賈詡、旧知の韓遂を説得するよう曹操様に依頼。

・馬超を討って勝利。

●陽平関の戦い

・劉備が益州を得て蜀を建て天下三分の計が発動。一方、何やら焦りを見せる曹操様は劉備を牽制すべく出征・・・

・南西の砦を奪取したら、速攻単騎で北東の兵糧庫へ攻め上って制圧。

・張魯を討った曹操軍だが、その隙に孫権が合肥へ進軍。その地に我が刃ありと落ち着き払う曹操様。

●合肥の戦い

・大群に恐れを成し篭城を進める部下に、撃って出なければ瞬時に落とされると叱咤して先陣を切る張遼。

・次々敵将を打ち倒す張遼だが、孫権はあと一歩のところで取り逃す。

●定軍山の戦い

・何故か蜀へ攻め込まず本拠へ戻った曹操様。劉備が逆襲に出て、定軍山を守る夏侯淵が黄忠と弓の達人勝負。

・守備良く押し返したものの、捕らえた黄忠の逆襲にあい、運悪く愛用の弓が折れて、夏侯淵倒れる・・・(;_;)

・増援連れてきた曹操様は、冷徹に撤退路の確保を命令、憤る夏侯惇。

・諸葛亮を討って退路を開き撤退成功。

・関羽が樊城を攻めたと聞いて計画通り引き出せたと司馬懿と頷き合う曹操様、そのためにこそ漢中を犠牲にし、想定外の夏侯淵の犠牲さえ出したものの、最大の障害たる関羽を打ち取れれば本望だろうと悔やまず。

・憤る夏侯惇に、敢えて弔い合戦を許してくれたと取り成す張郃、殿の涙が見える気がすると語る。

●樊城の戦い

・同盟した呉の軍勢を待てば良いと出撃を止める曹操様に、病に気づかぬと思ったか、と啖呵を切る夏侯惇、死ぬ前に天下の片鱗だけでも見せてやると豪語して出撃。

・水攻めを噛み破って関平らを撃退。

・遂に関羽を討った夏侯惇、最後まで義と武を見せつけたと忌々しげに呟きつつ軍旗でその亡骸を丁寧に覆う。

・遂に三國で優位に立った曹操様だが、もはや病は隠すべくもなく、遂に覇道を曹丕に譲る決心。ようやく詫びられると典韋、夏侯淵のなを口にした曹操様、そのまま眠るように逝去・・・(;_;)

・漢帝を廃して魏帝となった曹丕、父とは違う世を作ると宣言しつつ、己が覇道は曹孟徳が歩んできた覇道の先にあると亡き父を称える。その背後から野望に満ちた双眸を向ける司馬懿だが、振り向いた曹丕には面を伏せて野心を包み隠す・・・(-_-#

 

| | Comments (0)

無双OROCHI2Ultimate(1)5章〜8章

新キャラと追加シナリオに魅かれて買ってしまったPS3版無双OROCHI2Ultimate。無印版のセーブデータ引き継げるのはありがたい仕様。(^o^
とりあえずパッチ当てて、初回封入特典のハロウィンコスチュームをダウンロードして、まずはストーリーモード開始。

●プロローグ
・何やら注連縄で封印された巨岩と荒れる空、「争え・・・暴なる意志を天地に満たせ・・・我が目覚めのために」と天に響く怪しい何者かの声(微かに重なる女の声)・・・その気配を察した悟空は遠呂智復活か!と安直に面白がるものの、妲己は「遠呂智様、ねぇ・・・」と微妙な反応、とりあえず調べてみることに。
・同じく気配を察したかぐや達のもとに、既に奪還したはずの上田城が何者かに奪取されたとの急報。時空をねじ曲げ干渉する何者かを警戒する竹中半兵衛。

●5章:争乱始動戦
・不戦を誓った三国と戦国の英雄達による平和。しかし天から轟いた魔王のごとき声に招かれた妲己達は、微かに魔王の力を感じさせる岩を発見。魔王の気配は感じないものの、面白がる妲己、いち早く不穏な気配を察知してやってきた姜維らに戦いを挑む。
・姜維らを順次撃破して捕虜に。
・最後に南西へ撤退しようとする竹中半兵衛を倒して戦闘終了。
・力を増した巨岩が、捕らえた姜維の複製を生み出し、驚く妲己達。面白がる妲己に対して、嫌な予感がする、なんかこの岩見覚えがある・・・と孫悟空は離脱宣言。
・陣地へ戻った偽姜維、妲己と織田軍が手を組んだと蜀・徳川連合の皆を欺き、本能寺へ急行するよう指示、自身は援軍を呼んで来ると別行動。

●5章:本能寺急襲
・偽姜維に欺かれ、織田が妲己と組んだと信じて本能寺に攻め込んだ蜀・徳川連合。
・敵将を討ちながら侵攻、中庭で織田軍伏兵出現。
・伏兵撃破して更に侵攻、明智光秀らの伏兵も撃破。
・最後に織田信長を倒して戦闘終了。
・信長に刃を突きつけ何故妲己についたと責める星彩達。そこへ本物の姜維が駆けつけて蜀軍を制止。
・偽物に欺かれたと悟った一同、妲己に対抗すべく改めて共闘を約束。
・今度は魏軍が織田軍に進軍中。戦いを躊躇う乱丸に、動かなければ黒幕を引き出せないと窘める濃姫、「今は戦に興じよう、ぞ」と信長。
・陣地会話で伏犠、陽平関に旧知の気配を感じ、様子見に行くことになり、3章「陽平関防衛戦」解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず関平で雑魚狩りして、800人斬り+佐久間信盛撃破で仙界武器出現。その後、稲姫で突撃したけど時間切れ・・・
・再チャレンジで、なるべくショートカットして進み、10分以内に森蘭丸までたどりつき、稲姫で倒して仙界武器出現。

●5章:南郡防衛戦
・妲己の目的を訝しむ間もなく、今度は魏軍が南郡に迫り、やむなく迎え撃ちつつ戦に興じる織田勢。
・南東に後退した郭嘉を追撃すると、三成らの奇襲部隊が北西の織田軍本陣を急襲。
・奇襲部隊を退けると、今度は妲己が偽信長を連れて出現。二人とも倒して戦闘終了。
・イベントムービーで妖気吹き荒れる巨岩から、鏡を携えた妖艶な美女出現、玉藻前と名乗り、面白がる妲己。そこへ駆けつけた信長様御一行が立ちはだかるものの、玉藻前の鏡が烈光を発して信長様御一行消失・・・(@_@;
・陣地会話でガラシャ、司馬師らが孫一や司馬昭の行方不明を案じ、妲己捜索戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず森蘭丸で雑魚狩りしつつ、織田信長で5分以内に郭嘉撃破して仙界武器出現。続けて森蘭丸で、10分以内800人斬り&甄姫撃破で仙界武器出現。
・神鏡編で偽信長倒して、神鏡により九尾の狐の尾と正体看破、宝珠獲得。更に陣地会話で仙界逃亡戦解放。

●5章:妲己捜索戦
・密かに、だが次々と英雄達が消えてゆき、事態を案じるガラシャ、司馬師、伊達正宗らが、妲己を捕らえて手がかりを得るべく進軍。
・中央広場に妲己らしき姿を発見して進軍。続いて南東に妲己らしき姿を発見。おびき寄せて挟撃する罠と読んだ島左近や司馬師、逆に伏兵で奇襲するべく東の砦を制圧。
・南東に攻め込むと妲己はおらず、中央広場に敵伏兵出現。すかさず自軍伏兵で迎え撃ち、敵の注意を北にひきつけておいて、敵将を排除しつつ南から西へと回り、上田城へ侵攻。
・迎撃に出て来た清盛らを撃破。王元姫、清盛にそこはかとなく違和感。
・北西に現れた卑弥呼らを撃退。
・北西の天守閣に攻め込んで妲己撃破、戦闘終了。
・イベントムービーで、妲己に詰め寄る正宗らの前に、突然玉藻前が転移出現。こちらも転移で駆けつけた神農、かぐやが制止するも間に合わず、まとめて鏡の烈光に消失・・・
・そっくりなのに違和感のある異境で、周囲を探る神農達。

●6章:友軍説得戦
・謎の女、玉藻前の鏡が放つ光で奇妙な空間に迷い込んだ司馬司達。陸遜、司馬昭らが率いる軍勢を発見して接触。
・まず北西の陸遜に接触するも問答無用で戦闘になり、やむなく全員捕縛。
・続けて東に侵攻、同じく司馬昭らを捕縛。中央に出て来た小太郎ら敵援軍を撃破して戦闘終了。
・陸遜曰く、味方を装った将に何度も襲われ、疑心暗鬼だったとか。仲裁に駆けつけたかぐや姫と神農、ここは仙界の鏡である神鏡の中で、敵は玉藻前が操る鏡像だろうと説明。
・他の姿を消した英雄達が鏡像に襲われているだろうと、救援に急ぐ一行。
・陣地会話で賤ヶ岳奇戦解放。

●6章:賤ヶ岳奇戦
・事情がわからぬまま神鏡の中の異境を彷徨う秀吉達、鏡像の三成らと遭遇。
・現れた味方に次々欺かれる秀吉達、遂に三成、孫策らにまで刃を向けられ愕然。そこへ神農が現れ、これらは言葉も想いも届かない似姿、と鏡像の正体を明かす。
・残敵掃討して戦闘終了。
・神農、玉藻前は人の悲しみや怒りを糧とする魔性で遥か昔も人を騙して争わせ、そのため殺生石に封じられたと説明。
・陣地会話で合肥奇戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始、秀吉で雑魚狩りして500人斬り&徐盛撃破で仙界武器出現。

●6章:合肥奇戦
・異境を彷徨う幸村達、主筋たる信玄公と遭遇し、苦悩しつつ戦闘開始。
・南西の砦で、孫堅らと合流して救助。
・南東から回り込んで中央砦を挟撃。
・北東から信玄公らが到着、参戦。二人の信玄公に挟まれて困惑する幸村とくのいち。
・敵将掃滅して戦闘終了。神農とかぐやが合流して事情説明。かぐや、この世界が完全には閉ざされていない気配がする、と言って、脱出の可能性を求め気配を探る事に。
・陣地会話で山崎奇戦解放。

●6章:山崎奇戦
・脱出路を探る一向に再び襲いかかる孫呉縁の軍勢だが、虚実は戦の牙にて問うと不敵に笑う孫堅。
・孫市、光秀を救助すると落石発生。信長救援のため、西から天王山へ。
・信長、濃姫、乱丸らを救助して合流し、北西へ侵攻して孫尚香撃破、戦闘終了。
・陣地会話で神鏡脱出戦解放。
・「難しい」で開始して孫権で雑魚狩り、800人斬り+周泰撃破で仙界武器出現。

●6章:神鏡脱出戦
・後少しで脱出できそうな一行の前に、またも鏡像達が立ちはだかる。かぐや、神農らは脱出路を探るべく後方待機。
・南から侵攻して順次敵将撃破すると、敵伏兵が本陣急襲。急いで取って返し敵伏兵撃破。
・次は北から侵攻、鬼島津とか撃破すると、これは本物だったらしく合流。
・鏡像の周瑜らを撃破すると、更に鏡像の呂布が出現。呂布倒して戦闘終了、脱出路出現。
・神鏡は割れ、一行は無事元の世界に復帰。神農曰く、玉藻前の再封印には神農、伏犠、女媧の三皇の力が必要だとか。
・陣地会話で玉藻前封印戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず凌統で雑魚狩りしつつ、北に出て来たぎん千代を立花宗茂で撃破して仙界武器出現。引き続き東へ侵攻、凌統で10分以内に500人斬り+黄蓋撃破で仙界武器出現。

●6章:玉藻前封印戦
・三皇が玉藻前を封印できるよう、戦って玉藻前の妖力を削ぐべく挑む直江兼続ら。
・妲己を倒すと何やら忙しいと後退。
・玉藻前の気配を感じ取って晴明様が駆けつけ、敵の動きを抑えるべく十二神将を放つ。更に北西側の中央辺りに龍穴を見つけ、制圧して玉藻前の妖術を妨害、敵将復活停止。
・妲己が火計を発動、更に呂布の鏡像×4出現。
・女媧が伝令を放ち、西に到達すると迦具土がやってきて消火。
・北西砦に攻め入って、妲己、玉藻前を撃破して戦闘終了。
・イベントムービーで、玉藻前を再び殺生石に封印する三皇。還って来た平和の中、桜を愛でる英傑達。神鏡の欠片を眺めてつまらないと嘆く妲己&卑弥呼だが、きっとまた・・・と更なる争乱に期待。
・陣地会話で、恐らく遠呂智の力の欠片を得た玉藻前が封印を弱め、妲己の助力を得て負の力を集め封印を解いたのだろう、と神農が推測。再び封印が破れる危険を綾御前が指摘すると、神農曰く、本来魔を封じるものである神鏡を使えば完全に玉藻前を封印できるかも、とのこと。割れてしまった神鏡を取り戻すべく過去に戻る決意の英傑達、神鏡捜索戦解放。

●6章:神鏡捜索戦
・不完全な殺生石の封印の代わりに神鏡で玉藻前を完全封印すべく、神鏡が割れる前からやり直す甘寧達。
・北東の砦、東の砦を制圧して伏兵仕込んでから南下し、妲己の伏兵に逆襲。
・妲己が繰り出す清盛鏡像も撃退、更に妲己&卑弥呼も撃破。
・上田城天守閣で玉藻前を撃破。
・イベントムービーで、ようやく玉藻前を追い詰めたものの、一瞬の隙をついて玉藻前は逃亡。残された神鏡は罅が入っており完全な封印には使えず。罅が入る前の完全な神鏡を入手すべく、まずは神鏡が割れた瞬間を特定するため、逃げた玉藻前を探すことに。
・陣地会話で手取川防衛戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず信玄公で雑魚狩りしつつイベント進め、7分以内500人斬り&敵増援の百々目鬼撃破で仙界武器出現。続けて甘寧で1000人斬りして仙界武器出現。

●6章:手取川防衛戦
・完全な神鏡を得る手がかりをつかむため、消えた玉藻前を捜索する英雄達。そこへ何故か蜀・徳川連合と魏・織田連合が交戦開始、急いで向かう典韋達。
・曹操様に事情を聞くと、報復だと怒り狂う馬超らがいきなり攻めてきたとのこと。心当たりのない曹操様が説得しようにも馬超は聞く耳もたず。
・前線から順次敵将排除して進軍、祝融らも撃退して浅井長政まで道を開く。
・お市が長政の説得を試みるも、何故か長政は聞く耳もたず。そこへ突然やってきた孔明様、全て長政の描いたシナリオと看破、曹操様につくと宣言。長政は不利を悟って退却。
・馬超を倒して戦闘終了。王異が冷たく理を説き、馬超も不承不承矛を収めることに同意。
・陣地会話で兗州救援戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず王異で雑魚狩りしつつ進め、8分以内に500人斬り&孟獲撃破で仙界武器出現。続けて典韋で8分以内に西の孟優、帯来洞主、忙牙長撃破で仙界武器出現。
・神鏡編で、祝融らを撃退後に神鏡で浅井長政の正体看破、偽長政は一度撤退。最後に孔明様が馬超を説得すると、偽長政が再度出現、撃破して戦闘終了。

●6章:兗州救援戦
・蜀・徳川連合と魏・織田連合の停戦も束の間、今度は武蔵、アキレウスらの独立勢力が魏・織田連合を急襲。急ぎ救援に向かう夏侯淵達。
・まず西から南下して敵の囲みを破り、黒田官兵衛、賈詡らを救援。
・続いてアキレウス、レイチェルらを順次迎撃。その間に南へ潜入して来たリュウ・ハヤブサとかすみも撃破。
・最後に武蔵が再度出現、負傷してるらしい張角もやってきて、双方撃破して戦闘終了。
・頭に血が上った武蔵、張角を騙し討ちしたと怒り狂うものの、夏侯淵が諭して協力要請。
・陣地会話で牛頭山探索戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず夏侯淵で雑魚狩りしつつ、小次郎で南の武蔵撃破して仙界武器出現。それから夏侯淵で500人斬り&リュウ・ハヤブサ撃破で仙界武器出現。
・神鏡編で、最後に出て来た張角を神鏡で偽物と暴き、戦闘終了。

●6章:牛頭山探索戦
・蜀・徳川連合から玉藻前発見の報を受けて牛頭山へ向かう曹操様御一行。
・敵将を順次撃破して北西に向かい、孤立していた龐統を救助。
・敵将全滅でイベント発生、龐統が曹操様達を偽物呼ばわりして敵対。更に張飛らが蜀増援として出現。偽龐統の罠と悟った曹操様だが、どうやら本物らしき張飛は聞く耳もたず、止むなく戦闘継続。
・敵全滅で戦闘終了。偽龐統撃破時に尻尾らしきものを確認。
・董卓と袁紹が戦っていると聞き、神農に仲裁を依頼する曹操様。
・陣地会話で許昌謀略戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず曹操様で雑魚狩りして、5分以内500人斬り&髪鬼、後眼撃破で仙界武器出現。続けて鄧艾で800人斬り&龐統撃破で仙界武器出現。
・神鏡編で、龐統を神鏡で偽物と暴き、撃破して戦闘終了。

●6章:許昌謀略戦
・怒り狂う袁紹が許昌に攻め込んで来て、迎え撃つ董卓軍。
・敵方にいた司馬昭の説得を試みるも聞く耳もたず、やむなく撃破すると小太郎が尻尾を確認。
・神農達が仲裁にやってきたものの、董卓は聞く耳もたず、力押し撃破。
・袁紹倒して戦闘終了。袁紹は負け惜しみいいつつ撤退。
・神農が董卓達に事情を説明。小太郎も、近頃戦を煽動する怪しげな者共がいる、とほくそ笑む。董卓、事情は理解してないものの、自分を騙す輩はけしからん、と協力を約束。
・次の争乱を抑えるべく剣閣に向かう神農、鍾会が同道。
・陣地会話で剣閣内乱解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず風魔小太郎で雑魚狩りして、500人斬り&司馬昭撃破で仙界武器出現。続けて鍾会で雑魚狩りして800人斬り&阿国撃破で仙界武器出現。その後董卓で・・・は時間切れ。再度チャレンジして、董卓で800人斬り&石川五右衛門撃破で仙界武器出現。
・神鏡編では、まず神鏡で司馬昭の正体を看破、偽司馬昭を撃破。更に顔良の正体看破して撃破。

●6章:剣閣内乱
・内乱状態の蜀・徳川連合に介入。まず関羽側の太公望様に接触、玉藻前の謀略を阻むためにも、まず関羽側の将を救助するよう依頼される。
・順次敵将撃破して関羽側の将を救援。
・北西の投石機を使って孤立した張飛を援護砲撃、救援。そこから崖を飛び降りて敵将倒し開門。
・敵側の鮑三娘、この戦いは関羽のせいとだと主張、板挟みで苦悩する関索。
・張飛と接触すると、どこかで関羽が孤立していると知らされる。
・東で孤立した関羽を救援。関羽が敵本陣に向かい、決着を要求。
・関索と鮑三娘を倒して戦闘終了。尻尾を見せた鮑三娘、最早ここまでと獣の尻尾に変化し空へ飛び去る。
・太公望、玉藻前の変化の術は自分でさえ見抜けない、と騙されて悔やむ関索を慰め、尻尾の行方は仙術で突き止めたと宣言。
・陣地会話で厳島の戦い解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず関羽側の将の救助は放置して北へ突貫、投石機で5分以内に張飛救助して仙界武器出現。家康は時間切れなので、再チャレンジ。今度は最初から家康で雑魚狩りして、なんとか8分以内1000人斬りで仙界武器出現。
・神鏡編で、関羽救援後に三娘が偽物とあたりをつけて太公望が献策、関羽が討たれたと偽情報を流して偽三娘を誘き出し、神鏡で正体看破して撃破、戦闘終了。

●6章:厳島の戦い
・偽英雄の正体が玉藻前の尾の変化と発覚、その飛び去った先である厳島へ向かう龐徳達。
・敵の妖術で毒霧が発生。
・敵将順次撃退しつつ、皆で北東の社へ向かうと、毒霧の元凶が出現、倒すと毒霧消失。
・南の玉藻前を撃破して捕縛。玉藻前曰く、神鏡入手は遥か昔でよく覚えていないとか。そこへ妲己が現れて転移の妖術で玉藻前を逃がす。
・妲己を倒して戦闘終了。
・かぐや曰く、かつて神鏡は天帝が所有していたが、魔物との戦乱にて遠呂智に殺され、神鏡も失われたとか。
・伏犠の過去へ向かい、天帝を護って神鏡を探す事に。
・伏犠、かつて天帝を護れず遠呂智に討たれた屈辱を思いつつ過去へ。かつての戦友、応龍と再会。
・陣地会話で仙界防衛戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず服部半蔵で雑魚狩りしつつ、敵将順次撃破して北東の社へ向かい、10分以内500人斬り&卑弥呼撃破で仙界武器出現。続けて前田利家で雑魚狩りしつつ敵将撃破、1000人斬り&玉藻前撃破で仙界武器出現。

●7章:仙界防衛戦
・遥かな過去、仙界を統べた天帝が遠呂智に殺害され、熾烈な戦いの果てに遠呂智幽閉。時を遡って天帝を救おうにも、当時仙界の主な将は魔物との激戦にあったため、下手に干渉すれば仙界が破滅する恐れさえあり禁忌とされた。伏犠は当時得られなかった人界の英雄達の助力をあてに過去へ旅立つ。
・敵将順次撃破して進軍、北西の敵本陣を落として戦闘終了。戦いのさなか、天帝殺害時に遠呂智はどうやって侵入した?と状況を訝しむ伏犠。
・イベントムービーで、斬った敵将が死なず、あのお方ある限り滅びぬと嘯いて逃亡。あのお方?と訝しむ応龍に、いつの間にか忍び寄った玉藻前が何やら讒言、応龍「あのお方が、諸悪の根源だなどと・・・」と苦悩。
・伏犠は逃げた敵将を追撃、応龍は何やら確かめに天帝のもとへ帰還するとか。
・陣地会話で天帝救援戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず伏犠で5分以内に300人斬り&洞窟付近掃滅で仙界武器出現。再チャレンジで今度は応龍で6分以内に300人斬り&手洗鬼撃破で仙界武器出現。

●7章:天帝救援戦
・天帝の居城に先行した応龍を追う英雄達だが、城内には魔物が満ち、今度こそ天帝を救うべく先を急ぐ伏犠。
・イベントムービーで、天帝のもとにたどりついた応龍、神鏡で魔物達を封じる天帝を目撃、「鏡をもって魔物を意のままにする・・・あの女の言葉は本当であったか、天帝!」と憤る。・・・いや封じてるんですけど?(^^;
・東の敵を一掃して、移動橋をセット。更に南で、伏犠が呼びかけて門を開けさせ、宝玉操作して南の階段をセット。
・天帝の玉座まで到達するとイベントムービー。皆を騙し魔を使役するなどけしからんと怒り狂う応龍、天帝から神鏡を奪い抜き打ち一閃!神鏡にひびが入り、溢れた魔が応龍を取り込んで・・・なんと遠呂智顕現!・・・なんか応龍、どっかで見たような気はしてたんだけど。(@_@;)
・天帝に切り掛かる遠呂智を、間一髪駆けつけた伏犠が鍔迫り合って制止、今度こそはさせぬと一喝。
・傷ついた天帝を南西の脱出地点まで護衛して戦闘終了。
・玉藻前の暗躍に気付いてない伏犠達、なぜ応龍が神鏡を壊したかは謎のまま。遠呂智をこのままにはしておけない、と蔡文姫が協力を申し出る。
・陣地会話で仙界動乱解放。
・五行山へ遠呂智を追撃すべく協力する英雄達。哪吒と悟空も合流予定だが、何故か他の仙人達と連絡がとれず、訝しむ伏犠、以前も何故か足並みがそろわなかったと吐露。竹中半兵衛、その状況に心当たりがあるものの、今は動く時と敢えて追求せず。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。明智光秀で雑魚狩りして、11分以内1000人斬りで仙界武器出現。

●7章:仙界動乱
・辛くも天帝を護って戦場を離脱したものの、天界の将達は何故か足並みが揃わず、遠呂智率いる魔物達に苦戦。戦いで動けない素戔嗚に代わり、哪吒と孫悟空が遠呂智討伐に向かうこととなり、伏犠と人界の英雄達も同行。・・・あ、哪吒がまだ生身だ、でも性格は変わんないみたい。(^-^;
・居合わせた太公望ら天界の将が、何故か次々離反して敵対。竹中半兵衛、以前も似た事があったような・・・と、姿を見せない玉藻前の暗躍と看破。
・南で木吒と合流、南西に怪しい奴らがいたとのことで、南西へ向かう。
・神農や女媧まで出現して敵対、木吒もいつの間にやら離反。
・竹中半兵衛、玉藻前は近くにいるはずと、中央捜索して発見。
・玉藻前、鏡像の将を生む力を得るため、天帝が魔物を操っていると応龍に讒言したことを明かし、おかげで神鏡が手に入ったと応龍を嘲笑。
・玉藻前を撃破したものの逃亡、戦闘終了。
・天帝が負傷から回復。竹中半兵衛が玉藻前封印のため神鏡を貸してくれと頼むと、傷ついた神鏡の修理には清らかな気が不可欠で、そのためには遠呂智を退ける必要があるとのこと。天帝が遠呂智を封じる機会を作るべく、助力を約束する英雄達。
・陣地会話で魔王幽閉戦解放。

●7章:魔王幽閉戦
・遠呂智を封印すべく天帝に協力して古志城に攻め込む英雄達。
・哪吒が先走って単騎で先行、遠呂智に挑んでイベントムービー。烈しく打ち合うものの遠呂智に及ばない哪吒、壁に叩き付けられた挙げ句、瘴気塊を打ち込まれて消滅・・・(-_-;
・東からは北上できないので、西から北上、北の砦を奪取。
・城内を西から南に回り込んで跳ね橋を降ろし、天帝が入場。
・遠呂智撃破して戦闘終了。イベントムービーで、倒れた遠呂智に詫びながら天帝が封印。
・天帝、既に応龍の魂は変質しており、元に戻ることはないと断言。哪吒は素戔嗚が甦らせるはずだが、記憶は失われるだろうとのこと。玉藻前は姿を消したので、神鏡を修理して未来の玉藻前を封印すべく英雄達に托す天帝。
・陣地会話で妖姫討伐戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始、まず呂布で1000人斬りして仙界武器出現。続けて姜維で狙ったけど失敗。
・やり直して、スピード優先で姜維で800人斬り&跳ね橋降下後の南の魔物達(怪火・後眼)を撃破して仙界武器出現。

●7章:仙界逃亡戦
・恨みや憎しみを糧とする玉藻前は生きるために悪行をやめられず、仙界を逃亡しながら徐々に妖気を失っていく。そこへ近づき親しげに語りかける安倍晴明と孫悟空。利用するつもりで同行を受け入れる玉藻前。
・晴明様、かつて妖狐に世話になったので、妖狐に縁があるなら力になるとのこと。一方悟空は、いたずらが過ぎると封印された恨みから、仙界の奴らに仕返ししたいとか。
・北へ逃げると、伏犠の結界により阻まれ、南へ転進。
・伏犠、神農、太公望、三蔵法師らを退けて北西の脱出地点へ到達、最後に女媧を倒して戦闘終了。
・イベントムービーで、上機嫌に勇戦をねぎらう玉藻前だが、「首尾は上々」「あとは・・・」と意味ありげに振り向く悟空と晴明様。ハッと振り返る玉藻前に、いつの間にか復活した伏犠と神農が迫り、倒したばかりの女媧も何事もなかったかのように立ち上がる。「謀りおったな!」と憤る玉藻前だが時既に遅し、三皇に囲まれて殺生石に封印。
・協力をねぎらう女媧に、自分の国も彼女に困らされていたから、と答える晴明様。一方、三蔵法師にねぎらわれた悟空は、棒読みだった三蔵法師の下手な芝居に苦笑い。
・九尾の狐が仲間に。
・陣地会話で涼州乱入戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始、まず晴明様で雑魚狩りしつつ、玉藻前で5分以内伏犠・木吒・聞仲撃破して仙界武器出現。続けて安倍晴明で10分以内500人斬り&素戔嗚撃破で仙界武器出現。

●7章:仙界将救出戦
・神鏡を求めて訪れた過去より更に以前、魔物の奸計により窮地に落ちた仲間を救出すべく、応龍、伏犠、哪吒が寡兵で挑む。
・敵に見つからないよう友軍を救援。
・伏犠曰く、九尾の狐は悪さが過ぎたので尾で偽物を作る力を天帝に封じられたとか。応龍、それだけでは手ぬるいとご立腹。
・九尾の狐を撃破して、北西の脱出地点へ。
・敵将倒して脱出地点到達で戦闘終了。

●8章:妖姫討伐戦
・過去の仙界から帰還した英雄達、甦った神鏡で今度こそ封印すべく玉藻前を捜索。
・偽呂布に欺かれた陳宮らと戦闘に。途中、何故か哪吒(改造後)も合流して共闘。
・城に立てこもる敵への策として、城外の敵将に勇戦し武を見せつけ、敵の目を引きつけた隙に陸遜が陳宮に書状を送り、呂布が偽物と指摘。
・書状を読んだ陳宮、場外の哪吒に関心を示さない呂布を偽物と悟り、全軍寝返って城門開放。
・偽呂布を討つと東に玉藻前の増援出現、哪吒も実は偽物で敵に寝返り。
・玉藻前を倒して戦闘終了。
・イベントムービーで、倒れた玉藻前に神鏡を向け気合いを込める本多忠勝。玉藻前は妖気を放って神鏡を弾いたものの、神鏡の力で九尾の狐の正体を暴露され天に飛び去る。
・陣地会話で三蔵法師が九尾の狐を解説、本人と尻尾がそれぞれ誰かに変化可能、魔物を生み出す力もあるとか。九尾追撃戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始、陸遜で11分以内呂布撃破して仙界武器出現。
・神鏡編では、まず途中で合流した哪吒が偽物と気づきつつ、敢えて素知らぬ顔をする陸遜。続けて陳宮が書状に答えて城を開放、突入して偽呂布の正体を暴き撃破、返す刀で偽哪吒も正体暴き撃破。

●8章:九尾追撃戦
・九尾の狐の妖気を追って洞口の地へ向かう周瑜達。
・北側の砦2カ所を制圧して火薬押収、船で南へ運んで火計成功。
・九尾の狐を撃破したものの逃亡され、偽かぐやらに足止め。敵将全滅で戦闘終了。
・陣地会話で小田原城決戦解放。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始。まず貂蝉で雑魚狩りしつつ進め、500人斬り&九尾の狐撃破で南岸に仙界武器出現。続けて三蔵法師チャレンジしたけど時間切れ?
・やり直して、今度は三蔵法師で雑魚狩りしつつ進め、11分以内1000人斬りで仙界武器出現。

●8章:小田原城決戦
・九尾の狐の妖気を追って小田原城へ。
・尾が変化した偽物を順次撃破、包囲網を抜けて南に現れた玉藻前を倒すとこちらが偽物、本物は包囲の中から現れて逃亡を試みる。
・本物の玉藻前を追いかけて倒し戦闘終了。玉藻前が仲間に。・・・(^^;
・神鏡編が解放、カラーエディット解放。
・イベントムービーで、遂に力尽きた玉藻前を神鏡に封じる郭嘉。続いて現れたかぐや、三皇や英雄達一同。伏犠らが英雄達の想いを一つにした奇跡を寿ぎ、事を収めた礼としてあるべき時と場所に全てを戻す。それぞれ本来の居場所で、一睡の夢と異世界を懐かしむ英雄達・・・
・陣地会話で郭嘉、過去に戻って偽英雄に神鏡をかざせば正体を暴けるかも、と神鏡編へ。

●8章:涼州乱入戦
・神鏡に封じられ退屈を持て余す九尾の狐は、糧となる負の念も得られぬまま幽閉され、手遊びにと尾を遠呂智に変化させ、仇敵の鏡像達への報復を目論む。
・五右衛門、お宝の気配がすると九尾の狐に寝返り。
・張角、その力こそ天の奇跡と感動して九尾の狐に寝返り。
・敵将全滅で戦闘終了。
・九尾の狐、黒田官兵衛に目を付け、生け捕りにして説得し手下に。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始、まず遠呂智で雑魚狩りしつつ進めて5分以内500人斬り&魏延撃破で仙界武器出現。続けて真・遠呂智・・・は時間切れ。orz
・やり直して、真・遠呂智で5分以内500人斬り&黒田官兵衛撃破で仙界武器出現。
・更にやり直して、九尾の狐で5分以内500人撃破後、張角撃破で仙界武器出現。
・陣地会話で仙界将救出戦解放。

●8章:鏡像獲得戦
・黒田官兵衛らと共に更なる仲間獲得に乗り出す九尾の狐、慣れない共闘に感慨を受けつつ、鏡像の中の自分に仲間を与えんとの天帝の作為を疑う。
・篭城してる袁紹は無視して曹操軍を撃破しつつ進撃、黒田官兵衛が袁紹を寝返らせる策を巡らす。
・袁紹に出陣を促す賈詡を途中で阻み、袁紹の息子をたきつけて功を焦らせ、離間の策成功、袁紹が寝返り。
・曹操を撃破すると、前田慶次と阿国が出現、二人を倒すと戦闘終了。
・袁紹、阿国らが仲間に。仙人達に復讐するのが目的と明かす九尾の狐、復讐の後はこの世界を支配してやろうと気炎を上げる。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始、まず黒田官兵衛で雑魚狩りしつつ南から西へ回り込み、10分以内500人斬り&賈詡撃破で仙界武器出現。続けて張角で雑魚狩りしつつ北東の曹操軍本陣へ突貫し、10分以内500人斬り&夏侯惇撃破で仙界武器出現。

●8章:妖狐復讐戦
・いよいよ仙人達への復讐に向かう九尾の狐、その後は仲間達を従えて鏡像世界を支配するのも悪くない、孤独に逃げ回った頃よりも・・・と感慨。
・北から西へ回り込み進軍、晴明様と式神達を退け、太公望の術は馬足に任せて突破し、神農撃破。更に敵援軍のリュウ・ハヤブサらも撃破して天宮突入。
・天宮直前にかぐや出現、狐は人を騙して世を乱したと友軍説得開始。友軍の将が心惑うものの、かぐや倒して説得失敗。
・伏犠、女媧を倒して戦闘終了。
・イベントムービーで、倒れ臥した三皇を憎々しげに見下ろす九尾の狐、毒々しい笑みを浮かべ、いずれこの世界を出る時まで鏡像達との戯れを楽しむと宣告。
・「難しい」でデフォルトメンバー開始、阿国で雑魚狩りしつつ進軍、10分以内500人斬り&神農撃破で仙界武器出現。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無双OROCHI2(4)

●4章:妖蛇討滅戦(再戦)
・遂に英傑達の武力と仙界の叡智を結集し、妖蛇との決戦に挑む司馬昭、馬超、半兵衛。
・怯えながらも励まし合い進軍する雑兵を見た酒呑童子、人は面白い、世界の道連れに滅ぶのは惜しい、と呟く。それを耳にした太公望、人を慈しむなら既にお前はお前自身だ、と示唆し、野太く微笑む酒呑童子と共に決戦場へ。

●4章:遠呂智討滅戦
・倒した妖蛇から飛出した8体の遠呂智を追撃。
・中央祭壇を押さえて太公望の術で遠呂智の固有能力封じ、遠呂智を各個撃破して戦闘終了。
・再び8つの力が集って遠呂智&妖蛇の姿となり、遂に最終決戦へ。

●4章:真・古志城前哨戦
・既に仲間集め終えてたのでこちらのルートに。
・先行した伏犠と女媧、しつこく絡む素戔嗚を迎え撃って戦闘開始。
・素戔嗚倒して戦闘終了。ようやく負けを認めた素戔嗚、人の力で未来を切り開けと道を指し示す。

●4章:真・古志城大決戦
・遂に最終決戦。
・順次祭器を破壊しながら、螺旋状に侵攻。
・清盛は倒しても復活するので無視。
・最後に意志なき破壊神と化した遠呂智を倒して戦闘終了。百々目鬼、牛鬼が仲間に。
・崩壊し始めた世界から人間達を救うべく、「あるべき時に!」とかぐやはじめ仙界のお歴々が術力を尽くし、遂に戦国、三国それぞれ世界を切り分けて本来あるべき姿に巻き戻し。
・エンディング:劉備は家康、北条は孫堅の面影をふと脳裏に浮かべ、何か忘れている・・・?と逡巡。甲斐姫、長い夢を見ていたよう・・・と述懐。・・・あれ、無双OROCHIシリーズは完結?(@_@;

●4章:火口決戦
・こちらは簡易版ラストバトル。
・遠呂智討滅戦と同様の展開で8人の遠呂智を順次撃破、終わるとエンディング。

●4章:素戔嗚撃退戦
・仲間集め終えてない場合のルート。
・例によって立ち塞がる素戔嗚、あちこちで自軍武将が罠にかかりピンチ。(-_-;
・さっさと突っ込んで素戔嗚倒してクリア。

●4章:真・遠呂智討滅戦
・左右の祭壇壊して正門開門。
・ひたすら登って、真・遠呂智を倒してクリア。
・このルートだと、世界が崩壊しないみたい?巻き戻しもなくって皆ハッピーかも。・・・いや、元の世界に戻った方が嬉しいのか?(^^;
・全ルート制覇で遠呂智、孫悟空、平清盛、真・遠呂智、素戔嗚、哪吒が仲間に。
・陣地会話によると、清盛を復活させたのは実は素戔嗚。かつて遠呂智の力で甦った清盛がいれば、その分だけ遠呂智の力を食いつぶしてくれるので、破滅を遅らせる時間稼ぎだったそうな。・・・この人、いちいち空回りしてるような・・・(^.^;

●4章:長篠撃退戦
・清盛に操られ仇敵・馬超を攻めるかつての参謀・王異を幕下に加えるべく向かう司馬懿。妖術抜きで仇討ちしているのでは?と面白がる濃姫、憎しみに疲れた心を思いやるお市が同行。
・突出した王異を撃退、妖術解けず。
・敵将順次撃破して前線確保、清盛が東に出現。
・清盛倒すと妖術解けた王異が北に登場、ところが近づくと離反し、一族の仇敵たる馬超を許さないと戦闘継続。
・王異倒して戦闘終了、イベント発生。本懐遂げた後に何が残るの?と楽しげに突っ込む濃姫、憎しみは悲しみしか生まないと諭すお市、戻ってこいと不器用に手を差し伸べる司馬懿。王異、世界を救うため敢えて仇敵と轡を並べる屈辱に耐える、と仲間に。
・司馬懿、キャラが違う・・・f(^^;

●4章:合肥の戦い
・素戔嗚率いる仙界軍を合肥で迎え撃つ陸遜。宿敵と認めつつその才を惜しむ曹丕が援護に駆けつけて戦闘開始。
・陸遜と合流してイベント発生。炎の如き才をもって我らをも戦術に組み込んでみせよ、と挑発する曹丕に、応える形で西への陽動を指示する陸遜。
・西に敵を引きつけつつ北進。
・合肥城を押さえて、北東の素戔嗚へ。
・素戔嗚倒して戦闘終了。試しているかのような素戔嗚の物言いに、未だ迷っているのだろうと曹丕洞察。
・陸遜、曹丕とは相容れないと言いつつ、救われた恩に報いると仲間に。

●4章:小牧長久手の戦い
・観月宴や成都の戦いで黄忠、服部半蔵、諸葛亮の友好度上げて、半蔵が龐統の情報入手。
・龐統と合流してイベント。敵軍に追い詰められて窮地の龐統を、駆けつけた黄忠らが救助。
・手が足りなくて実行できなかったという龐統の火計を、黄忠らが実行、工作兵を中央まで援護。
・火計発動して弱った敵を蹂躙、戦闘終了。

●4章:洛陽攻略戦
・トチ狂って洛陽占拠した鍾会を、昔なじみのよしみで諌めようと鄧艾出撃。
・東から城内潜入、門の仕掛けを使って開門。
・正面左右の弩砲を奪って友軍援護。
・西側も順次制圧、中央を三方から包囲して、明智光秀が敵将に降伏勧告。
・鍾会倒して戦闘終了。説得の甲斐あって機を見誤ったと認めた鍾会、仲間に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無双OROCHI2(3)

●3章:潼関の戦い
・妖蛇出現時を越えて妲己の過去に戻った司馬昭達、いきなり曹丕率いる魏軍に包囲攻撃されてて、うんざりしつつ妲己を守って戦闘開始。途中で怖い人が来たはずだから頑張れ〜、とか揶揄する妲己・・・(-_-#
・戦場に迷い込んだ呂布&貂蝉、哪吒に絡まれ乱戦に巻き込まれる。貂蝉が倒れて呂布激昂・・・
・砦を順次攻略してくと、北に仙界軍を率いた素戔嗚が出現、妲己を捕らえるべく進軍開始。怖い人って呂布じゃなかったのね・・・(^^;
・素戔嗚を適当にいなしつつ、曹丕のもとへ急行して撃破、戦闘終了。
・司馬昭や王元姫の様子から何か事情があると察した曹丕と司馬懿、司馬師や石田三成に言い含め、司馬昭らに合流させる。
・馬岱とか連れて「難しい」にて1000人斬り、貴重品「頑鉄甲」get。

●3章:潼関攻略戦
・貂蝉を討った哪吒の理不尽に憤る許褚、司馬師に相談して過去改変に挑む。
・司馬師、哪吒に別の経路を進ませるべく、船団を回航して船の道を造る作戦を立案。
・前線砦確保後、味方船団を援護するため、南の敵兵器を急襲、破壊。
・船団到着して船の道が完成。続いて敵城を落として安全を確保すべく、工作兵を西の砦まで護衛。
・工作兵が衝車を作成、南西の城の城門破壊。
・最後に南西の城の蛟を撃破して戦闘終了。

●3章:潼関の戦い・改変後
・東に呂布&貂蝉が出現、呂布が哪吒に敗れ、貂蝉が船の道へ逃走。東に向かって貂蝉と合流、哪吒倒して救助成功。
・曹丕倒して戦闘終了。

●3章:長坂の戦い
・竹中半兵衛、妲己援護のため、終結する織田&蜀の軍を牽制すべく戦闘開始。
・戦いに巻き込まれた民が倒れると、典韋が出現、憤って暴れた末に撤退。
・竹中半兵衛の布石で、孫策らと北条氏康が援軍として駆けつけ共闘。
・諸葛亮倒して戦闘終了。
・熊姫、ようやく主君・北条氏康と感動の再会。
・小喬とか連れて「難しい」にて1000人斬り、貴重品「七星帯」get。

●3章:街亭の戦い
・星彩と前田慶次の友好度上がると、かつて関平を説得出来なかった・・・と星彩が前田慶次に相談。前田慶次が考え込まず傾いてみな!とたき付け、柴田勝家も戦場で言葉は不要と行動を促し、戦闘開始。
・順次敵砦を制圧。
・前田利家がからんでくるのを撃退。
・南西の砦で、星彩が関平に呼びかけて開門、イベントムービー。信長の恩に報いると言い張る関平、蜀に戻って欲しい星彩と一騎打ちとなり、前田慶次が「粋じゃない」、柴田勝家が「黙して戦え」と若い二人を焚き付ける。(^^;
・関平倒して戦闘終了。自分の意地は星彩の意地に敗れた、と潔く帰参を決意する関平。

●3章:陽平関の戦い
・仁君として名高い劉備と家康への直訴を狙った馬超、張飛と本多忠勝の猛将コンビに阻まれる。関羽、翼徳が相手なら武で語った早かろうと強行突破宣言。前田利家も並みいる猛将らに闘志を燃やして戦闘開始。
・敵の策を順次打ち破って侵攻。
・中央の砦で本多忠勝撃破、続いて出て来る張飛を撃破して戦闘終了。
・武で信念を語ったから、と説明聞いてくれた本多忠勝と張飛、事情に納得して仲間に。
・陣地で本多忠勝、上杉と武田が妲己の背後を突こうとしてるので、成都へ赴くよりそちらを叩くのが先と警告。
・祝融とか連れて「難しい」にて1000人斬り、貴重品「脱兎脚絆」get。

●3章:賤ヶ岳の戦い
・妲己の背後をつかんとする上杉、武田。魏の連合軍を迎え撃ち戦闘開始。
・北が手薄なのを罠と判断した秀吉、東への進軍を命令。ところが武田の伏兵に阻まれ、更に北には上杉の伏兵出現、その用兵に慄然とする秀吉。一方、主筋と対陣することになった幸村と兼続は胸を借りるのだ!と意気軒昂。(^^;
・包囲を切り破って進軍、武田騎馬隊出撃を予期した幸村が中央広場に罠を張って迎撃。兼続は東の砦で罠を張り、綾御前に覚悟を示す。幸村と兼続の奮戦を本陣から愛でる信玄と謙信。
・信玄と謙信倒して戦闘終了。
・上杉、武田が表立って味方すると他勢力が敵に回りかねないと配慮、綾御前が密かに仲間に。
・呂布とか連れて「難しい」にて1500人斬り、貴重品「孫子兵法」get。

●3章:雒城の戦い
・陣地で綾御前が聞こえよがしに人手不足を嘆き、練師が助力を申し出て、魏軍撹乱に。
・鍾会が阿国にストーカーされて、魏軍は既に混乱状態。
・状況を面白がる綾御前、成り行きで阿国に協力。
・鍾会倒して戦闘終了。鍾会の顔を間近で舐め回すように眺めた阿国、顔も頭も腕っ節も優れてるのに残念だの可哀想だの、聞こえよがしにつぶやいてクスクス笑い、練師と綾御前も同調してクスクス笑い、鍾会は顔引きつらせて退散。・・・極悪非道。orz
・終わってしまってつまらないとボヤく阿国を、退屈させないと綾御前がスカウト。

●3章:本能寺の戦い
・本能寺に軍を集結する魔王・織田信長と仙界の猛将・伏犠に、敢然と挑む孫策達。
・北進するとイベント発生。江東の虎こと孫堅出陣、武威を見せつける。
・孫策の軍がうっかり火をつけてしまい、火薬に引火して火災発生、明智光秀戦死。
・伏犠にいずれの時から渡ってきた?とたずねられたかぐや、「絶望の未来から、希望の道を開きに参りました」(*^-^*)
・伏犠撃破すると、人の子に後を托すと撤退。
・信長倒して戦闘終了。氏康が信長説得し仲間に。
・あやねとか連れて「難しい」にて1500人斬り、貴重品「松風鐙」get。

●3章:街亭防衛戦
・濃姫の記憶に基づき、本能寺大火災の原因となった火薬を街亭に輸送させて明智光秀を救うべく戦闘開始。
・西砦、北西砦を制圧し、北西の輸送拠点を確保、火薬輸送部隊到着。
・中央砦の敵を撃破。
・火薬輸送完了、大砲2カ所使って敵主力殲滅。

●3章:本能寺の戦い・改変後
・火災抜きで進軍、明智光秀を倒して捕縛成功。
・信長、伏犠倒して戦闘終了、明智光秀も仲間に。

●3章:寿春攻略戦
・かつての契約を忘れたかの如く自由に吹き荒れる風魔小太郎、北条氏康を誘うかのように寿春城を制圧。「風を捕まえるぞ」とオヤジ出陣。
・伏兵殲滅してから寿春城に突入すると、例によって火計発動。
・敵将掃滅して火計抜けると風魔小太郎が南東に出現。
・風魔小太郎倒して戦闘終了。
・北条氏康から再契約を求められた風魔小太郎、風は何者にも縛られぬと嘯きつつ、かつてない強敵に
氏康が怯えるだろうから、とか韜晦して契約し、仲間に。

●3章:樊城の戦い
・遂に成都への道を阻んで立ち塞がる魏軍、しかも後方には曹操が迫る。一族の仇たる曹操への憎しみを滾らせつつ、秀吉になだめられ私情を抑える馬超。
・魏軍に女仙・女媧がいると聞いた綾御前、闘争で正しきを顕すのが上杉の流儀、と自ら出陣。
・南東から北西脱出地点に向かい進軍。
・中央砦で曹丕ら撃破。
・北西の脱出地点に女媧出現、脱出地点を岩で塞ぎ、妲己に与する腹黒女とか暴言吐いて綾御前と対峙。(^^;
・女媧撃退すると、南に曹操出現、妲己に与する者の真意を糾すと宣言。やむなく曹操倒して窮地を脱するべく転進。豊臣秀吉、曹操への復讐に燃える馬超に、止めはしないが正義の何たるかを考えてくれと説く。
・曹操撃破して戦闘終了。曹操を制して槍を突きつけた馬超、この世界には貴様が必要と吐き捨て、正しき義の為に槍を収める。
・事情を聞いた曹操、人間の未来を妲己ごときに任せられんと、諸侯に書状送っていきなり仕切り始める。う〜ん、流石曹操様。f(^^;
・かぐやから事情を聞いた女媧、まだ素戔嗚が妲己を追ってるので大変と警告、妲己にも気を許さないよう忠告。
・徐晃とか連れて「難しい」にて1500人斬り、貴重品「赤兎鐙」get。

●3章:山崎の戦い
・曹操様の仕切りで遂に団結した英傑達だが、仙界最強の精鋭たる素戔嗚軍に急襲、包囲され窮地に。
・前線確保後、北中央の天王山が素戔嗚の術で封印されており、太公望にも解けないので、南へ迂回。
・執念深く哪吒を追う呂布が中立で出現。
・天王山の哪吒を倒すと、北東の自軍本拠に素戔嗚が出現、妲己が持つモノを引き渡せと迫る。
・素戔嗚倒して戦闘終了。
・イベントムービーで、隠し持ってた棺に駆け寄る妲己。そこへ隙をうかがってた素戔嗚が出現、棺から遠呂智の亡骸を放り出し白日の下に。遠呂智の亡骸を抱いて転移する妲己、素戔嗚も追撃。
・対峙する妲己と素戔嗚の間に、かぐやと太公望が登場、妲己を問いつめる。悪びれない妲己、妖蛇の正体は制御を失った遠呂智の力そのものと暴露、滅びを防ぐには遠呂智を復活させるのが冴えたやり方と主張。
・遠呂智復活を拒絶する素戔嗚、遅かったと呟き、遂に遠呂智の亡骸から妖力が溢れて巨大な妖蛇に変化。
・素戔嗚曰く、己の滅びを望んでこの世界を作り上げた遠呂智は理性で力を抑えていたが、遠呂智が人に倒され、理性に御されなくなった力は世界の意思と結びつき、世界を喰らう妖蛇となった。脆弱な人の子に妖蛇は倒せぬと言い切る素戔嗚、戦いは任せて手を出すなと一方的に言い捨てる。
・未だ人間の力を信じる太公望、八塩折を量産し英傑の力を結集して妖蛇を倒すと宣言、「さあ、新たな未来を紡ぎたまえ!」と檄を飛ばす。
・島左近とか連れて「難しい」にて1000人斬り、貴重品「熊鐙」get。・・・使い勝手良くないなぁ。(-_-;

●3章:成都の戦い
・劉備、家康と成都で合流した曹操様、妖魔軍に包囲され、妖蛇も近づいていると知り、脱出を指示。かつて曹操の援軍はなく滅びた成都だが、滅びの未来は避けられると証明すべく、諸葛亮「仁と覇を継ぎ、希望への道を描いてみせましょう」と宣言。
・3方に別れた自軍を適宜援護しつつ南進。
・この期に及んでなお酒池肉林を連呼する董卓に、ある意味大器と曹操様が呆れつつ、倒して捕縛。
・曹操様、劉備、家康が脱出地点にそろうと素戔嗚が出現、妖蛇との戦から手を引けと言い張る。
・素戔嗚倒して戦闘終了。劉備と家康、支え合える我ら人間を信じ任せてくれと説く。素戔嗚、人の力を見誤ったと認めつつ、妖蛇討伐には不足となお言い置いて撤退。

●3章:虎牢関の戦い
・虎牢関に迫る妖蛇、そして清盛率いる妖魔軍を、曹丕指揮下で迎撃。
・無理するなと声をかける太公望に、遠呂智の分身たる自分を案じるのかと問う酒呑童子。太公望も気付いてたらしい。酒呑童子、記憶が戻りつつあるが約束は守る、と改めて誓約。
・八塩折で妖蛇×2と対峙。火炎弾を迎撃しつつ各個撃破。
・妖蛇が倒れて出てきた遠呂智の分身×2を追って、全軍突撃。
・敵の弓兵、爆忍等の伏兵を、指揮官倒して撃退。稚拙な策など読み切ったと高笑いする司馬懿。・・・いや、全部他人任せだよね?(-_-;
・酒呑童子、妖蛇出現の瞬間に己がこぼれ落ちたのだと述懐。太公望、己の何たるかなど生きていきつつ自身で定めるものと諭す。
・遠呂智門を酒呑童子が開封して突入。
・真田幸村とか連れて「難しい」にて1500人斬り、貴重品「象鐙」get。・・・イマイチ使いづらい。(-_-;

●3章:雒城解放戦
・妖蛇出現当時に雒城を守備してて行方不明となった郭嘉を救うべく、司馬懿が雒城守備に郭嘉を呼び寄せる契機となった戦いへ介入。
・手駒不足で我が知謀でもひっくり返せぬと主張する司馬懿に、夏侯惇と本多忠勝が武で押し通すと宣言。
・ 夏侯惇と本多忠勝が奮闘、兵を鼓舞して優位に。
・南の補給船確保後、北の敵増援を迎撃、敵指揮官倒して戦闘終了。
・過去改変で郭嘉を救える!と勝ち誇り高笑いする司馬懿。・・・いや、だからアンタ何もしてないっテバ。(-_-;

●3章:広宗の戦い
・雒城解放戦とかで司馬懿と伊達政宗の友好度上げると、司馬懿が「広宗の地で木箱に入った娘を捜せ」とか謎の伝令受け、暇持て余す独眼竜連れて遠征。
・広宗に陣取る黄巾党に誤解されて戦闘に。
・東の食料庫で、箱に閉じ込められたガラシャ発見。妖術で封じられてるので開けられず。
・張梁倒すと、ガラシャ救出したいだけと理解してくれて、白い風の妖術解除。
・南から回り込んで張宝倒し、黒い風の妖術解除。
・北の祭壇で張角倒し、箱の術を解除してもらい、ガラシャ解放、めでたしめでたし。
・ガラシャ、いろいろ見聞したいから箱に入ったとかで仲間に。・・・アホですか?(-_-#

●3章:樊城の戦い・改
・郭嘉を仲間にすべく、改変後の樊城へ。
・既知の伏兵に先手取って偉そうな司馬懿。二度目なんだから当たり前・・・(-_-;
・曹操様登場、郭嘉も撤退せず。
・郭嘉倒してからクリアして仲間に。
・郭嘉の策を読み切った!とか大嘘つく司馬懿、かぐやに事情を暴露されて大慌て。(^.^;

●3章:夷陵救出戦
・妖魔相手に武者修行してる姫君がいるという郭嘉の情報で夷陵へ。
・道中、姫君を守ってた中立武将を救助。姫君は南に囚われてるとか。
・張飛、本多忠勝の親父コンビが援軍として登場。
・橋制圧でイベント発生、郭嘉の火計が発動。
・指揮官倒して戦闘終了、稲姫が仲間に。
・クリア時イベント発生。胸を病んでるらしい郭嘉、同じく病弱な郭淮に、いつ死ぬかわからないからこそ今を楽しまなければと諭し、親父コンビと語らってる稲姫、星彩を口説き、親父コンビに威圧されまくり。(^^;

●3章:大坂城の戦い
・八塩折増産中の大阪城に妖魔軍襲来。孫呉、北条、上杉、武田、織田の豪勢な連合軍で迎撃。
・城周辺の敵を掃滅するとイベント発生、虚をついて城を押さえた孫悟空が城門閉鎖。
・妖魔軍に与した哪吒出現、清盛と孫悟空の妖術で強化されてるらしい。人間に負けた腹いせ?
・哪吒を付けねらう呂布まで出現して戦場は混乱。
・場外の大筒で城壁破壊して城内へ。
・孫悟空の分身3体撃退。
・敵将の蛟撃破。
・哪吒撃退して戦闘終了。自分が人間に3度も負けたことに納得いかない様子の哪吒、しつこく食い下がる呂布をはり倒して無駄と言い捨てた後、無駄でもいいのかな?とか首を傾げる。自我の目覚め?
・貂蝉を面子に入れてリトライ。何故かやたら八塩折が脆いので、最初から城内に留まって八塩折防衛に徹し、孫悟空×3撃退後に大急ぎで北上、貂蝉が呂布と接触してイベント発生、呂布が貂蝉と共に戦う決意。蛟と哪吒を速攻倒して戦闘終了、ようやく呂布が仲間に。

●3章:広宗突破戦
・上杉謙信と武田信玄が長坂に向かう前の典韋を見かけたとかで、長坂の民が戦に巻き込まれる前に典韋を到着させるべく、過去へ。
・典韋が世話になったらしい村を黄巾党から守って戦闘開始。
・村長さん救出後、北西の山へ民3人を救出に。
・南の敵本隊を撃破して戦闘終了。典韋は送れずに長坂へ向かえそう。
・そもそも謙信&信玄が何故ここで典韋を見かけてたかというと、地方の銘酒を買いにきてたからだとか。(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無双OROCHI2(2)

●2章:九州の戦い
・逃げる妲己を追撃して九州へ。誾千代ははぐれた宗茂の探索も兼ねて出撃。
・イベントで七ツ石が作動開始。扉開くまで待って進み、西側へ。
・七ツ石の西側でイベント発生。妲己は南の砦に遁走、置き土産は用心棒アキレウス!ところがそこへ、人間のくせに妖魔につくなら討つ、とネメアが参陣。(^-^
・東側で毛利勢撃退、釣り野伏とやらの策を破ったらしい。
・南側で石川五右衛門が登場、食い物目当てで仲間に参入。(^^;
・敵方の鮑三娘を撃破後に捕縛、戦闘終了後に関索を探してくれたら協力すると仲間に。
・毛利元就、この世界のため妲己を守ると言い置いて撤退。何か知ってるらしい・・・
・妲己を倒して戦闘終了。
・ネメア、魔と戦うなら協力すると仲間に。
・孫尚香入れて「難しい」で1500人斬り、貴重品「金剛手甲」get。アキレウス撃退して神殿の封印解いた時点で1000人程度だったので、北の抜け道からスタート地点辺りまで戻って雑魚狩りし、1500人斬り達成。

●2章:姉川の戦い
・操られる仲間達を解放すべく、邪法を行う清盛を追撃、姉川の地に異界のビル群が出現・・・
・強まる清盛の妖術で、自軍先鋒が次々離反。孫悟空も面白がってあちこちの砦で傀儡の妖術発動。
・孫悟空を撃退するとイベント発生。妖術を執り行う清盛の背後に降り立つ黒い影、リュウ・ハヤブサが邪法を断つ!更に弁慶を引き連れて左慈登場、清盛に宣戦布告。(^-^
・妖術が弱まり、操られてる仲間を倒して順次味方に。
・清盛を撃退して戦闘終了。
・邪悪を討つのが使命、と異界の客人リュウ・ハヤブサが仲間に。左慈が清盛の妖気をトレースして追撃することに。
・難易度「難しい」で黒田官兵衛入れてて、2000人斬りで貴重品「相殺帷子」get。

●2章:長谷堂の戦い
・太公望、妖蛇討伐の鍵として着目した酒呑童子を捕らえるべく長谷堂へ。敵方に加藤清正がいると効いて福島も出撃。
・城を守ってた呂蒙、撤退するも負傷のため逃げ切れず、戦死。(;_;)
・浅井長政、加藤清正、劉禅が、それぞれお市、ねね、星彩を人質にとられて敵方に。いずれも倒して捕縛、戦闘終了後は仲間に。
・融合した異界のリゾートビーチでイベント発生、迷い込んだあやねが義経に斬りかかる。肌も露なあやねにドギマギする義経。それを見て警戒を解いたあやね、邪気を放つ妖魔軍を討つべく仲間に。
・操る蛟が倒れ、弱体化した酒呑童子を撃破して戦闘終了。でもまた逃げられてる太公望・・・orz
・陣地で太史慈、浅井長政、練師と話して、1章の牛頭山撤退戦解放。
・くのいち入れて「難しい」で2000人斬り、貴重品「八咫鏡」get。最初から丁寧に雑魚溜まりを掃滅していったら劉禅あたりで達成できた。

●2章:長谷堂の戦い・改変後
・ひたすら突貫してる間に、負傷を免れた呂蒙も援軍を信じて勇戦、戦闘終了後は仲間に。

●2章:南中の戦い
・逃げる妲己を追って戦闘開始。
・甲斐姫、かぐやになつきつつ、主君たる北条氏康は妖蛇出現時に死亡したため、過去に戻って救う事が出来ないと悔やむ。
・孟獲らが登場して共闘、妲己を足止め。魏延は劉備とはぐれて、孟獲に救われたらしい。
・卑弥呼撃破して捕縛。
・追い詰めた妲己を倒して戦闘終了。でも妲己はまたもや逃走・・・
・卑弥呼の妲己への一途な友情に心を打たれた甲斐姫、卑弥呼を逃がし、訝しむかぐやに人の情の不条理を諭す。
・馬超入れて「難しい」で1500人斬り、貴重品「夜叉面具」get。卑弥呼捕らえた辺りで1000人程度、少し戻って雑魚狩りし、ギリギリ妲己離脱に間に合った感じ。f(-_-;

●2章:定軍山の戦い
・左慈の導きにより、逃げた清盛の新たな本拠地、定軍山へ攻め込む一行。馬超と直江兼続が正義に燃え上がる傍ら、蘭丸と蔡文姫はちょっとヒキ気味。(^^;
・北西で妖魔軍に包囲されたオルレアンの聖女ジャンヌ・ダルク、仲間を妖術で操られて苦戦、雑賀孫市が庇って殿に。
・ジャンヌと合流してイベント発生。操られる仲間を傷つけられず追い詰められたジャンヌの前に、割って入った周泰が仏兵を峰打ちで瞬殺!続く蘭丸、蔡文姫も殺さず仏兵を倒してジャンヌ救助。
・続けて雑賀孫市を救助すべく山を登ったものの間に合わず、「その素敵な笑顔のまま・・・前に・・・進め・・・」と言い残して雑賀孫市戦死。(;_;)
・傀儡の妖術が効かないジャンヌに、清く正しき心が邪を退けるか、と感心する左慈。
・南下して敵を順次撃破、最後に清盛倒して戦闘終了。清盛はまたも逃走・・・しぶとい。(-_-;
・「正しき・・・」「・・・義の勝利だ!」と二人で盛り上がる正義オタクコンビ。(^^;
・ジャンヌ、かぐや、秀吉と話し、雑賀孫市を救いたい、と小牧長久手撃退戦追加。

●2章:小牧長久手撃退戦
・寡兵で殿つとめて戦死した雑賀孫市を救うべく、この世界に飛ばされたジャンヌを孫一が助けて兵力損耗した小牧長久手へ。
・城内の守備隊長たちを鼓舞して回るオルレアンの聖女。
・北西に雑賀孫市登場、雑賀衆を率いて防塁の射撃位置へ。
・中央辺りの敵将を撃退して雑賀孫市を援護。
・雑賀衆の周囲の雑魚散らしつつ、騎乗して城壁内外を駆け回り、敵将を速攻撃退。
・一段落したら、敵本陣に攻め込んで、蛟倒して戦闘終了。

●2章:定軍山の戦い・改変後
・雑賀衆を率いる雑賀孫市が持ちこたえてる間に、孫悟空撃退して、雑賀孫市救助。
・改変後なので先読みしながら敵を順次撃破、清盛倒して終了。
・父親の夏侯淵を探してる夏侯覇、雑賀孫市と話して、南郡の戦い開放。

●2章:許昌の戦い
・酒呑童子確保と人質奪回をめざし、妖魔軍をあやねが追跡、董卓の城へ。
・本隊が正門で陽動してる間に西門から潜入。
・先に単身で潜入してた姜維、無理がたたって負傷、戦死・・・
・伝令兵倒しつつ、各所を回って守備兵長倒し、ねね、星彩、お市を救出。ついでに張郃も解放・・・(^-^;
・酒池肉林の夢を破られた董卓、城から全軍出撃させ、あやね目指して自身も突撃。
・蛟が酒呑童子を連れて逃走、北西の脱出地点へ移動開始。城壁飛び降りてなんとか追いつき、酒呑童子倒して捕縛、戦闘終了。
・姜維を潜入させたことを忘れてる馬鹿殿が約1名・・・劉禅ダメすぎ。orz
・太公望、己の正体を知る手伝いをしてやる、と酒呑童子を口説き、遂に酒呑童子が仲間に。
・張郃、妖魔に討たれた姜維がどこで負傷したか心当たりがある、と言って、興勢山陽動戦開放。
・関羽いれて「難しい」で1000人斬り、貴重品「吸活小手」get。西門から潜入して捕虜救出後、南の残敵掃滅し、董卓を殺さないよう気をつけながらTA等連発して急遽雑魚稼ぎ。うっかり董卓倒しちゃったものの、ぎりぎり1000人に足りて貴重品出現。入手してすぐ酒呑童子追撃し、倒して戦闘終了。・・・序盤、西門でなく正面突破してりゃ楽に稼げたはずなのに・・・orz

●2章:興勢山陽動戦
・自称「舞を見初められた」張郃が捕まった頃、警戒を突破しようとして負傷したらしい姜維を救うべく、過去へ戻って戦闘開始。何故か、退屈しのぎと言い出して張郃の舞に興じる馬鹿殿・・・(^^;
・陽動のため北で暴れて敵を引きつけ、姜維の進行を援護。
・北東、北西の砦を落として更に敵を引きつけ、姜維無事に脱出。
・鐘会倒して戦闘終了。
・結局、張郃の舞に興じて終わっちゃった馬鹿殿、戸惑う星彩に「わかっておる」と余裕の回答。・・・わかってんだかわかってないんだか・・・(-_-;

●2章:許昌の戦い・改変後
・無傷で興勢山を抜けた姜維を救うべく再戦。
・西から城に潜入して順次人質解放。
・北東に先行した姜維がお市を解放、合流してねぎらう劉禅。姜維は星彩を救出できず残念そう。

●2章:関ヶ原の戦い
・妲己を取り逃がし、卑弥呼も解放して手がかりなくした竹中半兵衛だが、果報は寝て待てと落ち着いて偵察。そこに卑弥呼が訪ねてきて「妲己ちゃんが殺されてまう!」と意外な救援要請。
・開幕イベントムービー。逃げ惑う妲己を追い詰めたのは哪吒太子、妲己を庇うアキレウスも鎧袖一触、元就の奇襲も易々退ける!辛うじて目くらましでその場を逃れた妲己だが、北の砦でなおも敵に包囲されたまま戦闘開始。
・かぐや、妲己を追い詰めた仙界軍に「もしやあの方の・・・」と驚愕。
・妲己は南東の砦に瞬間移動したところで、仙界軍の伏兵に奇襲され、疲労のため再度の瞬間移動もできず。
・西に突然呂布出現、哪吒太子に恨みがあるらしく、尋常の勝負を挑む。
・呂布敗退して仙界軍が妲己に移動開始。
・妲己と合流して仙界軍を迎撃、哪吒太子を撃退して戦闘終了。
・妲己、助けてなんて頼んでないと意地をはるものの、卑弥呼に懇願されて折れ、太公望に会わせろと要求。
・毛利元就は共に妖蛇を倒そうと仲間に。アキレウスも、栄光の戦の匂いがする、と仲間に。
・蘭丸、星彩、張飛で「難しい」1000人斬り、貴重品「薬活法書」get。

●2章:興勢山の戦い
・九州の戦いとかで誾千代、小喬、孫尚香の友好度上げると、興勢山で立花宗茂を見かけたとの目撃情報を小喬が持ち込み、興勢山の戦い解放。
・敵方に妲己が現れて何やら企み、山頂の砦に宗茂が居ると言い置いて姿を消す。
・山頂の砦に入ると妲己の罠が発動、砦が閉ざされて妖魔軍伏兵に包囲される。妲己、南西砦に籠ってた宗茂に、山頂で誾千代が包囲されてピンチ、と伝えて誘い出し。
・誾千代を救うべく出てきた宗茂と合流、立花の風神と雷神が轡を並べて進軍開始。

●2章:洮水の戦い
・姉川の戦いで秀吉、五右衛門の好感度上げて友好度上げると、五右衛門が練師から聞いた妖魔のお宝の話を持ち込み、秀吉とつるんで宝探しに。
・五右衛門のお宝嗅覚に導かれ南下。
・川向こうの砦で三蔵法師救助、南に凌統が捕まってるとかで、三蔵法師援護しながら更に南下。
・南西の砦で凌統救助。敵増援が出現し、南東脱出路へ向かう。
・脱出路付近に孫悟空出現、三蔵法師が何故あの術を破った!?と驚愕。
・孫悟空倒して戦闘終了。
・孫悟空、秀吉を自分に、五右衛門を猪八戒になぞらえて三蔵法師との旅の思い出をくすぐり、その隙に逃走。
・イベントムービーで、沙悟浄になぞらえられた凌統が憤慨、一同大笑い。

●2章:剣閣の戦い
・小田原城、九州等で賈詡と元就の友好度上げると、元就が自著に稀代の謀将・賈詡の術策を書きたいと言い出し、ちょっと見せろと本をあらためた賈詡は絶句・・・(^^;
・董卓と袁紹を迎撃する賈詡と元就、多勢に無勢で窮地に。それでも余裕の賈詡、元就の文才をこきおろしつつ戦闘開始。
・まず賈詡が離間の計を披露。北の伝令兵を何進のところまで誘導し、寝返りを促されたところを董卓に伝えられたら・・・と脅して、首尾よく味方に。
・次は元就が尼子を寝返らせると宣言、偽の伝令兵を目的地まで護衛。
・元就が尼子を口説きつつ、偽伝令兵が董卓軍の尼子襲撃を報告、疑われては仕方ないと尼子も寝返り。
・続けて袁紹を口説く謀将だが、妖魔軍の混沌が邪魔するので、南の妖魔軍武将を蹴散らして混沌おびき寄せ撃破。
・再度袁紹を口説いて寝返らせ、孤立した董卓を叩いて戦闘終了。

●2章:三方ヶ原の戦い
・寿春、長谷堂あたりで練師、呂蒙、福島正則の友好度上げると、ひと暴れしたい福島正則が妖魔事情に詳しい練師に妖魔の多い場所をたずねる。三方ヶ原を紹介した練師、そこに独りで暴れてる猛将がいるとの情報も提供。呂蒙、そいつはもしや・・・と同行を申し出る。
・呂蒙、福島正則、加藤清正が行ってみると、暴れてる猛将は案の定、呂蒙旧知の甘寧。早速ケンカ馬鹿丸出しで張り合い始める甘寧と福島正則、まずは妖魔撃破数で競う。
・続いて敵大将の孫悟空が出現、今度は奴を先に倒した方の勝ちだ!とケンカ合戦継続。
・孫悟空倒して戦闘終了。馬鹿共は置いていこうか?と呆れる加藤清正に、近所迷惑だから駄目と諌める呂蒙。(^^;

●2章:洛陽の戦い
・酒呑童子の精を用いた新兵器・八塩折を太公望が製作、洛陽に迫る妖蛇の首の一つを相手に実戦投入。
・八塩折の発射準備が完了するまで敵を迎撃。
・八塩折の準備ができたら、のりこんで妖蛇を速射砲で討ちまくり、ヘタったところへレーザー照射。
・妖蛇撃破すると、中から遠呂智が出現。倒して戦闘終了。
・独眼竜と前田慶次、この遠呂智は偽物とののしって仲間に。
・八塩折でも妖蛇の巣の8つの首をまとめて倒すのは困難、と悩んでるところへ、妲己がやってきて、妖蛇出現前への干渉を提案。かぐや曰く、仙界の住人たる妲己の過去なら、妖蛇出現前まで遡れるとか。
・竹中半兵衛、かぐや、豊臣秀吉で「難しい」にて1000人斬り、貴重品「発破伝書」get。普通に八塩折防衛しつつ撃破数稼ぎ、妖蛇撃破後に雑魚溜まり潰して回って到達。

●2章:手取川機巧戦
・関ヶ原等で、左慈、弁慶、徐晃の友好度上げると、左慈が弁慶、徐晃に武器と仲間の探索指示。
・手取川で妖魔軍に襲われてる砦を発見、戦闘開始。
・虎戦車出現、月英がどこかに?!と驚く徐晃、暴走する虎戦車を破壊しつつ探索開始。
・次々現れる自動兵器を破壊しつつ侵攻。
・引っ掻き回しにきた孫悟空を撃退。
・外出から戻ってきた月英、虎戦車が破壊されているのに驚いたのも束の間、弁慶のからくり小手に興味津々、仕組みを知りたいので貸せと迫り、断られると実力行使に。(^^;
・月英倒して戦闘終了、月英が仲間に。

●2章:南中掃討戦
・潼関の戦い等で孟獲&祝融と張郃の友好度上げると、南中に妖魔が集まってると情報入り、孟獲&祝融が征伐に。張郃も何故か同行。
・荒ぶる孟獲と魏延の戦いぶりに呆れる張郃、何故か突然現れた佐々木小次郎と意気投合、「美しく!」を合い言葉として華麗に舞い踊る。これまた呆れて眺めてた祝融だが、腕は立つから良いか・・・と太っ腹。f(^.^;
・砦につかまってる虎や南中兵、南中武将を順次解放しつつ、北の拠点を制圧。
・南の拠点を制圧し、敵将掃滅して戦闘終了。

●2章:涼州の戦い
・劉禅と関索の友好度上げると、劉禅が平和な国の噂を聞きつけて物見遊山に。
・行ってみると妖魔がうろついてるものの、蹴鞠がどうとか・・・?要は人間も妖魔も仲良く蹴鞠を楽しんでる国らしい。
・南西の砦の長宗我部元親と接触。
・人間の遊びに興じる軟弱者を討て!とか言いつつ妖魔軍が東に出現。
・長宗我部元親倒すと一時撤退。北東の砦に今川義元出現、妖魔軍に襲われて救援求められ、劉禅が助けると言い出す。
・今川義元助けると、長宗我部元親が再登場、悪い奴らじゃなさそうと共闘して妖魔軍と戦闘に。
・中央の谷に飛び降りて妖魔軍奇襲、指揮官倒して戦闘終了。
・しばし蹴鞠に興じる劉禅様御一行、劉禅の外した鞠を関索がフォロー。支え合うのが蹴鞠の和、と長宗我部元親が説き、蹴鞠による人間と妖魔の共存を今川義元の偉大な夢とべた褒め。・・・こーゆーヒトだっけか?f(^^;
・蹴鞠の国は壊されたし、乱が治まるまで再興できないから、と今川義元、長宗我部元親が仲間に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧